【2022年最新】無料のおすすめ電子契約システム15選を徹底比較|選び方まで解説

無料の電子契約システムを知りたい!
電子契約システムはどう選んだらいいの?

このように考えていませんか?

テレワークが広がる現在、電子契約システムが注目を集めています。

しかし、電子契約システムは数が多いため、どれを選んだら良いかわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではおすすめの電子契約システムについて詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「無料の電子契約システム」ざっくり言うと
  • 電子契約システムとは契約をオンライン上で簡潔できるシステムのこと
  • おすすめの電子契約システムはクラウドサインなど
  • 電子契約システムの選び方はセキュリティ性能など
  • 電子契約システムのメリットは契約締結がスムーズになることなど
  • 無料の電子契約システムのデメリットは契約数に制限がある場合があることなど

電子契約_ボタン

\おすすめの電子契約システムが気になる方はこちら/

電子契約サービス比較15選|電子契約とは?目的別のおすすめまで徹底解説

目次

電子契約システムとは?

電子契約システム_無料_とは
電子契約システムとは契約をオンライン上で簡潔できるシステムのことです。

インターネット上で署名捺印やタイムスタンプの付与が可能であるため、紙で契約書を作成したり、印鑑を用意したりする必要がありません。

そのため、テレワークでも気軽に契約ができるシステムと言えるのです。

電子契約システムでは、契約ができるのはもちろん、契約書を保管したり検索したりすることも可能です。

【無料】おすすめの無料電子契約システムの比較表

電子契約システム_無料_比較表
この記事では15個のおすすめ電子契約システムを紹介します。

15個の電子契約システムの特徴を比較表にすると以下のようになります。

サービス名 テンプレート機能 原本管理機能 システム連携 料金
クラウドサイン 月額10,000円~
電子印鑑GMOサイン API連携 0円~
BtoBプラットフォーム契約書 API連携 0円~
AdobeSign API連携 月額1,518円~
freeeサイン API連携 月額4,980円~
e-sign 0円
みんなの電子署名 月額11円(1文書あたり)
セコムあんしん電子契約サービス 初期費用55,000円
月額22,000円
DocuSign API連携 月額10ドル~
WAN-Sign API連携 月額0円~
FASTSIGN 月額11,000円~
ジンジャーサイン API連携 初期費用50,000円~
月額8,700円~
Meeepa 月額0円~
マネーフォワード クラウド契約 API連携 月額2,980円
リーテックスデジタル契約 API連携 月額10,000円~

【無料】おすすめの電子契約システム15選

電子契約システム_無料_システム
おすすめの無料電子契約システムは主に以下の15個です。

それぞれの電子契約システムについて詳しく見ていきましょう。

弁護士ドットコム株式会社「クラウドサイン」

電子契約システム_無料_クラウドサイン出典:クラウドサイン

弁護士ドットコム株式会社「クラウドサイン」は日本最大級の知名度を誇る電子契約システムです。

弁護士が監修しているため、最新の法令にも完全対応しています。

セキュリティ性能も高く、操作しやすさにも定評があります。

初期費用は無料になっています。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携
料金 月額10,000円~

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社「電子印鑑GMOサイン」

電子契約システム_無料_GMO出典:電子印鑑GMOサイン

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社「電子印鑑GMOサイン」は効率的な機能が魅力的な電子契約システムです。

電子認証局によって発行された電子証明書で署名することが可能になっています。

多言語対応で4ヶ国語に対応しているため、グローバル企業にも最適です。

お試しフリープランでは無料で機能を試すことが可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 0円~

株式会社インフォマート「BtoBプラットフォーム契約書」

電子契約システム_無料_BtoB

出典:BtoBプラットフォーム契約書

株式会社インフォマート「BtoBプラットフォーム契約書」は本人確認が厳密な業界でも利用しやすいのが魅力的な電子契約システムです。

契約締結の正しさを証明するために、タイムスタンプはもちろん、ブロックチェーンまで用いられています。

お試しプランを無料で利用することが可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 0円~

アドビ株式会社「AdobeSign」

電子契約システム_無料_Adobe

出典:AdobeSign

アドビ株式会社「AdobeSign」は国内外で幅広く導入されている電子契約システムです。

14日間の無料トライヤルを実施しています。

ちなみに、同社のAdobe Acrobat DCを用いれば、契約書の承認作業を効率化することが可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 月額1,518円~

freee株式会社「freeeサイン」

電子契約システム_無料_freee

出典:freeeサイン

freee株式会社「freeeサイン」は低料金で利用できるのが魅力的な電子契約システムです。

ただ契約を締結できるだけでなく、契約書のレビューや承認までクラウド上で完結させることが可能です。

アクセス制御を行い、データは暗号化されるため、セキュリティ性能も万全の体制になっています。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 月額4,980円~

xID株式会社「e-sign」

電子契約システム_無料_esign

出典:e-sign

xID株式会社「e-sign」は完全無料で使えるのが特徴的な電子契約システムです。

毎月の契約可能数も無制限になっています。

無料であることもあり、機能は少ないですが、最低限、電子契約システムを導入したいなら試してみるのも良いでしょう。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携
料金 0円

