本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

クレジットカードの国際ブランドとは?国際ブランドの種類・特徴を徹底解説

クレジットカードの国際ブランド

「国際ブランドって何?」

クレジットカードの右下には、「VISA」や「Mastercard」などのロゴマークが記載されています。 これは、クレジットカードがどこのブランドであるかを表すマークで、「国際ブランド」と呼ばれています。

国際ブランド

クレジットカードを利用できる店舗によって、利用できる国際ブランドは異なるので、カードを選ぶ際にどの国際ブランドを選ぶかが重要になってきます。

そこで今回は、それぞれのクレジットカードの国際ブランドについて徹底比較して解説していきます。 国際ブランド別におすすめのクレジットカードも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

ざっとこの記事の要点
マネープランナー_監修者_新井智美
監修者情報
新井智美/トータルマネーコンサルタント
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談など)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格保有。(公式サイト
マネープランナー_監修者_柴沼直美
監修者情報
柴沼直美/ファイナンシャルプランナー
大学卒業後、保険会社で2年弱営業に従事したのち渡米。外資系証券会社でアナリスト、ファンドマネジャーとして勤務後フリーへ。現在はFPとして個別家計相談や執筆と行うと同時に大学等で金融・英語の講師として活動。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格保有。(公式サイト

※本記事のクレジットカードは貸金業登録をされており、貸金業法割賦販売法を遵守しています。

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランド

国際ブランドとは、その名の通り世界中の国や地域で利用できる決済カードのブランドのことです。 国際ブランドは、

  • 決済カードブランド
  • T&Eカードブランド

に大別されます。 この2種類の国際ブランドについて以下で詳しく解説していきます。

決済カードブランド

決済カードブランドとは、決済機能の利便性を特に重視したブランドのことです。 国際ブランドの中では、VisaやMastercard、JCBが該当します。

決済カードブランドを選ぶメリットは、加盟店舗数が多いという点です。

特に、VISAとMastercardはクレジットカード決済に対応している店舗であればほとんどの場合、利用することができます。

T&Eカードブランド

T&Eは「Travel&Entertainment(トラベル&エンターテインメント)」の略称で、特に旅行や娯楽に関するサービスを重視したブランドのことです。

国際ブランドの中では、American ExpressとDiners Clubが該当します。

具体的なサービスとしては、空港ラウンジサービスやレンタカー優待、遊園地特別割引などが挙げられます。

しかし、カードによって付帯サービスは異なるので、事前にサービスを確認してから申し込むと良いでしょう。

5大国際ブランドをブランド別に解説

5大国際ブランド

以下の国際ブランドは5大国際ブランドと呼ばれ、シェア率が特に高くなっています。

5大国際ブランド一覧
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

それぞれの特徴について解説していきます。

Visa

Visa

Visaは、シェア率・加盟店舗数ともに世界No.1の国際ブランドで、クレジットカード決済に対応している店舗であれば、ほとんどの場合利用することができます。

Visaは独自のクレジットカードを発行しているのではなく、ライセンスを提供しています。

ほとんどのクレジットカードはVisaとライセンス契約を結んでいるため、Visaブランドの好きなクレジットカードを作ることができます。

Mastercard(マスターカード)

Mastercard

Mastercard(マスターカード)はVisaの次に有名な国際ブランドで、シェア率では少々劣るものの、加盟店舗数はVisaと同率となっています。

Visa同様、独自のクレジットカードは発行しておらず、ライセンスを提供しています。

Visaはアメリカ方面に強いと言われていますが、こちらはヨーロッパ方面に強いと言われています。

JCB

JCB

JCBは日本発祥の国際ブランドです。 そのため、日本での加盟店舗数は非常に多いですが、海外では普及が遅れているのが現状です。

しかし、海外での日本人サポートが揃っており、海外旅行の際に役立つサービスが用意されています。

American Express

American_Express

American Expressは、通常「アメックス」と呼ばれ、高ステータスな国際ブランドとして有名です。

年会費が高額なカードが多いですが、ホテル優待や空港ラウンジサービスなど、豪華サービスが多く用意されています。

特に、アメックスのプロパーカードである「アメックスセンチュリオン」は、クレジットカードの中でも一番ステータスが高いクレジットカードと言われています。

Diners Club

Diners Club

Diners Club界で最初のクレジットカードの国際ブランドです。 アメックスと同様、ステータスが高く、特に食に関するサービスが充実しています。

他にも、旅行や娯楽に関する豪華なサービスが多くあり、憧れの国際ブランドとなっています。

クレジットカードの国際ブランドのシェア率は?

