Facebook‌広‌告‌の‌出‌し‌方‌の‌手‌順‌を‌解‌説!‌Instagram‌広‌告‌と‌の‌違‌い‌や‌費‌用‌対‌効‌果‌の‌差‌は?

facebook広告_出し方

個人利用だけではなく、企業でも自社の商品アピールをするためにFacebookを活用しています。

Facebookは世界最大規模のSNSであり、月間アクティブ利用者数は26億人を既に上回っています。

この‌Facebookに広‌告‌が‌出‌させるのはご存知でしょうか?

多くの方が使うフェイスブックに広告を出せれば、大きな反響が期待できますね。
でも、なんだか手続きや出稿方法が難しそうですよね。

世界最大規模のSNSへ広‌告‌が‌出‌させるのなら、企業にとって高い宣伝効果が期待できます。

そこで、Facebook広告の特徴Facebook広告の出し方広告を出す際の注意点について解説をします。

Facebook広告とは?

Facebook広告とは?

Facebook広告が出せたなら、自社の製品をアピールするまたとない機会となるでしょう。

Facebook広告にはどの様な特徴があるのか知りたいです。

こちらでは、Facebook広告の特徴目的・広告のターゲットについて解説します。

Facebook広告の特徴

Facebookは、月間アクティブ利用者数は世界で26億人、日本だけでも2,600万人にのぼります。

そんなFacebookに、手順と条件を順守すれば広告を出すことができ、その広告がFacebookで配信されたら大きな宣伝効果が期待できるでしょう。

そして、Facebook広告を出せれば、Facebookはもとより、Instagram(インスタグラム)Messenger(メッセンジャー)Audience Network(オーディエンスネットワーク)といった、4つの掲載先への広告配信が可能となります。

Facebookは、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですが、それ以外の掲載先の特徴は次の通りです。

Facebook広告の掲載先|特徴
  • Messenger(メッセンジャー):Facebookユーザーと連絡が取れるメッセージアプリ。
  • Instagram(インスタグラム):Facebookが提供する写真・動画メインに投稿、共有可能なアプリ。
  • Audience Network(オーディエンスネットワーク):Facebook広告のプラットフォームを利用し、提携しているモバイルアプリ・携帯サイト内の広告掲載を可能できる仕組み。

Facebook広告の最大の特徴は、これらを横断して最適化できることにあります。

Facebook広告を出す目的

Facebookに広告を出せば、もちろん多くのユーザーの目に触れ、自社のビジネスチャンスへつながります。

このチャンスを創出するには、ただユーザーの目にとまれば良いだけでは不十分です。

広告を作成する前に、まずビジネスの目標を考える必要があります。

適切な目的を選ぶため、どんなことを達成したいのかを把握することが重要です

広告の目的は、広告を見たとき利用者から実行してもらいたいアクションへ導くことにあります。

Facebookでは次の3つの目的を提案しています。

Facebook広告3つの目的
  • 認知度
  • 検討機会
  • コンバージョン

認知度

自社商品・サービスに関心を持ってもらうための目的です。

そのためには、ビジネスの価値を利用者へ明確に伝えなければいけません。

Facebookでは次の効果が期待できます。

Facebook広告で期待できる効果|認知度
  • 認知度UP:ビジネス、ブランド、サービスへの認知度を高める
  • リーチ:ターゲットオーディエンスのできるだけ多くの利用者に広告を表示

検討機会

自社ビジネスを選択肢に加え、ユーザーから「もっと詳しく知りたい!」と思ってもらうための目的です。

Facebookでは次の効果が期待できます。

Facebook広告によって期待できる効果|検討機会
  • トラフィック:Facebook→自社のウェブサイトのランディングページorブログ投稿orアプリ等、指定したURLへ利用者を誘導。
  • エンゲージメント:投稿にエンゲージメントする可能性の高い利用者へリーチ。エンゲージメントは具体的に「いいね!」「コメント」「シェア」等が該当。ページからのクーポン利用も含めることも可能。
  • アプリのインストール:ビジネス・アプリをダウンロードできるアプリストアへ利用者を誘導。
  • 動画の再生数UP:ビジネス動画を視聴する可能性の高いFacebookユーザーへの動画配信。
  • リード獲得:ニュースレターへの登録等、商品に興味を持ったユーザー者から情報収集する広告の作成。
  • メッセージ:Messenger、Instagram Direct、WhatsAppでユーザーとつながり、潜在顧客・既存の顧客とコミュニケーションを取り、自社のビジネスへの関心を促す。

