【2022年度最新】おすすめの店舗管理システムを徹底比較!業界別の選定ポイントやメリットまで紹介

この記事を読んでいるあなたは

店舗管理システムの選び方を知りたい
おすすめの店舗管理システムを知りたい

このように考えていませんか。

この記事では、業界別のおすすめ店舗管理システムをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をざっくり言うと
  • 店舗管理システムを導入するメリットは、本部と店舗の両方にある
  • 店舗管理システムは業種に合わせて選ぶべきである
  • 業種別におすすめできる店舗管理システムは11製品
  • 多くの店舗を抱える企業は、店舗管理システムを導入すべき

店舗管理システムとは

店舗管理

おすすめの店舗管理システムを紹介する前に、まずは店舗管理システムとは何かを簡単にご説明します。

どのような役割を果たすのか、またどのような種類があるのかを見ていきましょう。

店舗管理の課題

店舗管理とは、店舗を経営するうえで必要な業務を管理することです。

店舗管理を行ううえで、よく見られる課題は以下のとおりです。

  • 本部が各店舗の動きを把握しきれない
  • 店舗は本部に現状を報告しきれない
  • 店長一人だとすべての管理に手が回らない

これらの課題は、業務量の多さと、時間の不足に起因しています。

それぞれ店舗管理以外の業務にも時間を割かなければならないため、膨大なデータを細かく把握することは相当な負担になります。

効率のよい店舗管理には、本部と店舗の連携をスムーズにし、店舗の運営状況を可視化することが求められます。

店舗管理システムとは?

店舗管理システムとは、必要な業務を管理し、上記のような問題を解決するツールです。

従来人が行っていた作業を、システムを用いて行うことで、効率よく経営状態を把握できるようになります。

業務 内容
売上管理 売上目標を達成するために、売上状況を記録する
在庫管理 在庫に余りや不足を生じさせないようにする
従業員管理 従業員の勤怠管理を行う

上記の業務はほんの一例です。

その他の業務もまとめて管理することで、効率的な店舗運営を目指すことができます。

また、一口に店舗管理システムといっても、業態によって求められる機能は異なります。

飲食、アパレル、EC、小売りといった業界に注目して、製品を選ぶことが大切です。

店舗管理システムの種類

店舗管理システムは、以下の3つに分類することができます。

店舗管理システムの種類
  1. 店舗の売上管理、販売管理を行うシステム
  2. 店舗業務支援システム
  3. 店舗情報管理ツール

目的別にどのようなタイプがあるか、詳しく見ていきましょう。

店舗の売上管理、販売管理を行うシステム

売上や在庫の記録を一括で管理するシステムで、店舗管理に必須な機能を揃えています。

初めてシステムを導入する企業は、このタイプを使用してみるのがおすすめです。

店舗業務支援システム

本部と店舗とのスムーズな連携を助けるシステムで、複数の店舗を運営する企業に役立ちます。

店舗側は本部からの情報を即座に入手することができ、本部側はミスなく情報を店舗に伝えることができます。

また、対象となるのは本部と店舗に限りません。店舗同士や従業員同士、社員とアルバイトなど、様々な関係でのコミュニケーションにも役立つ機能です。

店舗情報管理ツール

営業時間や休業日などの店舗の情報を、顧客に正しく伝えるためのシステムです。

GoogleやInstagramなどの紹介ページには、営業日や営業時間が記載されているケースが多いです。

最近では、これらのサービスで情報収集を行ってから来店を決める顧客も多く、誤った情報を伝えることは、店側の損失に繋がります。

店舗情報管理ツールは、店舗情報の正確な情報を伝えることに、大いに役立ちます。

店舗管理システムを導入するメリット

店舗管理

次に、店舗管理システムを導入するメリットを解説します。

メリットは本部と店舗の双方に見出すことができます。

本部側は、各店舗と会社全体の両方を見通し、状況に応じた経営戦略をとることが可能です。

一方店舗側は、業務の効率が上がることで、売上を成長させられることが見込めます。

店舗管理システムのメリット(本部側)