国際ブランドのシェア率

5大国際ブランドを紹介しましたが、国際ブランドごとのシェア率はどのようになっているのでしょうか。

Nilson Reportの2017年の調査によると、VISAのシェア率が44.8%と圧倒的に高く、次いでMastercardが24.5%という結果になっています。

この結果から、VisaかMastercardのどちらかを持っていれば、ほとんどの国でクレジットカードを利用できるということが分かります。

国際ブランド別におすすめクレジットカードを紹介

ここでは国際ブランド別におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

【国際ブランド:Visa】おすすめクレジットカード

VISA_クレジットカード

ナンバーレスで安心のセキュリティの「三井住友カード(NL)」

三井住友カード(NL)
  • 年会費:永年無料
  • 還元率:0.5%~7%※1
  • 発行日数:最短10秒発行対応
    ※即時発行ができない場合があります。
  • 申し込み条件:18歳以上(高校生を除く)
  • 発行ブランド:Visa、Mastercard
ここがポイント
  • セブン‐イレブン・ローソンなどやマクドナルドなどでスマホからタッチ決済を利用するとポイント最大7%
  • ナンバーレスでセキュリティ性能抜群
  • 最短10秒発行対応※なのですぐにカードが使える
三井住友カード(NL)の概要

三井住友カード(NL)はナンバーレスデザインが特徴の年会費無料のクレジットカードです。

ナンバーレスデザインとはカード情報がカード面に記載されていないデザインのことで、万が一紛失してもカード情報の流出を防ぐことができます

また、最短10秒発行対応※の即日発行できるクレジットカードです。

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • マクドナルド など

対象のコンビニや飲食店でスマホからタッチ決済を利用すると、ポイント最大7%還元になるなど、三井住友カード(NL)は日常利用でも使いやすい人気の高還元率なクレジットカードです。

三井住友カード(NL)の口コミ

20代 / 女性 / 会社員 /★★★★★20代 / 男性 / 会社員 /★★★★★
コンビニなどでのポイント還元率が高いのがメリットです。公共料金の支払いにも良いカードだと思います。カード番号の印字がないのでセキュリティーが高く安心して使えますし、カードを利用して貯まるVポイントはキャッシュバックや他社ポイントに交換でき凄くお得感が有りとても良かったです。
本調査の概要:三井住友カード(NL)に申し込んだことがある方へ簡単なアンケート
本調査の方法:クラウドワークスでアンケート調査を実行
本調査の対象:三井住友カード(NL)を実際に利用している人・利用していた人
本調査の対象者数:30名
本調査の実施期間:2023年10月
本調査の対象地域:日本

\最短10秒でカード番号を表示!※1

>> 三井住友カード(NL)公式サイト <<

※注釈

※1iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。

 ※2 即時発行ができない場合があります。
詳細は「意事項内の即時発行にならない場合について」をご確認ください。

【国際ブランド:Mastercard】おすすめクレジットカード

Mastercard_クレジットカード

オートキャッシュバックが特徴の「三菱UFJカード VIASOカード」

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:0.5%
  • 発行日数:最短3営業日
  • 申し込み条件:18歳~
  • 発行ブランド:Mastercard
ここがポイント
  • オートキャッシュバック機能搭載
  • ETCや携帯電話料金の支払いで還元率が2倍
  • 最短翌営業日発行
三菱UFJカード VIASOカードの概要

三菱UFJカード VIASOカードオートキャッシュバック機能が特徴のクレジットカード。 一般的なクレジットカードは利用に応じてカード会社独自のポイントが貯まりますが、こちらのカードは現金がキャッシュバックされます。