コンバージョン

自社のビジネスへ関心を示してくれたターゲットに、商品を購入やサービス利用をしてもらうための目的です。

Facebookでは次の効果が期待できます。

Facebook広告で期待できる効果|コンバージョン
  • コンバージョン:自社のビジネスのサイト上で、ユーザーに特定のアクションを促す。このアクションには、具体的に商品カートへの追加、アプリ・ダウンロード、サイト登録、購入等が該当。
  • カタログ販売:Eコマース・ストアのカタログの商品を掲載、売上を増やす。
  • 来店数の増加:近隣の利用者へ自社の実店舗の所在地を宣伝。

Facebook広告のターゲットは?

3つの目的を定めたとしても、やはりターゲットを絞り込まなければ効果的な広告にはなりません。

Facebook広告は、関連性の高い広告だと思ってくれそうなユーザーへ自動的に配信されます。

次の3種類のオーディエンス選択ツールを指定すれば、広告配信のターゲットをさらに絞り込むことが可能です。

Facebook広告|3種類のオーディエンス選択ツール
  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

コアオーディエンス

年齢、興味・関心、地域などの条件でオーディエンスを指定する方法です。

Facebookでは次の設定が可能です。

Facebook広告|オーディエンスの指定
  • 位置情報:ビジネス展開を目指す都市、国、コミュニティに居住する人を細かく設定。
  • 利用者層データ:年齢、性別、学歴、役職などに基づいてオーディエンスを選択。
  • 興味・関心:広告でリーチしたい人の興味・関心を追加、ターゲット広告の関連性をさらに高める。
  • 行動:過去の購入履歴・デバイスの利用状況といった、消費者行動に基づく広告のターゲットを設定。
  • つながり:自社のビジネスのFacebookページ・イベントとつながっている人を含め、または反対に除外し新しいオーディエンスを設定。

カスタムオーディエンス

オンラインorオフラインで自社のビジネスに対し、既にアクションを実行したユーザーへ再度リーチできる方法です。

Facebookでは次の設定が可能です。

Facebook広告で可能な設定
  • 連絡先リスト:CRMシステム・メールアドレスリストの情報から、Facebookで顧客・見込み客とつながることができる。自社の実店舗で収集した情報をオンラインでのリターゲティングへ活用することが可能。
  • サイトのビジター:Facebookピクセルを設定すれば、サイトへのアクセスやサイトで特定のアクションを実行したユーザーに基づくカスタムオーディエンスが自動作成される。ピクセルを使用すれば、ビジターが過去にウェブサイトで閲覧したアイテムのターゲット広告も表示可能。
  • アプリの利用者:開発者ならFacebook SDKを実装し、ゲームの継続的なプレイ、アイテムの閲覧、購入といったアプリ内アクションを実行するよう促すことが可能。関連性の高い広告の作成ができる。

類似オーディエンス

優良顧客と共通の興味・関心を持つ利用者へ新たにリーチする方法です。

こちらを利用すれば、広告への反応が見込めそうなユーザーと、すばやく効果的につながることが期待できます。

Facebook広告の出し方の手順

Facebook広告の出し方の手順

Facebook広告を使用すれば大きなビジネス・チャンスにつながりなので是非利用したいです。
Facebook広告を出す方法について知りたいです。

こちらでは、Facebook広告の出し方の流れを解説しましょう。

Facebookビジネスマネージャのアカウント開設

Facebookアカウントがなければ広告は出せません

まず、Facebookを開設しましょう。

個人のFacebookアカウント等を作成します。

そして、任意で設定する「ビジネスマネージャ」を作成すれば、Instagramを含むFacebookの広告アカウント・Facebookページを一括管理できます。

Facebookページだけでも広告はもちろん出稿できます。

しかし、ビジネスマネージャを作成することで、複数の広告担当者による管理・広告パフォーマンスの分析などの多彩な機能が無料で利用できます。

非常に効率の良い広告のアピールができることでしょう。

作成手順は次の通りです。

Facebookアカウント作成手順
  1. ビジネスマネージャの管理画面を出す
  2. 画面の「アカウント作成」を押下
  3. ビジネスおよびアカウントの名前・氏名・仕事用メールアドレス入力
  4. ビジネスを運営している場所・情報入力
  5. 送信をクリックし完了
  6. 設定したメールアドレスに認証用のメールが届く
  7. ビジネスマネージャへFacebookの「ページ追加」を押下
  8. ビジネスマネージャの管理画面のアカウント→広告アカウント→追加
  9. 「新しい広告アカウントを作成」を選択