データを一元管理できる→売上管理が容易になる

本部側は、会社全体を客観視し、経営戦略を立てることが必要になります。

煩雑な店舗管理を業務ごとに行うよりも、一括で行うほうが、各段に効率を上げられます。

これにより、全体像が見やすくなり、迅速に会社全体の経営状況を把握することが可能です。

店舗に情報をミスなく伝えられる

本部は複数の店舗を抱える中、それぞれに素早く指示を出し、理解してもらう必要があります。

システムを用いることで、情報の流れを整理し、細やかな情報伝達を行うことが可能です。

また、多店舗に情報を共有することも容易になります。

各店舗の状況を正確に把握できる

本部は複数の店舗の経営状態を個別に把握することも求められます。

システムによって各店舗の運営状況が可視化され、店舗の課題を確認することができます。

加えて、店舗同士を比較して各店舗に合った戦略を考案したり、悩みに合わせた対応をとったりできることもメリットです。

店舗管理システムのメリット(店舗側)

データを一元管理できる→管理が楽になる

データをまとめて管理できることで、店長をはじめとする従業員の負担を、大きく減らすことができます。

従業員が店舗管理以外の仕事に注力できるほか、ミスを削減することにつながります。

また、本部への報告が自動で行われる点からも、業務の効率化を図れます。

本部からの情報をスピーディーに受け取れる

店舗管理システムは、本部と店舗間での意思疎通を迅速に行うことにも役立ちます。

店舗は本部からの情報をタイムラグなく正確に受け取り、すぐに営業に生かすことが可能です。

本部からの情報だけでなく、店舗からの意見や疑問点なども、本部に素早く伝えることができます。

経営戦略の考案に時間を使える

店舗管理システムによって業務が効率化され、店舗は時間を有効に活用することができます。

施策を練る時間が増えることで、利益アップが見込めます。

また客観的なデータに基づいて状況を判断できるので、店舗に合った計画を立てやすいというのも利点です。

店舗管理システムを選ぶポイント

店舗管理

店舗管理システムを選ぶ際には、注目すべき点が2つあります。

「自社の業種に合っているか」「抱える課題の優先順位に沿っているか」の2点を意識することが大切です。

ポイントをおさえて、会社に適したシステムを導入しましょう。

店舗管理システムを選ぶポイント

業種に合っているか

最も重要な項目です。

業種によって必要とする機能は異なるため、自社の業態に適した機能をもつシステムを導入しましょう。

飲食店・アパレル・EC業・小売店の4つの代表的な業種について、主に必要となる機能は以下のとおりです。

業種 必要な機能
飲食店 在庫管理、仕入れ管理、予約管理、顧客管理
アパレル 在庫管理、仕入れ管理、売上管理
EC業 在庫管理、一元管理機能
小売店 在庫管理、本部管理、物流管理