高校生を除く学生が申し込みできるので、大学生でクレジットカードを発行したい人にもおすすめできるクレジットカードです。

そのため、ポイントの有効期限を心配する必要がなく、ポイントの管理が苦手な方にはおすすめです。

また、ETCや携帯電話、各種プロバイダ料金の支払いでポイント還元率が2倍にアップします。

ETCカード付帯のクレジットカードを検討している人にも特におすすめのクレジットカードです。

三菱UFJカード VIASOカードの口コミ

40代 / 女性 / パート/ ★★★★★40代 / 男性 / パート / ★★★★☆
年会費は永年無料だし入会キャッシュバックキャンペーンがありお得だし、ポイントが自動還元されて便利です。使用できる場面が多く使い勝手が良いと感じます。また、職場に在籍確認の電話はなかったので、カード申込みが周囲に知られたくない人には良いと思います。
本調査の概要:三菱UFJカード VIASOカードに申し込んだことがある方へ簡単なアンケート
本調査の方法:クラウドワークスでアンケート調査を実行
本調査の対象:三菱UFJカード VIASOカードを実際に利用している人・利用していた人
本調査の対象者数:30名
本調査の実施期間:2023年10月
本調査の対象地域:日本

\ 新規入会で最大10,000円キャッシュバック /

>> 三菱UFJカード VIASOカード公式サイト <<

キャンペーンの詳細
  • ※本特典は、本ページのみでのご案内となります。
  • ※本特典は、VIASOカードを対象とします。(キャラクター券面も含みます)
  • ※特典1はご入会日から3カ月後末日までに、「会員専用WEBサービス」のIDをご登録いただき、15万円以上ショッピングでご利用いただいた本人会員様を対象とします。
  • ※特典2は特典1の条件を満たし、さらにご入会日から3カ月後末日までに、「楽Pay」にご登録いただいた方を対象とします。
  • ※内容は2021年3月現在のものであり、予告なく特典内容を変更、または終了する場合がございます。

豊富なポイントアッププログラムが魅力の「ライフカード」

  • 年会費:年会費無料
  • 還元率:0.5〜1.5%
  • 発行日数:最短3営業日
  • 申し込み条件:18歳~
  • 発行ブランド:Visa、Mastercard、JCB
ここがポイント
  • 初年度ポイント1.5倍
  • 誕生日月はポイントが3倍
  • 年間の利用額に合わせて還元率がアップ
ライフカードの概要

ライフカードポイントアッププログラムが豊富なクレジットカードです。 具体的には以下のプログラムが用意されています。

  • 初年度ポイント1.5倍
  • 誕生日月はポイントが3倍
  • 年間の利用額に合わせてポイントが上がるカスタマーステージ制

このようにプログラムを利用することで非常にポイントが貯まりやすくなっており、さらにポイントの有効期限が5年とかなり長くなっているので、ポイントの失効もしにくくなっています。

また、ライフカードは様々なキャッシュレス決済に対応しているので、タッチ決済やバーコード決済、Apple Pay / Google Payなど好きな方法で利用するのも良いですね。

ライフカードの口コミ

30代 / 男性 / 会社員 / ★★★★☆20代 / 女性 / 会社員 / ★★★★★
誕生日の月のポイント5倍や『L-Mall』のリンクサイトが充実しているなど、ポイントが貯めやすいカードです。 特にネットショッピングを中心にしている人は、『L-Mall』を利用するとかなりポイントが稼げるのでは無いでしょうか。年会費が無料であるにも関わらず、海外アシスタンスサービスがあって現地のホテルの予約などをサポートしてくれるところが一番のメリットだと思います。また、誕生日の月にはポイント還元率が3倍になるところもお得で嬉しいです。デメリットを感じたことは今のところありません。
本調査の概要:ライフカードに申し込んだことがある方へ簡単なアンケート
本調査の方法:クラウドワークスでアンケート調査を実行
本調査の対象:ライフカードを実際に利用している人・利用していた人
本調査の対象者数:30名
本調査の実施期間:2023年10月
本調査の対象地域:日本

