【2022】SMS送信サービスを徹底比較!比較ポイントや導入メリットについて紹介

SMS送信サービス

この記事を読んでいるあなたは、

SMS送信サービスのメリットについて知りたい
どんなSMS送信サービスがあるか知りたい

と考えているのではないでしょうか。

この記事では、SMS送信サービスについて、機能や比較方法、メリットとデメリットについてお伝えしていきます。

この記事をざっくり言うと
  • SMS送信サービスは本人確認や連絡手段として使われる
  • 比較ポイントは目的やコスト
  • SMS送信サービスは到達率が高い
  • SMS送信サービスは送信結果の確認ができる
  • おすすめのSMS送信サービスは「メディアSMS」

SMS送信サービスとは

SNS送信サービスとは

SMS送信サービスとは、SMS(ショートメッセージサービス)を利用した本人確認などを実施することができるサービスです。

携帯電話やスマートフォンを持つことが当たり前になった現代において、SMSは主要な連絡手段として利用されています。

SMSを利用する目的は、本人確認や通知、新商品・サービスのプロモーションなど様々です。

SMSは電話番号を利用したメッセージ送受信サービスであり、電話番号が変わらない限り相手にメッセージを届けることが可能です。そのため、電話やメール、SNSのDM(ダイレクトメッセージ)などを利用した連絡手段に比べて、相手への到達率やメッセージの開封率が高く、使った時のメリットが大きくなっています。

顧客や消費者と繋がる手段として、最近はSNSなどが注視されがちです。しかし、昔から使われているSMSはSNSに負けないメリットがあるため、現代でも主要な連絡手段として利用されています。

SMSサービスの使い方

SNS送信サービス使い方

SMSサービスの使い方は主に3つです。

SMS認証(本人確認)

SMSの最も有名な使い方は、SMSを利用した本人確認です。

ECサイトへのログイン時、またクレジットカード情報の登録時などにSMSを用いた本人確認をすることで、なりすましを防ぐことができます。

本人確認の流れとしては、まず情報登録の場面において、メールアドレスや電話番号など、各種登録情報を入力します。その後登録した電話番号を使ってSMSでワンタイムパスワードが送られ、情報の登録者はSMSで送られたワンタイムパスワードを用いて本人確認をする、という仕組みです。

必ず連絡すべき場合の連絡方法

SMSは、連絡必須の情報を伝える連絡方法として重宝されています。

携帯電話やスマートフォンを利用している場合、基本的に電話番号も使われています。SMSは電話番号を用いた連絡手段であるため、どの携帯電話やスマートフォンでもメッセージを送ることができるのです。

メールアドレスが分からない場合の連絡方法

SMSは電話番号が登録されている相手であれば、メールアドレスが分からない場合でもメッセージを送ることができます。

メールで連絡しようとした時、メールアドレスが誤って登録されていた場合、相手にメッセージを届けることができません。また、メールアドレスを知らない相手にはメールを送ることができないため、メッセージを送ることができずに終わってしまいます。

SMSであれば、電話番号さえ登録されていればメッセージを送ることができるため、メールアドレスが分からない場合でも連絡手段として利用することが可能です。

また、携帯電話やスマートフォンを変える際に、電話番号はそのままで機種変更などを行う人も多いです。そのため、SMSを利用することで、連絡したい相手に高い確率でメッセージを届けることができます。

SMS送信サービスの比較ポイント

SNS送信サービス比較ポイント

SMS送信サービスの比較ポイントは6つです。

目的に合った選び方

SMS送信サービスを比較する際、最も重要なことは、どんな目的のためにSMS送信サービスを利用するのかを明確にしておくことです。

目的があやふやなままSMS送信サービスを比較検討しようとした場合、安易にネームバリューやコスト面だけで使用するサービスを選択してしまう可能性が高まります。

SMS送信サービスは本人確認や情報の通知、マーケティングなど、様々な利用方法があります。サービスによって得意としている利用方法も変わります。

なぜSMS送信サービスを利用しようとしているのかを明確にすることで、目的に合わないSMS送信サービスを選択するリスクを減らすことができるでしょう。

コスト

SMS送信サービスを利用する場合、コスト面で比較することがとても重要です。

SMS送信サービスを利用する場合、初期費用や月額費用、メッセージ1通あたりの費用がコストとして必要となります。サービスによってコストの計算方法が異なるため、値段だけでなくコストの算出方法をふまえて比較していくことが大切です。