広告作成の準備は比較的難解な入力を行うことも無く、スムーズに進められるはずです。

広告を入稿する

ビジネスマネージャの開設・広告アカウント準備の後は、広告の作成を開始します。

作成手順は次の通りです。

Facebook広告作成手順
  1. 達成したいことは何かを明確にする作業:前述した目的を参考にし検討する
  2. 広告の目的を設定
  3. オーディエンス(ターゲティング)を設定:前述した「コアオーディエンス」「カスタムオーディエンス」「類似オーディエンス」の3種類からユーザーを絞り込む
  4. 予算と掲載期間:1日の予算・通算予定の2つを設定
  5. 広告を作成:広告の種類を設定、広告デザイン・レイアウトを確定
  6. 画像・動画と共に表示するテキスト設定:文字数は125文字以下

なお、どんな種類の広告が作成可能かは後述します。

支払設定をする

広告作成・入稿後できたら、支払い方法を設定します。

支払方法の設定手順
  1. ビジネスマネージャ「ビジネス設定」押下
  2. 支払い
  3. 「支払い方法を追加」を選択

次のクレジットカードまたはデビットカードが設定できます。

  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカンエキスプレス
  • JCB

なお、請求日にクレジットカードの有効期限切れ等の原因で正常に支払いができない場合は、広告配信が停止されてしまいます。

期限等を確認の後、Facebook広告の設定・入稿を勧めた方が無難です。

Facebookの審査

広告を作成・入稿したからと言って、いきなりターゲットとしたユーザー向けに配信が開始されるわけではありません。

Facebook側の広告審査を通過しなければいけません

とはいえ、審査に数週間もかかるわけではなく、通常は24時間以内に可否が決定されます。

Facebookの定めた広告ポリシーを基準に判断され審査が終わると、通知が広告アカウントに登録されているメールアドレスへ届きます。

一度落ちても、再度作成→審査は可能です。

ただし、審査落ちを繰り返してしまえば、広告アカウントが停止されてしまう可能性もあります

Facebook広告の種類

Facebook広告の種類

Facebook広告を出稿するにしても、どの様な広告が出稿できるのか気になりませんか?

広告を作成・入稿の流れはわかりましたが、やはり審査には気を付けないといけませんね。
Facebook広告にはどのような種類の広告があるのですか?

こちらでは、Facebookで出稿できる各広告について解説します。

10種類のFacebook広告
  • 画像広告
  • 動画広告
  • スライドショー広告
  • カルーセル広告
  • キャンバス広告
  • コレクション広告
  • ダイナミック広告
  • リード獲得広告
  • クーポン広告
  • イベント広告

画像広告

Facebook広告-出し方-画像広告

出典:https://www.facebook.com/business/ads-guide

1枚の画像・テキストで構成され、シンプルかつビジュアルを伝えやすい広告フォーマットです。

「詳しくはこちらをクリック」というように、ユーザーに行って欲しいアクションを促すボタンorリンクの表示で、ユーザーをリンク先へ誘導したいときに最適です。

そのため、ユーザーが「一目ぼれ」するような画像が求められます。

とはいえ、次のような制約もあります。(クリエイティブ推奨事項)

  • 見出し文字数:25文字
  • 説明文:90文字
  • 画像サイズ:1200×628

文字数は制限されます

当然過激な画像は問題になるので、いかに魅力的な画像を使うべきか、シンプルなだけに選定は難航するかもしれません。

動画広告

Facebook広告-出し方-動画広告

出典:https://www.facebook.com/business/ads-guide

動き・音声でユーザーの関心をひき、静止画像だけでは十分に伝えられない商品の魅力をアピールします。

やはり、効果的なアピールが期待できるからか、最近取扱量が増えている広告です。

次のような制約もあります。(クリエイティブ推奨事項)