課題の優先順位に合っているか

企業ごとに抱える悩みは異なります。

自社が解決すべき課題を明確にし、優先順位をつけることが重要です。

必要以上に多機能なシステムを導入すると、使わない機能が発生し、大変もったいない買い物となってしまいます。

自社の課題を洗い出し、必要な機能を分析してから製品を選びましょう。

またシステムを導入する際は、本部と店舗両方の課題に対応しているかに注目することが求められます。

現場スタッフの声を聞き、現状を把握してから、求める機能を明らかにしていきましょう。

店舗管理システム|業種別の最新比較11選|一覧表

店舗管理

それでは、業種ごとにおすすめの店舗管理システムを見ていきましょう。

製品ごとの特徴を比較し、自社に適したものを検討してみてください。

製品名 種類 特徴 料金 おすすめする企業
Canly 飲食 ・SNSのアカウントを一元管理
・MEO対策機能
要問合せ ・導入実績重視
・SNSを活用
まかせてネットEX 飲食 ・オーダーメイド
・24時間365日サポート
要問合せ ・導入に不安がある
・飲食店の細かいニーズに対応してほしい
MAIDO SYSTEM 飲食 ・オールインワン
・最短5分で利用開始
・初期費用0円
・月額1,980円~
・無料トライアル
・初めての導入
・使い勝手を確認したい
アラジンオフィス アパレル、小売 ・ネット・実店舗のいずれにも対応
・物流管理
要見積もり ・場所を問わないリアルタイムの情報共有
・ネット回線ダウン時でも安心機能
Fashion Manager WW アパレル ・アパレル特有のニーズに対応
・在庫情報をリアルタイムで把握
要問合せ ・幅広い業務をオールインワンで行いたい企業
・多彩なデバイスに対応させたい企業
ネクストエンジン EC ・ネットショップが開発・運営
・対応している販売サイトや配送システムが多い
・30日間の無料体験あり
・月額10,000円~
・受注件数に応じた従量課金制
・受注の自動化にとどまらず、 全体最適化を図りたい企業
・同業者によるサービスを利用したい企業
TEMPOSTAR EC ・店舗に合わせたオーダーメイド
・店舗ファーストのサポート
・30日間無料お試しあり
・初期費用0円
・月額料金11,000円(税込)~
・月額料金は商品課金+従量課金
・複数のモールに出店している企業
・店舗に合わせたサービスを希望する企業
はたluck 小売、飲食 ・利用者ID10万人以上
・PDCAサイクルの実現をサポート
要問合せ ・密なコミュニケーション
・利益計画における最適なシフト管理
RegiGrow 小売 ・小売業に必要な機能を凝縮
・柔軟なカスタマイズ
要見積もり ・効果的な販売戦略を立案してほしい
・お菓子の製造販売、農産物の直売所、テーマパーク施設等
Linkle 店舗業務支援・業種問わず ・多店舗経営向け
・スマホ・タブレット対応
・初期費用0円
・月額3,000円~
・ITツールに不慣れ
・店舗の状況を見える化したい
Shopらん 多店舗業務支援・業種問わず ・シンプルなUI
・業種を問わない
要問合せ ・店舗管理を徹底したい
・気軽なコミュニケーション

販売管理システム|飲食店比較3選

店舗管理

店舗管理システム|飲食店比較3選
製品名 種類 特徴 料金 おすすめする企業
Canly 飲食 ・SNSのアカウントを一元管理
・MEO対策機能
要問合せ ・導入実績重視
・SNSを活用
まかせてネットEX 飲食 ・オーダーメイド
・24時間365日サポート
要問合せ ・導入に不安がある
・飲食店の細かいニーズに対応してほしい
MAIDO SYSTEM 飲食 ・オールインワン
・最短5分で利用開始
・初期費用0円
・月額1,980円~
・無料トライアル
・初めての導入
・使い勝手を確認したい

Canly(株式会社カンリ―)

Canly

出典:https://jp.can-ly.com/

飲食業界で人気を誇り、導入実績が25,000店舗を突破したのが、Canlyです。

店舗情報の更新や口コミへの対応など、煩雑な業務を一括で担います。

各店舗のデータを簡単に分析できるようになるため、運用工数が平均86%削減されたというデータもあります。

導入後集客効果が大幅にアップしたとのデータもあり、信頼のおける製品です。

特徴

  • SNSやHPなどのアカウントを一元管理
  • MEO対策機能を搭載

料金

要問い合わせが必要です。

おすすめする企業
  •  導入実績を重視する企業
  • SNSやHPを活用した経営戦略を立てている企業

※MEO対策…Googleマップに登録されている店舗の検索順位を上位に表示させる施策。

まかせてネットEX(株式会社ジャストプランニング)

Leave it to Net EX

出典:https://www.net-land.co.jp/products/628

まかせてネットEXは、売上管理・勤怠管理・仕入管理の3つに軸をおいたシステムです。

POSシステムとの連携により、売上の自動集計・分析が可能です。

またアルバイトの多い店舗向けに、操作のしやすい勤怠管理機能を搭載しています。

さらにWEB発注を可能にし、ミスのない仕入れ原価管理をサポートします。

特徴

  • オーダーメイド
  • 24時間365日サポートつき

料金

要問合せが必要です。

おすすめする企業
  •  店舗管理システムの導入に不安がある企業
  • 飲食店の細かいニーズに応えた製品を求める企業

MAIDO SYSTEM(まいどソリューションズ株式会社)