例えば、そこまで多くの人数にSMS送信サービスを利用する予定がない場合、メッセージ1通あたりの値段が単純に安いサービスを利用すれば良いでしょう。

一方、数万通といった大量のメッセージをSMS送信サービスを利用して送ることを検討している場合を考えます。この場合、メッセージ1通あたりの値段が安いだけでなく、メッセージ数が多い場合に1通あたりの値段が下がる(ボリュームディスカウント)ようなサービスを選択した方がお得です。

SMS送信サービスの利用具合を考えつつ、最もコストを抑えることができるサービスがどれか検討していくことが大切です。

機能

SMS送信サービスを利用するうえで、自社で使用したい機能が使えるかどうか、確認することが大切です。

SMS送信サービスには、一斉送信機能やAPI連携機能、送信元番号指定機能など、様々な機能が備わっています。

しかし、全てのサービスが同じ機能を提供しているわけではありません。SMS送信サービスの中には、必要とする機能が使えないサービスもあるため、しっかりと確認する必要があります。

SMS送信サービスを利用することを検討している場合、自社で使用したい機能が使えるかどうか確認する必要があるでしょう。

操作性

利用しようとしているSMS送信サービスについて、操作性において優れているかどうか確認することは重要です。

SMS送信サービスは利用する場合長期的に利用することが多く、担当者が使いやすいサービスである必要があります。SMS送信サービスの利用方法や各種設定方法が複雑な場合、サービスの使用や引継ぎにおいて問題が生じる可能性があります。

また、SMS送信サービスを管理する画面が使いやすいUIであるかどうかを確認することも大切です。日々利用するサービスの画面が見にくい・使いにくいUIである場合、SMS送信サービスの利用時にストレスを感じてしまい、人的エラーが発生する可能性が高まります。

SMS送信サービスの操作性が優れているかどうか、実際に画面や設定方法を確認して比較する必要があるでしょう。

セキュリティ対策

SMS送信サービスを比較する際、セキュリティ対策がされているかどうか確認することは重要です。

SMS送信サービスは通信を行うため、どこかでメッセージの情報が盗まれてしまう可能性があります。また、セキュリティの脆弱性をついてサービスに侵入された場合、自社や顧客の情報が盗まれたり改ざんされてしまう可能性もあるでしょう。

SMS送信サービスを利用するうえで最低限のセキュリティ対策がされているかどうか、しっかりと比較検討することが大切です。

キャリアへの対応

主要なキャリアへ対応しているかどうか確認する必要もあります。auやソフトバンク、ドコモなどの主要なキャリアに対応しているかどうか確認しておくようにしましょう。

基本的にどのサービスも大手通信キャリアには対応していますが、中には対応していないサービスもあります。SMS送信サービスを利用する前にキャリアへの対応状況を確認するようにしてください。

SMS送信サービス導入のメリット

SNS送信サービスメリット

SMS送信サービスを導入するメリットは下記5つです。

到達率が高い

SMS送信サービスは到達率が他の連絡方法に比べて非常に高いです。SMS送信サービスは電話番号を利用した連絡方法で、ほぼ全ての携帯電話やスマートフォンで利用することができます。

また、先述したようにメールアドレスなどの他の連絡方法に比べてミスなく連絡できる可能性が高く、到達率の高さに繋がっています。

携帯電話やスマートフォンへの情報伝達の場合、SMS送信サービスを利用すれば、他の連絡方法に比べてより確実に情報を伝えることができるでしょう。

一斉送信ができる

SMS送信サービスでは、伝えたい情報を一斉送信することが可能です。複数の相手に同じ内容の情報を一斉に送信できるため、効率的に情報伝達をすることができます。

メールやSNSを用いた連絡方法では、1人1人に個別に情報を送る必要があります。個別に送る分時間がかかってしまうため、情報の伝達に手間がかかってしまいます。

SMS送信サービスであれば一斉送信ができるため、一度に情報を送りたい相手全員に対してメッセージを送ることができます。また、特定の相手を指定してメッセージを送付することも可能です。