  • 見出し文字数:25文字
  • 説明文:90文字
  • 動画アスペクト比:9:16~16:9
  • 動画のファイルサイズ: MAX4GB
  • 動画の長さ: 1秒~240分

当然過激な動画もペナルティの対象です。

また、240分も配信可能ですが、あまりに長いとユーザーが途中で飽きてしまいます。

最適な動画の長さで魅力をアピールしましょう。

スライドショー広告

1つの動画、複数の静止画から、動画のように再生できる広告フォーマットです。

音楽も効果的に使用できます。

商品やサービスのストーリーを伝えられ、動画広告と比較して短時間で動きのある内容を簡単に作成できます

クリエイティブ推奨事項は次の通りです。

  • 画像サイズ:1280×720
  • アスペクト比:16:9または1:1、2:3
  • 動画ファイル:.movまたは.mp4形式のファイル

カルーセル広告

Facebook広告-出し方-カルーセル広告

出典:https://www.facebook.com/business/ads-guide

ひとつの広告で最大10の画像・動画を表示可能、それぞれ別のリンクを付けられる広告フォーマットです。

クリエイティブ推奨事項は次の通りです。

  • カード数:2~10枚
  • テキスト:25文字
  • 説明文:90文字
  • 動画のファイルサイズ:MAX4GB
  • 動画の長さ:1秒~240分

画像内に占めるテキストの割合が20%以上となっても、配信停止のような事態にはなりません

ただし、配信が出にくくなったり、全然出なかったりするトラブルも考えられます。

キャンバス広告

画像や動画・カルーセル・リンクを組み合わせて作成した、手の込んだ広告フォーマットです。

とはいえ、大量に画像・動画等を入れてもユーザーは疲れてしまいます。

効果的な組み合わせ、濃密ながら短時間で効果的なアピールできる工夫を、よく考える必要があります。

クリエイティブ推奨事項は次の通りです。

  • 画像の最小横幅(ピクセル):400
  • 画像の最小縦幅(ピクセル):150

なお、キャンバス広告はモバイルのみに配信可能です。

コレクション広告

Facebook広告-出し方-コレクション広告

出典:https://www.facebook.com/business/ads-guide

各ユーザーのサイトでの行動・興味関心に合わせ、製品カタログのアイテムが表示できる広告フォーマットです。

クリエイティブ推奨事項は次の通りです。

  • 見出し文字数:25文字
  • 説明文:90文字
  • 画像アスペクト比:1.9:1
  • スライドショーアスペクト比:16:9、1:1
  • 画像サイズ:1,200×628ピクセル

なお、製品セットに最低限必要な製品数は4点インスタントストアフロントの製品セットに最低限必要な製品数は12点です。

ダイナミック広告

フィードを閲覧している各ユーザーに合わせ、興味をひく情報を提供することのできるリターゲティング広告です。

クリエイティブ推奨事項は次の通りです。(シングル画像の場合)

  • 見出し文字数:25文字
  • 説明文:90文字
  • リンクの説明:3文字以内
  • 画像アスペクト比:1.91:1
  • 画像サイズ:500 x 500ピクセル以上

リード獲得広告

Facebook広告のメニューの1つで、ユーザーが情報を自ら入力し、最後にフォームを送信すれば登録が完了します。

サイトへ遷移せずにFacebook上で全てが完結できることから、ユーザーへのストレスも最小限にする効果も見込まれます。

この広告の主な用途は、問い合わせ資料請求メルマガ購読などになります。

FacebookとInstagramのタイムライン上に掲載することができます

クーポン広告

こちらは、顧客にシェアできる割引の広告です。

ウェブサイトや実店舗、 その両方でのショッピングをユーザーへ促すことができます

こちらを作成することで、Facebookページの管理者はより多くの利用者にリーチできます。

この広告は次の2種類です。

  • オンラインクーポン広告:クーポンを保存したユーザーは、使用デバイスを変えた際(例:携帯電話→コンピューター)と、クーポンの有効期限が切れる前、利用を促すFacebookのお知らせが届く。
  • 店頭クーポン広告:携帯電話を持って行き、クーポンを実店舗で利用可能。メールでクーポンの詳細を受け取り、印刷もできる。