\ 最大15,000円キャッシュバック!※/

>> ライフカード公式サイト <<

キャンペーンの詳細

※ご利用可能枠3万円超のカードがプログラムの適用対象です。
・特典は「口座振替」でご登録の金融機関へお振込みします。
・事務手続きの都合上、特典進呈時期が遅れる場合や特典進呈が複数回になる場合があります。
・特典進呈はおひとりさま1回限りです。
・入会には所定の審査があるため、ご希望に沿えない場合があります。
・カードご利用可能枠により、全条件を達成できない場合があります。
・カードご利用枠を超えてのご利用はできません。
・プログラム内容は予告なく変更となる場合があります。
・以下に該当する場合はプログラム対象外になります。
・法人カードや提携カードなど対象外のカードをお申込みの場合
・カードのご利用可能枠が3万円以下の場合
・お支払いの遅延等、会員規約を遵守していない場合
・カードの解約や他カードへ切替等、お申込みのカードの有効性が確認できない場合

【国際ブランド:JCB】おすすめクレジットカード

JCB_クレジットカード

18歳から39歳が申し込み対象の高還元カード「JCB CARD W」

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:1.0%~5.5%※最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合
  • 発行日数:最短3営業日
  • 申し込み条件:18歳~39
  • 発行ブランド:JCB
ここがポイント
  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
JCB CARD Wの概要

JCB CARD W18歳から39歳の方が申し込み対象のクレジットカードです。 ポイント還元率が1.0%と高く、「JCBオリジナルシリーズパートナース店舗」ではさらに還元率がアップします。

JCBオリジナルシリーズパートナース店舗の例

  • Amazon
  • セブン-イレブン
  • スターバックス
  • メルカリ

他にも海外旅行保険やショッピング保険など年会費無料ながら、便利なサービスが揃った1枚。初心者の方にとって最強候補の1枚と言えます。

また、JCB CARD Wには、女性向けの特典が加わったJCB CARD W Plus Lもあります。こちらは特に女性におすすめのクレジットカードです。

JCB CARD Wの口コミ

20代 / 女性 / 会社員 /★★★★☆30代 / 男性 / 会社員 /★★★★☆
普通のJCBカードよりも2倍のポイントが付くところが良いです。Amazonを多く利用する場合には還元率が2%アップしますし、即時発行してくれるモバ即にも対応しているので直ぐに利用できて便利に感じました。自分にはあまり関係ありませんが、デメリットとしては40歳以上の人は新規加入できないことだと思います。貯めやすいと思います。基本還元率1%なので、深く考えず使えます。主に公共料金の支払いに設定しています。
本調査の概要:JCB CARD Wに申し込んだことがある方へ簡単なアンケート
本調査の方法:クラウドワークスでアンケート調査を実行
本調査の対象:JCB CARD Wを実際に利用している人・利用していた人
本調査の対象者数:30名
本調査の実施期間:2023年10月
本調査の対象地域:日本

\ 高還元な人気No.1カード! /

>> JCB CARD W公式サイト <<

20代限定で豪華サービスが魅力の「JCBゴールドカード」

JCBゴールド
  • 年会費:11,000円(税込)※初年度無料
  • 還元率:0.5%~5.0%
  • 発行日数:最短3営業日
  • 申し込み条件:20歳以上
  • 発行ブランド:JCB
ここがポイント
  • ラウンジ・キーで世界中のラウンジが利用可能
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 最短当日発行・翌日お届け
JCBゴールドカードの概要

JCBゴールドは「GOLD Basic Service」というJCB限定のサービスを受けることができるおすすめのゴールドカードです。

中でも、ラウンジ・キーとグルメ優待サービスは他のゴールドカードと比べて、非常にお得です。

JCBのプロパーカードですので、ステータス性も非常に高く、ステータスが高いカードを探している方にはおすすめのゴールドカードです。

JCBゴールドカードの口コミ

お得感のあるカードです年会費無料のカードに比べて付帯しているサービスが多いです。例えば、旅行障害保険の金額が大きいので、出発前に追加の保険に入る必要がありません。飛行機が遅れた時にも食事代などの保険が出ます。頻繁に旅行に行く人には使い勝手の良いカードです。ゴールドカードなので、ステータスとして持つのも有りかと思います。当然のことながら、年会費は高めです。ただ、家族カードの会費は安くなるので、家族全員で持つならば、一人当たりの金額は低く抑えられるというメリットがあります。気軽に持てるゴールドカードだと思います。使い勝手がいいカードでした近年ではスマホ決済サービスとも連携していてポイントも貯まりやすいですし、手軽に活用できるのは愛着が持てるし長年使えるなと感じました。
引用元:みん評