予約配信ができる

SMS送信サービスの中には予約配信ができるものがあり、希望の時間帯にメッセージを送ることが可能です。

マーケティングなどでは、メッセージを送る時間帯も重要となります。予約配信ができれば、最も開封率が高い時間帯にSMSを送信できるため、情報を伝達できる可能性が高まります。

また、数日分のメッセージを事前に作成し、決められた時間帯に送付するよう設定することで、SMS送信の業務を効率化することも可能です。

送信結果の確認ができる

SMS送信サービスを利用することで、メッセージの送信結果を確認することができます。SMSの到達率や開封率を確認することができ、SMSの効果測定や今後のマーケティング施策に活かすことができるでしょう。

SMS送信サービスでは、SMSが送りたい相手に届いているか、また相手がメッセージを開いたかどうか、メッセージ内のリンクをクリックしたかどうか、といった情報を把握することができます。

メッセージの到達率や開封率は大切な指標であり、SMS送信サービスを用いて確認できることは非常に大きなメリットです。

宛先が変更されることが少ない

SMS送信サービスは相手の宛先が変更されることが少ない、というメリットもあります。

先述しましたが、SMS送信サービスでは、携帯電話やスマートフォンの電話番号を用いてメッセージを送っています。電話番号はあまり変えられることがないため、SMS送信サービスでは宛先変更が起きにくい、というメリットがあります。

メールアドレスなどのように「宛先が変更された」「宛先が使えなくなった」という事態が起きにくいため、SMS送信サービスはメッセージを相手に伝えやすくなっています。

SMS送信サービス導入のデメリット

SNS送信サービスデメリット

SMS送信サービスを導入する際にデメリットとなるのは下記2点です。

SMS送信サービス導入のデメリット

コストが発生する

SMS送信サービスを利用する場合、当然コストが発生します。

利用するサービスによりコストは様々ですが、宛先の数や送信するメッセージの量に応じてコストが生じます。SMS送信サービスを利用する場合、事前にどのくらいの相手にメッセージを送る予定なのか、またメッセージの量や送る頻度についても考えておく必要があるでしょう。

HTMLに対応していない

SMS送信サービスはHTMLに対応していないため、デザイン性のあるメッセージを送ることはできません。SMS送信サービスで送るメッセージはとてもシンプルなものとなります。

SMSはテキストやURLにのみ対応しているため、Gmailのように文字のフォントや大きさ、色を変えてメッセージを送ることはできません。シンプルなメッセージしか送ることができないため、デザインなどで伝えたい内容を印象づけることができない、というデメリットがあります。

おすすめのSMS送信サービス9選の比較表

サービス名 特徴 料金
メディアSMS ・導入社数3500社以上の実績
・分かりやすいGUI
初期費用・月額利用料0円
(完全従量制)
Cuenote SMS ・万全のサポート体制
・セキュリティ対策も安心
初期費用・月額利用料0円
(完全従量制)
絶対リーチ!SMS ・導入実績4000社以上
・シンプルで使いやすい
プランにより異なる
SMSLINK ・顧客の要望をサービスに反映
・システム連携がしやすい
初期費用・月額利用料0円
1通8円~
Push!SMS ・万全なセキュリティ
・手厚いサポート体制
プランにより異なる
空電プッシュ ・大容量高速通信が可能
・充実したサポートが受けられる
サービス内容により異なる
(サポートは無料)
SMS送信IVR ・着信時のWebサイト誘導サービス
・データセンター複数拠点運用
初期費用200,000円~
月額利用料70,000円~
SMS Publisher ・シンプルで届きやすい
・様々な用途に利用できる
初期費用0円
月額利用料は従量課金制
カイクラ ・導入後のサポートが無料
・商談や契約はオンライン対応
初期費用161,000円~
月額利用料21,000円~
(1拠点あたり)