イベント広告

facebookページで作成したイベントを広告で拡散します。

ターゲットの中で、自社で考えたイベントへ興味を持ちそうなユーザーへ、優先的に広告を配信します。

それにより、最適化配信が行われる仕様となっています。

配信も、イベントに興味があるユーザーが増えれば、その分、学習が行われ最適化も進みます。

ユーザーのデータが溜まるほど、効率的に配信を行うことが可能です。

Facebook広告の費用と効果

Facebook広告の費用と効果

Facebook広告では、大きなビジネスチャンスの生まれる効果が期待できます。

Facebook広告はやはり有料ですよね?
費用に見合う効果はあるのでしょうか?

こちらでは、Facebook広告に掛かる費用と効果について解説します。

Facebook広告に掛かる費用

Facebook広告の気になる費用ですが、1クリックで約100円~200円の費用が発生します。

こちらの課金方法には、大きく分けて「インプレッション課金」「クリック課金」の2種類があります。

インプレッション課金(CPM配信)

こちらでは1,000回表示毎に費用が発生します。

インプレッション課金のメリットは、ウェブサイトに訪れた場合の他、「いいね!」「シェア」「コメント」等のアクションに関係なく費用が一切発生しない点にあります。

クリック課金(CPC配信)

こちらは、広告がクリックされる度、料金が発生する課金形式です。

クリック課金のメリットは、広告がユーザーから何らかのアクションがあった時のみ費用が発生する点です。

Facebook広告の効果

Facebook広告を出したからといって、いきなり商品が大ヒットするとは限りません。

しかし、広告を配信した結果は、Facebook広告マネージャーの「広告セット」「広告」タブにて確認できます。

予算やリーチ数クリック数クリック単価等から実際の費用対効果を算出し、改善点を抽出しつつ次回の広告配信へ活かすことが可能です。

過去のデータに基づく大まかなシミュレーションが可能です。

しかし、広告作成画面で表示される1日の推定結果は、過去のキャンペーンデータ入力された予算マーケットデータ等に基づいて算出されます。

指定された条件での大まかな推定値は算出できますが、広告の掲載結果を保証するものではありません。

逆にシミュレーション上の結果が、自社の期待する算定結果に程遠いものでも、実際に配信する広告がターゲットユーザーの興味を強く引くものなら広告効果は高くなります

広告効果試算の中に入らない「広告クリエイティブ」が、費用対効果を決める重要な要素ともなります。

Facebook広告とInstagram広告の違い

Facebook広告とInstagram広告の違い

Facebook広告の最大の特徴は、Instagram広告を横断して最適化できることにあるんですよね?
Facebook広告とInstagram広告には何か違いがあるのでしょうか?

こちらでは、Facebook広告とInstagram広告のターゲットの違い・費用の違い・効果の違いを解説します。

ターゲットの違い

日本国内のアクティブユーザー数、ユーザー層、ターゲティングを比較します。

比較 Facebook広告 Instagram広告
アクティブユーザー数 約2,800万人 約2,000万人
ユーザー層 幅広い年代 主に20〜30代
ターゲティング 高精度なターゲティング 詳細なターゲティングが可能も、若い層に偏る

Facebookの方が幅広い年代のユーザーが利用しています。

一方、Instagramユーザーは20〜30代で特に女性の割合が多いと言われています。

ターゲットを絞る場合、若者や女性を対象とするならInstagram広告が効果的でしょう。

一方、幅広い層を対象にするならFacebook広告が最適です。

費用の違い

こちらではFacebook広告とInstagram広告の費用形態を比較します。

比較 Facebook広告 Instagram広告
CPC
CPM
CPI
CPE・ページ
CPE・投稿
CPV

CPC

クリック課金であり、広告に掲載されているリンク・クリックの単価ベースで課金されます。

CPM

インプレッション課金であり、ユーザーの画面に広告が表示された回数1,000件当たりの単価ベースで課金されます。

CPI

アプリのインストール課金であり、広告からアプリがインストールされるたび課金されます。

CPE・ページ

ページの「いいね!」や「シェア」等のエンゲージメントごとに課金されます。

CPE・投稿

投稿の「いいね!」「シェア」「コメント」などのエンゲージメントごとに課金されます。

CPV

広告動画が10秒以上再生されるたび課金されます。

なお、10秒以下の動画ならば動画が最後までの再生で課金されます。

効果の違い

Facebook広告もInstagram広告も、多彩な広告配信方法はもちろん、目的に合わせて広告を最適化する機能、ターゲティング精度の高い点、予算を状況に合わせて設定可能、また写真や動画でユーザーの興味を引くこともできる点は同じです。