\ 初年度年会費無料!/

>> JCBゴールドカード公式サイト <<

【国際ブランド:American Express】おすすめクレジットカード

American_Express_クレジットカード

26歳までは年会費が無料の「セゾンブルーアメックス」

  • 年会費:3,300円※26歳まで無料
  • 還元率:0.5%~1.0%
  • 発行日数:最短3営業日
  • 申し込み条件:18歳~
  • 発行ブランド:American Express
ここがポイント
  • 26歳まで年会費が無料
  • ネットショッピングが安心安全でお得
  • 様々なお店点サービスの優待
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの概要

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは18歳以上であれば申し込み可能ですが、26歳になるまでは年会費が無料になります。

グルメやショッピング、動画配信サービス「Hulu」や「U-NEXT」など様々なジャンルのお店やサービスで割引を受けられます。

また、最高3000万円の海外旅行保険が自動付帯、海外ショッピング利用でポイント2倍など海外向けのサービスが充実しています。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

私にとってとても便利なカードです。まず、年会費が無料なのが嬉しいです。前年に1円でもカードを使えば、翌年も無料で使えます。また、QUICPayでの支払いでポイントが最大2%相当還元されるのも魅力的です。QUICPayはスマホで簡単に使えるので、現金を持ち歩かなくても大丈夫です。海外旅行にもよく行くので、海外でのショッピングでポイントが2倍になるのもありがたいです。さらに、デジタルカードを選べば、申し込み後最短5分でカード番号がスマホに届きます。カード番号や有効期限などの情報が券面に書かれていないので、盗難や不正利用の心配もありません。このカードは、オンラインショッピングや電子マネー決済にも対応しているので、とても便利です。プラスチックカードも発行されるものの、基本的にデジタルカードとして利用しています。アメックスブランドなのに年会費実質無料で使用できるのが嬉しいです。ポイント還元率に惹かれて作りました。コロナ禍以降、現金ではなくスマホ決済を利用することが増え、それならスマホ決済のポイント還元率が高いカードを作ろうということで、こちらを選びました。ポイントがつくとかなりお得に感じます。審査は特に問題なく通りました。速くても数日かかると思っていたので、即日発行されたのには驚きました。
引用元:みん評

アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:13200円(税込)
  • 還元率:1.0%
  • 発行日数:最短3営業日
  • 申し込み条件:20歳以上
  • 発行ブランド:American Express
ここがポイント
  • 一般カードを超えた充実のサービス
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • アメックスならではの優待
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの概要

アメリカン・エキスプレス・カードは最高峰のステータスカード「アメックスセンチュリオン」を目指せるプロパーカードです。

年会費は13200円(税込)と一般カードにしては高額ですが、サービス内容はゴールドカードと同等またはそれ以上のものとなっています。

例えば、メンバーシップ・リワードのポイントを、提携航空会社16社のマイルやポイントへ移⾏することができます。マイルが貯まるクレジットカードをお探しの方にもおすすめのクレジットカードです。

アメックスゴールドに比べると審査難易度も低いので、ゴールドカードの審査が不安な方はこちらに申し込んでみると良いでしょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