おすすめのSMS送信サービス9選

SNS送信サービス比較9選

今回はおすすめのSMS送信サービス9選を紹介します。

メディアSMS

メディアSMS

 

出典:https://media-sms.net/

株式会社メディア4uが提供するSMS送信サービス「メディアSMS」は、クラウドで利用でき、機能も豊富なサービスです。

ドコモやau、ソフトバンクと直接の接続をしているため、高い着信率や詳細な送信結果情報の連携が可能になっています。

また、サービスの利用形態に合わせてライトプラン、カスタムプラン、キャンペーンプランが用意されており、自社の利用量に合わせてコストを調整することが可能です。

契約後のアフターフォローも手厚く、最大2か月の無料お試し期間もあるため、安心して利用することができるでしょう。

主な機能

「メディアSMS」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 一斉配信
  • IVR連携
  • 国際送信
  • テンプレート機能
  • 管理機能
  • セキュリティ対策
  • ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルへの直収設計
  • 個人情報削除機能
  • 各種クラウドサービスとの連携

料金

「メディアSMS」は完全従量制を採用しており、初期費用は0円となっています。月額基本料も0円となっており、利用料はSMS送信サービスを使用した分だけ発生します。

Cuenote SMS

Cuenote SMS

 

出典:https://www.cuenote.jp/lp/

ユミルリンク株式会社が提供するSMS送信サービス「Cuenote SMS」は、法人企業向けのクラウド型SMS送信サービスです。

大手企業や自治体、官公庁などの導入実績が1900件以上となっており、信頼性の高いサービスです。大手通信事業者との直接接続により、SMSがより確実に届けたい相手に届く設計になっています。

本人確認や重要メッセージの通知、業務連絡など、利用方法は多岐にわたっています。

また、Webアンケートシステム「Cuenote Survey」と組み合わせることで、SMSを通じてアンケートを実施することが容易に可能です。顧客満足度や課題解決に繋がるアンケートを実施することができるでしょう。

期間限定で3か月間のSMS送信料が無料となるキャンペーンも実施されているため、ぜひ一度「Cuenote SMS」を確認してみてください。

主な機能

「Cuenote SMS」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 一斉・個別配信
  • IVR連携
  • 双方向SMS
  • テンプレート機能
  • API配信
  • 善配信ログ検索
  • 配信時間予約
  • 配信レポート機能
  • ワークエリア管理

料金

「Cuenote SMS」は、初期費用0円で月額使用料も0円となっています。従量課金制を採用しているため、SMSを送った分だけ費用が発生する仕組みになっています。

無料トライアルも相談すれば実施することが可能となっており、気軽にサービスを試すことができるでしょう。

絶対リーチ!SMS

絶対リーチ!SMS

出典:絶対リーチ!SMS

AI CROSS株式会社が提供するSMS送信サービス「絶対リーチ!SMS」は、業界最大手の法人向けSMS送信サービスです。

シンプルで使いやすいサービスであることが特徴で、利用形態に合わせて様々なプランが用意されています。本人確認やプロモーションなど、SMS送信サービスに求める内容に合わせてプランを選択することが可能です。

「絶対リーチ!SMS」ではHRサービスやAI分析サービスも展開されており、SMS送信サービスと組み合わせて活用することもできます。より高い利用効果を得ることができるでしょう。

主な機能

「絶対リーチ!SMS」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 一斉・個別配信
  • 双方向SMS
  • 予約配信
  • メッセージ送信ログ確認
  • 大手通信キャリア対応
  • 期間別レポート
  • 独自ドメイン対応
  • アカウント管理
  • 顧客データ管理

料金

「絶対リーチ!SMS」は利用形態に応じて様々なプランが用意されており、プランによって料金も変わってきます。初期費用や月額利用料が無料のプランも多いため、コストを抑えて利用できるサービスとなっています。