しかし、前述したようにFacebookでは幅広い年代のユーザー・男女比もほぼ等しいです。

一方、Instagram広告なら20代・30代の層そして若い女性のユーザーが多いです。

そのため、広告を出し迅速に若者や女性の反応がみたいならInstagramに、ある商品に関する男女の反応の違い等を見たいならFacebookへ、商品等の広告を出せば効果的な分析が期待できます。

Facebook広告の注意点

Facebook広告の注意点

Facebook広告、このツールの活用で大きな成果を上がることが出来るでしょう。

しかし、Facebook広告の注意点も把握しておかなければいけません。

Facebook広告を活用する際の注意点とは何でしょうか?

こちらでは、Facebook広告を活用する際の4つの注意点について解説をします。

Facebook広告4つの注意点
  1. Facebook広告ポリシーを確認
  2. 禁止コンテンツ・制限コンテンツを使っていないか
  3. 広告の文字数が多すぎないか
  4. 使用する文言に問題はないか

Facebook広告ポリシーを確認

公序良俗に反する画像はもっての他ですが、次のケースも注意しましょう。

  • 健康食品・化粧品等:大げさな効能・効果をうたう表示が多数存在
  • 美容整形等の関連サービス・各種教室:不当な割引キャンペーンが目立つ
  • 景品:取引へ付随して提供される景品に限度額の超過がある

このような内容になっていないか、広告を出す前によく確認しましょう。

「毎日1錠飲めば、1週間後に10キロ減量!」と言うような、とてもあり得ない内容は審査に通らないこともあります。

禁止コンテンツ・制限コンテンツを使っていないか

アピールしたい商品と全く関係の無い内容テロリスト等を賛美する内容残虐な内容露骨な性的表現を含む内容ではないか、よく確認することが大切です。

ただし、露骨な性的表現は、芸術性の観点から非常にわいせつ性と線引きが難しいのも事実です。

特に最近では「児童」を性的な対象とする裸体の画像、動画は厳しく制限されています。

その一方では、芸術性の範疇なら許容されるケースもあります。

とはいえ、線引きがなかなか難しいコンテンツは、最初から使用しない方がトラブルを回避することにつながるはずです。

広告の文字数が多すぎないか

前述したように文字数は「○○文字以内」「○○文字推奨」と明記されています。

もしも、広告画像内のテキスト量が多すぎれば、広告のリーチがかなり限定され、最悪の場合は全く配信されないこともあります。

広告画像内のテキスト量で、段階的に広告の配信量が異なってきます

配信されなければ広告とは言えません。

極力文字数を抑え、支障なく配信できるよう知恵を絞りましょう。

使用する文言に問題はないか

自社の商品を効果的にアピールするなら、やはり画像・動画はもとよりインパクトのある文言も必須です。

しかし、その文言が人種差別、少数民族への差別、マイノリティへの差別であってはいけません

当然ながら、身体に障害のある方々、精神疾患や発達障害等、当人にはどうすることもできない障害を抱える方々への差別的な文言も、絶対にあってはならないことです。

広告を出す場合、大きなインパクトを掲げることで、不快な思いをする方々を念頭に置き、慎重な考察が求められます

Facebook広告 出し方|まとめ

Facebook広告 出し方|まとめ

Facebook広告を出すことで、大きなビジネスチャンスを得られることが期待できます。

しかし、そのチャンスを得るためには、守らなければいけない倫理・決まり事があることの自覚も大切です。

また、広告を出す以上は、費用対効果もしっかりと考えなければいけません。

広告を出す媒体や種類をしっかりと考慮して、主なターゲットはどこなのかそのターゲットにハマるのはどの媒体なのかをしっかりと考慮して、効率的に広告を使いビジネスチャンスを生むようにしましょう。