株式会社ベクター「みんなの電子署名」

電子契約システム_無料_みんなの

出典:みんなの電子署名

株式会社ベクター「みんなの電子署名」は基本料が完全無料の電子契約システムです。

1年以上文章を保管する料金のみ発生する仕組みになっています。

AATL証明書で簡単に電子署名が有効か検証できます。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携
料金 月額11円(1文書あたり)

セコムトラストシステムズ株式会社「セコムあんしん電子契約サービス」

電子契約システム_無料_セコム

出典:セコムあんしん電子契約サービス

セコムトラストシステムズ株式会社「セコムあんしん電子契約サービス」はホームセキュリティのセコムが提供している点が安心の電子契約システムです。

ただ電子契約ができるだけでなく、締結状況を管理したり、文章を検索したりできます。

30日間の無料お試しサービスも存在するので、気軽に試すことが可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携
料金 初期費用55,000円
月額22,000円

DocuSign.Inc「DocuSign」

電子契約システム_無料_DocuSign

出典:DocuSign

DocuSign.Inc「DocuSign」はアメリカ発祥の電子契約システムです。

世界中の66万社以上で利用されているシステムです。

基本的な機能はもちろんすべて搭載されており、日本独自の印象捺印機能もついています。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 月額10ドル~

株式会社ワンビシアーカイブズ「WAN-Sign」

電子契約システム_無料_WAN

出典:WAN-Sign

株式会社ワンビシアーカイブズ「WAN-Sign」は豊富な文書管理実績から生まれた電子契約システムです。

信頼性が高いのが特徴で、セキュリティ性能を上げるさまざまな機能が標準で装備されています。

電子契約にとどまらず、紙の契約書も含めて一元管理することが可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 月額0円~

株式会社マルジュ「FASTSIGN」

電子契約システム_無料_FAST

出典:FASTSIGN

株式会社マルジュ「FASTSIGN」はWeb面接ツールのオプションとして利用できるツールです。

採用場面、商談場面などで発生しがちな契約業務をまとめて効率化できます。

契約の締結後に料金が発生するため、契約が成立しなかった場合にはお金がかからず、リーズナブルな利用が可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携
料金 月額11,000円~

jinjer株式会社「ジンジャーサイン」

電子契約システム_無料_ジンジャー

出典:ジンジャーサイン

jinjer株式会社「ジンジャーサイン」は同社のさまざまなシステムとの連携が魅力的な電子契約システムです。

セキュリティ性能も高くなっており、SSL/TLSを使った暗号通信を搭載しています。

もちろん、電子署名やタイムスタンプも対応可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 初期費用50,000円~
月額8,700円~

TDCソフト株式会社「Meeepa」

電子契約システム_無料_Meeepa

出典:Meeepa

TDCソフト株式会社「Meeepa」は電子契約だけでなく、受発注から請求や精算まで幅広くカバーできるシステムです。

特徴的な機能としてフレンド機能を搭載しており、新規開拓や取引先とのやりとりに役立ちます。

無料トライアル会員やレギュラー会員は無料で利用することが可能です。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携
料金 月額0円~

マネーフォワード株式会社「マネーフォワード クラウド契約」

電子契約システム_無料_マネーフォワード

出典:マネーフォワード クラウド契約

マネーフォワード株式会社「マネーフォワード クラウド契約」はオンライン上で電子契約だけでなく、申請と承認まで行えるシステムです。

低コストで利用できる点が好評で、初期費用は無料に設定されています。

マネーフォワードが提供している他のサービスとの連携も魅力的ですね。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 月額2,980円