最もシンプルな「1-Wayプラン」の場合、初期費用0円でSMS送信サービスを利用開始することが可能です。100通までは無料で送信できるため、費用も抑えることができます。

プランによっては無料トライアル期間が設けられているプランもあり、SMS送信サービスを気軽に試すことができるでしょう。

SMSLINK

SMSLINK

出典:https://smslink.nexway.co.jp/

株式会社ネクスウェイが提供するSMS送信サービス「SMSLINK」は、業界最安値を目指すクラウド型SMS送信サービスです。

顧客の利用のしやすさを徹底的に追及しており、サービスの操作性や他のシステムとの連携、より使いやすくなる豊富なオプションなどが備わっています。

サービスがリリースされてから3年ほどで1000社以上の企業に導入されている実績もあり、サービスの信頼性も高くなっています。

初期費用や月額利用料が0円で、1通当たりの値段も他の企業より安くなっており、コスト面でも人気のSMS送信サービスです。

主な機能

「SMSLINK」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 一斉・個別配信
  • 大手通信キャリアへの対応
  • IVR連携
  • 最大660文字のメッセージを1メッセージで送信可能
  • 端末認証
  • テンプレート
  • URLクリック状況管理
  • URL短縮機能
  • アンケート作成
  • 発信源番号
  • 送信停止機能
  • 誤送信防止機能
  • ファイルアップロード可能

料金

「SMSLINK」では、初期費用も月額利用料も0円となっており、コストが抑えやすく企業に優しい料金体系です。メッセージ1通当たりの費用も8円~(有料オプションやSMS送信量により異なる)となっており、嬉しい料金設定となっています。

Push!SMS

Push!SMS

出典:https://www.jintec.com/lp/

株式会社ジンテックが提供するSMS送信サービス「Push!SMS」は、銀行をはじめとした700社以上の企業に利用される安心のSMS送信サービスです。

クラウドでのサービス提供を行っているため、Web上で簡単に操作することができる、使いやすいSMS送信サービスです。送信先のキャリアを選ばずにSMS送信を行うことができ、効率的にSMSでメッセージを送信することができます。

セキュリティ対策を万全としているため、銀行をはじめとしたセキュリティが重要視される企業にも導入されているサービスです。実績があるため、安心してSMS送信サービスを利用することができるでしょう。

また、SMS送信サービスで利用するオリジナルのランディングページを簡単に作成することができる機能やAPI連携など、様々な機能もついています。

主な機能

「Push!SMS」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • メッセージ文字数(ドコモ・楽天モバイル:660文字、au:670文字、ソフトバンク:333文字)
  • 一括・個別送信
  • Webページ作成機能
  • Webページ効果測定
  • 予約配信機能
  • 特定キャリア配信機能
  • 送信元電話番号表示機能
  • 受信拒否設定機能
  • URL短縮機能
  • 万全なセキュリティ対策
  • API接続
  • 誤配信防止機能

料金

初期費用161,000円~で、月額利用料21,000円~で利用できます。

空電プッシュ

空電プッシュ

出典:https://www.karaden.jp/

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供するSMS送信サービス「空電プッシュ」は、大容量高速配信が可能なSMS送信サービスです。

提供会社が独自に開発した正確なキャリア判定や通信を最適化する技術を用いて、高い到達率を実現しています。SMS送信サービスの機能も豊富なため、利用の目的に合ったサービスを受けやすくなっています。

導入検討時から営業担当者が専門担当として1名ついてくれるため、分からないことがあってもすぐに相談することが可能です。

また、システムについては24時間365日で監視されているため、万が一サービス利用に関して不具合が発生したとしても、安心してサポートを受けることができるでしょう。

主な機能

「空電プッシュ」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 直感的なUI
  • API連携
  • IVR連携
  • 送信元番号指定
  • 携帯番号履歴判定
  • 短縮URL機能
  • 双方向SMS
  • 承認機能
  • 送信予約機能
  • 差し込み機能
  • 再送機能
  • LINE連携送信