MAIDO SYSTEM

出典:https://www.maido-system.net/

MAIDO SYSTEMは、初期費用0円、月額1,980円から利用できるクラウド型のシステムです。

現場目線で計12の豊富な機能を取り入れており、業務の効率化を図ることが可能です。

飲食店向けに開発されたPOSレジシステムは、業務を一元管理するのに役立ちます。

最大2ヶ月無料でお試しできるため、使い勝手を検討してから導入したい企業におすすめの製品です。

特徴

  • オールインワンタイプ
  • 最短5分で利用開始可能

料金

初期費用0円で、月額料金1,980円~です。

おすすめする企業
  •  店舗管理システムの導入に不安がある企業
  • 飲食店の細かいニーズに応えた製品を求める企業

販売管理システム|アパレル比較2選

店舗管理

店舗管理システム|アパレル比較2選
製品名 種類 特徴 料金 おすすめする企業
アラジンオフィス アパレル、小売 ・ネット・実店舗のいずれにも対応
・物流管理
要見積もり ・場所を問わないリアルタイムの情報共有
・ネット回線ダウン時でも安心機能
Fashion Manager WW アパレル ・アパレル特有のニーズに対応
・在庫情報をリアルタイムで把握
要問合せ ・幅広い業務をオールインワンで行いたい企業
・多彩なデバイスに対応させたい企業

アパレル業界も多数の店舗をもち、在庫の管理が大変なため、店舗管理システムが重宝されます。

アパレルには、商品のサイズを管理できたり、セールごとに変化する価格に対応できたりする製品が向いています。

今回はアパレル向けに、2つの商品をご紹介します。

アラジンオフィス(株式会社アイル)

店舗管理

出典:https://aladdin-office.com/food/feature/

アラジンオフィスは、アパレル・小売のどちらにもおすすめできるシステムです。

精度の高い在庫管理機能を備えており、リアルタイムかつ場所を選ばず、実績在庫の確認をすることができます。

また、一括の売価変更の機能を備えているのも特徴です。

特徴

  • ネット、実店舗のいずれにも対応
  • 物流管理に長けている

料金

要問い合わせが必要です。

おすすめする企業
  •  場所を問わずリアルタイムで情報共有を行いたい企業
  • 万が一のネット回線ダウン時でも、安心できる機能がほしい企業

Fashion Manager WW(ジェイモードエンタープライズ株式会社)

店舗管理

出典:https://www.jmode.co.jp/2011/05/05/fmww-feature/

Fashion Manager WWは、20年以上のノウハウを生かし、アパレル業界の店舗管理に必要な機能をオールインワンで取り揃えています。

特に売消表をWeb上で再現したり、消化分析を行ったりする機能は、大変便利です。

また、在庫管理をリアルタイムでできる点、過去の時点在庫データからセール期間の在庫の分析を行える点も、大きな魅力です。

POSレジ端末やPC、タブレットPC、スマートフォンからアクセスすることができます。

特徴

  • アパレル特有のニーズに対応
  • 在庫情報をリアルタイムで把握

料金

要問い合わせが必要です。

おすすめする企業
  •  幅広い業務をオールインワンで行いたい企業
  • 多彩なデバイスに対応させたい企業

販売管理システム|EC業比較2選

店舗管理

店舗管理システム|EC業比較2選
製品名 種類 特徴 料金 おすすめする企業
ネクストエンジン EC ・ネットショップが開発・運営
・対応している販売サイトや配送システムが多い
・30日間の無料体験あり
・月額10,000円~
・受注件数に応じた従量課金制
・受注の自動化にとどまらず、 全体最適化を図りたい企業
・同業者によるサービスを利用したい企業
TEMPOSTAR EC ・店舗に合わせたオーダーメイド
・店舗ファーストのサポート
・30日間無料お試しあり
・初期費用0円
・月額料金11,000円(税込)~
・月額料金は商品課金+従量課金
・複数のモールに出店している企業
・店舗に合わせたサービスを希望する企業

EC業は出品するサイトが増えるにつれて、業務が煩雑になりがちです。

各ネットショップの在庫情報を一括で管理できるシステムがおすすめです。

ここではネットショップの販売に適した製品を2つご紹介します。

ネクストエンジン(Hamme株式会社)