私にとってとても便利なカードです。まず、年会費が無料なのが嬉しいです。前年に1円でもカードを使えば、翌年も無料で使えます。また、QUICPayでの支払いでポイントが最大2%相当還元されるのも魅力的です。QUICPayはスマホで簡単に使えるので、現金を持ち歩かなくても大丈夫です。海外旅行にもよく行くので、海外でのショッピングでポイントが2倍になるのもありがたいです。さらに、デジタルカードを選べば、申し込み後最短5分でカード番号がスマホに届きます。カード番号や有効期限などの情報が券面に書かれていないので、盗難や不正利用の心配もありません。このカードは、オンラインショッピングや電子マネー決済にも対応しているので、とても便利です。プラスチックカードも発行されるものの、基本的にデジタルカードとして利用しています。アメックスブランドなのに年会費実質無料で使用できるのが嬉しいです。ポイント還元率に惹かれて作りました。コロナ禍以降、現金ではなくスマホ決済を利用することが増え、それならスマホ決済のポイント還元率が高いカードを作ろうということで、こちらを選びました。ポイントがつくとかなりお得に感じます。審査は特に問題なく通りました。速くても数日かかると思っていたので、即日発行されたのには驚きました。
引用元:みん評

【国際ブランド:Diners Club】おすすめクレジットカード

Diners_Club_クレジットカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
  • 年会費:24,200円(税込)
  • 還元率:0.4%~1.0%
  • 発行日数:約1週間
  • 申し込み条件:27歳以上
  • 発行ブランド:Diners Club International
ここがポイント
  • 日本で最初のクレジットカード
  • 「食」に関する豊富なサービス
  • 旅行やエンターテインメントサービスも充実
ダイナースクラブカードの概要

ダイナースクラブカードは日本で最初のクレジットカードです。

提携店舗の指定コース料理料金が最大2名分無料になる「エグゼクティブダイニング」や、提携店舗を1人で利用する際に会員限定メニューを注文できる「ごほうび予約」、フランス料理のレストランひらまつの食事代が10%割引される特典の他にも、様々な優待を受けられます。

また、国内の提携ホテルでの宿泊料金割引や、ハイアットホテル宿泊時に部屋のアップグレード・レイトチェックアウトができるなど、グルメだけでなく旅行に関する優待が豊富なのも特徴です。

ダイナースクラブカードの口コミ

会社の接待を中心に利用しています。カードが届くまでは時間がかかりましたが、それ以外は特に問題ありませんでした。カードの信頼性が高いため、どこででも使いやすいと思います。予約の取りづらいお店でも、担当者に相談すると予約を取ってもらえるため、接待で予約をしたいけれど取れるかどうか不安な時に使うと便利です。海外出張のときにも海外の空港でグレードの高いラウンジを使用できたり、ホテルやレンタカーでも活躍してくれたりと、使いやすくて助かりました。海外出張が多い人や、カードのサービスを徹底的に利用できる人ならいいと思います。会員優待のサービスを利用して、ハイグレードなグルメがお得に楽しめるところが気に入っています。この間は、以前から憧れていたアラン・デュカスのビストロでオシャレなフレンチを楽しみました。こちらのカードは高級料亭や全国の有名レストランが優待料金で利用できるので、グルメな人にはとくにおすすめだと思います。以前に使っていたカードよりも年間の会費が少し高いのが難点ですが、使い方次第でいろいろなメリットが得られますよ。コンサートのチケットが割引になるサービスなどもあります。
引用元:みん評

クレジットカードの国際ブランドに関するよくある質問

クレジットカードの国際ブランドとは?
クレジットカードの国際ブランドとは、世界中で利用できるクレジットカードのブランドのことです。カードによって契約している国際ブランドは異なり、国際ブランドによって使えるお店も異なります。
国際ブランドは全部で何種類?
国際ブランドは全部で7種類です。具体的には「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」「Dines Club」「銀聯」「Discover」となります。
国際ブランドのシェア率は?
2017年のNilson ReportによるとVisaのシェア率が44.8%でMastercardが24.5%となっています。この結果の通り、VisaとMastercardは国際ブランドの中でも特に有名で、多くの店で利用することができます。

クレジットカードの国際ブランドに関するまとめ

今回はクレジットカードの国際ブランドについて詳しく解説してきました。

クレジットカードには全部で7種類の国際ブランドがありますが、ブランドごとに違った特徴があります。

そのため、クレジットカードを選ぶ際には年会費や還元率だけでなく、国際ブランドにも着目して選んでみましょう。