料金

「空電プッシュ」の料金はプランにより異なりますが、導入サポート・運用サポート・障害サポート・API連携サポートなど、サポートに関する料金は基本的に無料となっています。

SMS送信IVR

SMS送信Web

出典:https://www.dhk-net.co.jp/service/sms-web/

株式会社電話放送局が提供するSMS送信サービス「SMS送信IVR」は、お客様からの電話があった際にWebサイトへ誘導するためのSMS送信サービスです。

お客様からの着信時に自動音声でSMS送信の対応ができ、お客様対応の手段を増やすことができます。電話よりWebサイトの方が伝えやすい内容や対応しやすい事柄の場合、とても役に立つサービスとなっています。

SMS送信が必要な電話がかかってきた場合、サービスが自動で対応してくれるため、業務効率化することが可能です。コールセンターのコストなどを削減できます。

主な機能

「SMS送信IVR」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • Web管理画面提供
  • レポート提供
  • 複数通信キャリア対応
  • 用件振分
  • コールバック受付
  • 固定電話からの受付
  • 自動受付&SMS
  • 多拠点運用
  • 音声合成

料金

「SMS送信IVR」の料金は、初期費用200,000円~、月額費用70,000円~となっています。

月額費用は月に1000件までのメッセージを送る場合の料金となっており、1001件目からは着信ごとにSMS1通あたり15円の従量課金制となっています。

SMS Publisher

SMS Publisher

出典:https://emberpoint.com/mailpublisher/sms/

エンバーポイント株式会社が提供するSMS送信サービス「SMS Publisher」は、幅広い用途で利用することができるクラウド型のSMS送信サービスです。

簡単な操作でSMS送信を実施することができ、送ったSMSの到達率も高くなっています。

また、機能も豊富なため、様々な用途で利用することが可能です。本人確認やリマインド、メールマーケティングなど、サービスの活用方法がたくさんあります。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのセンター直収設計となっているため、セキュリティ対策も万全です。安心してサービスを利用することができます。

主な機能

「SMS Publisher」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 長文SMSサービス
  • 短縮ドメイン選択機能
  • 送信元番号追加・修正
  • 他人判定サービス
  • ドコモ送信元半角英数字利用機能
  • キャリア判別機能
  • 個人情報自動削除機能
  • 個人情報非表示機能
  • テスト送信制御機能
  • 双方向SMS

料金

「SMS Publisher」の料金は、初期費用0円となっています。SMS配信の仕方や量に応じてプランが異なり、プランごとに月額利用料は変化します。

また、月額利用料は従量課金制です。SMS送信サービスを使用した分だけ月額利用料が発生します。

カイクラ

カイクラ

出典:https://kaiwa.cloud/

株式会社シンカが提供するSMS送信サービス「カイクラ」は、電話業務効率化ツールで、サービスの1つとしてSMS送信サービスが提供されています。

リマインドや重要情報の連絡などをSMS送信サービスで予約送信や一括送信することができるため、業務を効率化することができます。

また、SMSの送信履歴を確認できるため、お客様から「SMSを見て電話しました」という連絡があった場合、すぐに内容を把握することが可能です。

主な機能

「カイクラ」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • SMS送信
  • 顧客情報管理
  • 送信履歴確認
  • 宛先CSV取込み
  • 予約配信

料金

「カイクラ」の料金は、初期費用が161,000円、月額費用が21,000円となっています。なお、「カイクラ」の料金は1拠点当たりの料金となっており、同じ拠点の利用であれば、何人利用した場合も同じ料金で利用することができます。

SMS送信サービスの比較まとめ

SNS送信サービス比較まとめ

今回の記事では、SMS送信サービスを比較する際に注意するべきポイントや、SMS送信サービスのメリット・デメリットについてお伝えしました。

SMS送信サービスは到達率や開封率の高さから主要な連絡手段として現代で利用されています。利用することを検討している場合は、SMS送信サービスを利用する目的を明確にし、コストや機能面で比較検討することが重要です。

SMS送信サービスが気になった方は、ぜひ今回紹介した人気のSMS送信サービスについて確認してみてください。