店舗管理

出典:https://next-engine.net/

ネクストエンジンは、契約者数5,417社、利用店舗数41,595店※1を誇る、業界導入数No.1※2の製品です。

ECの現場から生まれたサービスであるため、EC業が抱える悩みや課題に柔軟に対応しています。

アプリで機能をカスタマイズできる仕様で、事業規模が変わっても利用できるようになっています。

導入店舗で186%※3の成長率を記録したというデータもあり、作業効率が大幅に向上することが期待できます。

導入前から導入後までのサポートが保証されているところも強みです。

特徴

  • ネットショップが開発・運営
  • 対応している販売サイトや配送システムが多い

料金

月額10,000円~で、受注件数に応じた従量課金制のシステムです。

30日間の無料体験があるので気になる方は体験してみてください。

おすすめする企業
  • 受注の自動化にとどまらず、 全体最適化を図りたい企業
  • 同業者によるサービスを利用したい企業

※1…2022年4月末時点。
※2…2018年7月ネット経済新聞調べ。
※3…ネクストエンジン調べ。2020年YoY。

TEMPOSTAR(SAVAWAY株式会社)

店舗管理

出典:https://ittools.smrj.go.jp/app/commerce-star.php

TEMPOSTARは、サービス年間流通総額2,000億以上を誇るEC業向けのシステムです。

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなど複数のモールから自社ネットショップまで、一元管理してくれます。

システム独自のカスタマイズにも柔軟に対応するなど、店舗の都合に合わせたサポートが特徴です。

バージョンアップを定期的に無償で実施してくれるという特徴もあります。

特徴

  • 店舗に合わせたオーダーメイド
  • 店舗ファーストのサポート

料金

初期費用0円で、月額料金11,000円(税込)~です。

30日間無料体験ができます。

おすすめする企業
  • 複数のモールに出店している企業
  • 店舗に合わせたサービスを希望する企業

販売管理システム|小売業比較2選

店舗管理

店舗管理システム|小売業比較2選
製品名 種類 特徴 料金 おすすめする企業
はたluck 小売、飲食 ・利用者ID10万人以上
・PDCAサイクルの実現をサポート
要問合せ ・密なコミュニケーション
・利益計画における最適なシフト管理
RegiGrow 小売 ・小売業に必要な機能を凝縮
・柔軟なカスタマイズ
要見積もり ・効果的な販売戦略を立案してほしい
・お菓子の製造販売、農産物の直売所、テーマパーク施設等

小売業の人材は大変流動的であるため、管理が困難であるといわれています。

またこの業界における店舗管理の課題として、在庫を見える化し、適当な数を維持することが挙げられます。

それらを解決する機能を搭載した製品を、2つご紹介します。

はたluck(株式会社HataLuck and Person)

店舗管理

出典:https://it-trend.jp/store-management/10703

はたluckを導入することで、PDCAサイクルを実現させ、業務の質を高めることができます。

小売業に適したオールインワンシステムで、気持ちのよいコミュニケーションをとるための情報共有機能に魅力があります。

テスト導入が可能であったり、情報漏洩対策がしっかりなされていたりと、誰にでも安心の対応が特徴です。

さらに、サポートデスクによるアフターフォローも大変充実しています。

特徴

  • 利用者ID10万人以上
  • PDCAサイクルの実現をサポート

料金

要問い合わせが必要です。

おすすめする企業
  •  スタッフ間で密にコミュニケーションをとる企業
  • 1日の利益計画における最適なシフト管理を行いたい企業

※PDCAサイクル…Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(行動)の頭文字をとってできた語。

この4つのステップを繰り返すことで、継続的に業務改善を行うことを指す。

RegiGlow(NECプラットフォームズ株式会社)

店舗管理

出典:https://www.necplatforms.co.jp/solution/retail/product/regigrow/index.html

 

RegiGrow小売店に必要な22の機能を搭載しているため、細やかな在庫管理や効果的な販売戦略を実現させることが可能です。

また免税販売機能を備えており、簡単な免税書類作成をサポートしてくれます。

さらに、委託販売や入場券発券、リベート支払等に対応しており、様々な施設が導入できるようになっています。

企業の運用に合った帳簿レイアウトを提案するなど、使いやすさを追求してくれる会社のシステムです。

特徴

  • 小売業に必要な機能を凝縮して搭載
  • 柔軟なカスタマイズ

料金

用問い合わせが必要です。

おすすめする企業
  • 効果的な販売戦略を立案してほしい企業
  • お菓子の製造販売、農産物の直売所、テーマパーク施設等

販売管理システム|すべてにおすすめ比較2選

店舗管理

店舗管理システム|すべてにおすすめ比較2選
製品名 種類 特徴 料金 おすすめする企業
Linkle 店舗業務支援・業種問わず ・多店舗経営向け
・スマホ・タブレット対応
・初期費用0円
・月額3,000円~
・ITツールに不慣れ
・店舗の状況を見える化したい
Shopらん 多店舗業務支援・業種問わず ・シンプルなUI
・業種を問わない
要問合せ ・店舗管理を徹底したい
・気軽なコミュニケーション

その他、業種を問わずおすすめできるシステムを2つご紹介します。

Linkle(北都システム株式会社)

店舗管理

出典:https://it-trend.jp/store-management/5300

Linkleは本部・店舗どちらの業務も徹底的にサポートしてくれる、多店舗業務支援システムです。

店舗に指示した結果を一目で確認できたり、売り場画像の比較ができたりと、店舗の状況を透明化する機能を搭載しています。

シンプルなUIで、誰もが使いやすいシステムであることも強みです。

特徴

  • 多店舗経営向け
  • スマホ・タブレット対応

料金

初期費用0円で、月額3,000円~です。

おすすめする企業
  • ITツールに不慣れな人が多い企業
  • 店舗の状況を見える化したい企業

Shopらん(株式会社DreamArts)

店舗管理

出典:https://shoprun.jp/

Shopらんは導入実績が45,000店舗、ユーザー数が53万人にのぼるシステムです。

多店舗経営を支援するシステムで、チェーンストアで数多く導入されています。

店舗はその日必要な情報のみを確認できるため、無理のない範囲でタスクに取りかかることができます。

また、管理作業にかかる時間を大幅に圧縮できるため、コア業務に集中することが可能です。

効率のよい働き方を叶えることのできるシステムです。

特徴

  • シンプルなUI
  • 業種を問わない

料金

要問い合わせが必要です。

おすすめする企業
  • 店舗管理を徹底したい企業
  • 気軽なコミュニケーションを図りたい企業

店舗管理システムを導入すべき企業とは

店舗管理

店舗管理システムの導入により、多くの企業は業務をより効率的に行えるでしょう。

その中でも、特にシステムを導入すべきなのはどのような企業なのかをまとめました。

店舗数が多い企業

店舗が増えるのに伴い、必要な在庫管理や従業員管理の量も増えます。

業務が煩雑になり、本来力を入れるべき仕事に手が回らなくなることが考えられます。

また、ミスが増えて正しいデータ分析ができなくなるケースもあるでしょう。

適当な販売戦略を立てるためには、迅速で正確な店舗管理は必須です。

大量の情報を扱う企業は特に、ぜひシステムを導入するべきだといえます。

本部と店舗で情報共有ができていない企業

本部が店舗の状況を把握できていなかったり、店舗が本部の情報を上手く受け取れていなかったりする場合があると思います。

上記のような場合も、店舗管理システムの導入を検討するのがおすすめです。

双方のコミュニケーションが密になることで、業務が円滑になり、信頼関係を構築することが期待できます。

在庫に期限がある企業

賞味期限や消費期限が決められている食品を扱う業界や、季節や流行によって扱う品物を変えている業界が当てはまります。

いかに無駄な在庫を減らすかがカギとなる企業では、適当な在庫管理を行うことがマストです。

店舗管理システムを導入することで、適切な仕入れの発注が、圧倒的に簡単になります。

店舗管理システム比較まとめ

店舗管理

 

店舗管理システムは、本部と店舗の連携をスムーズにし、店舗の運営状況を可視化するために必要なツールです。

情報を一括管理することにより、仕事を効率化させ、他の業務の質を上げることができます。

また大切なのは、自社が属する業界に合わせて製品を選ぶことです。

業界の特徴と製品の特徴をすり合わせ、可能であれば試用をしてから導入することをおすすめします。

この記事がシステム導入の参考になれば幸いです。