リーテックス株式会社「リーテックスデジタル契約」

電子契約システム_無料_リーテックス

出典:リーテックスデジタル契約

リーテックス株式会社「リーテックスデジタル契約」は電子契約と電子記録債権を活用することで、契約の有効性を担保しているサービスです。

法的安全性が高度に保証されているため、安心して利用することができます。

具体的には、タイムスタンプや電子署名はもちろん、本人確認、記録事項証明書の発行などに対応しています。

テンプレート機能
原本管理機能
システム連携 API連携
料金 月額10,000円~

無料の電子契約システムの選び方

電子契約システム_無料_選び方
無料の電子契約システムを選ぶポイントは主に以下の10個です。

それぞれの選び方について詳しく見ていきましょう。

選び方①:セキュリティ性能が高いか

電子契約システム_無料_セキュリティ性能
無料の電子契約システムの選び方としてまず挙げられるのは、セキュリティ性能が高いかです。

契約は重要な意味を持ちますので、外部に漏洩してしまったり、第三者に改ざんされたりしては会社の信用に深刻な影響を与えてしまいます。

セキュリティ性能を高めるためにどのような工夫を行っているか確認してみましょう。

選び方②:既存システムとの連携性能

電子契約システム_無料_連携性能
無料の電子契約システムの選び方としては、既存システムとの連携性能も挙げられます。

契約業務はただ契約書に署名捺印するだけではありません。

たとえば、社内で承認を得る必要がある機会も多いのではないでしょうか。

電子契約システムに承認機能が搭載されていない場合には、他システムと連携する必要があります。

選び方③:ワークフロー機能の有無

電子契約システム_無料_ワークフロー
無料の電子契約システムの選び方としては、ワークフロー機能の有無も挙げられます。

ワークフロー機能とは、社内での承認をスムーズに行うための機能です。

ワークフロー機能があれば、契約をより効率的に交わすことができるでしょう。

選び方④:トータルコスト

電子契約システム_無料_トータルコスト
無料の電子契約システムの選び方としては、トータルコストも挙げられます。

無料プランから有料プランに移行する時、料金の詳細を確認しておきましょう。

電子契約システムは月額制で一定料金の場合もありますが、契約書を送るたびに課金されるシステムの場合もあるからです。

選び方⑤:テンプレート機能

電子契約システム_無料_テンプレート
無料の電子契約システムの選び方としては、テンプレート機能も挙げられます。

契約書を毎回1から作成するのは手間ですから、テンプレートが用意されていると便利です。

テンプレート機能がある電子契約システムならより効率的に契約できるでしょう。

選び方⑥:立会人型か当事者型か

電子契約システム_無料_立会人型
無料の電子契約システムの選び方としては、立会人型か当事者型かも挙げられます。

立会人型とは、電子契約サービス側が用意した電子証明書で押印し、さらに本人確認を行うシステムのことです。

当事者側とは、利用者が事前に電子認証局で取得した電子証明書を用いて押印するパターンです。

選び方⑦:どの機能が必要か

電子契約システム_無料_機能
無料の電子契約システムの選び方としては、どの機能が必要かも挙げられます。

電子契約システムの中には、ワークフローなど別の機能が付帯しているものも多いです。

自社に必要な機能が搭載されている電子契約システムを選ぶと良いでしょう。

選び方⑧:1ヶ月あたりの契約書数

電子契約システム_無料_契約書数
無料の電子契約システムの選び方としては、1ヶ月あたりの契約書数も挙げられます。

電子契約システムでは1ヶ月あたりに何件の契約書を書けるかで料金が決められている場合が多いです。

自社の状況を踏まえながら、どのプランがお得か比較すると良いでしょう。

選び方⑨:運営会社の持続可能性

電子契約システム_無料_持続可能性
無料の電子契約システムの選び方としては、運営会社の持続可能性も挙げられます。

システム全般に言えることですが、運営会社がサービスを終了してしまうと利用できなくなってしまいます。

電子契約システムでは契約書データの管理を運営会社に任せるので、できるだけ長期間運営できるサービスを選ぶのが得策です。

選び方⑩:簡単に署名捺印できるか

電子契約システム_無料_署名捺印
無料の電子契約システムの選び方としては、簡単に署名捺印できるかも挙げられます。

電子契約システムでは効率的に契約業務をこなせるのですから、署名捺印も簡単だと助かります。

どのように署名捺印するのか確かめておくのが大切です。

無料の電子契約システムのメリット

電子契約システム_無料_メリット
無料の電子契約システムを利用するメリットとしては、主に以下の4つが挙げられます。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:契約締結がスムーズになる

電子契約システム_無料_契約締結
無料の電子契約システムのメリットとしてまず挙げられるのは、契約締結がスムーズになることです。

紙での契約の場合、双方が対面で会うか、郵送するかしなければなりません。

わざわざ印鑑を用意する手間もありました。

しかし、電子契約システムではオンライン上ですべてのやり取りが完結するため、テレワークでも簡単に契約を締結できるのです。

メリット②:承認フローが効率化する

電子契約システム_無料_承認フロー
無料の電子契約システムのメリットとしては、承認フローが効率化することも挙げられます。

ワークフロー機能が付属している電子契約システムの場合には、契約書の承認も簡単な操作で実現できます。

これにより、スピーディーな契約が可能になるのです。

メリット③:コスト削減になる

電子契約システム_無料_コスト削減
無料の電子契約システムのメリットとしては、コスト削減になることも挙げられます。

電子契約システムを使えば、紙の印刷代もかかりませんし、契約書を紙で保存する保管コストもかからないからです。

効率的に契約を締結でき、従業員が別の業務に時間を割けるため、間接的に人件費の効率化にもつながります。

メリット④:リスクの軽減

電子契約システム_無料_リスク
無料の電子契約システムのメリットとしては、リスクの軽減も挙げられます。

紙での契約では保管していた契約書が紛失したり、盗難されたりする可能性がありました。

しかし、電子契約システムにはその心配がないのです。

無料の電子契約システムのデメリット

電子契約システム_無料_デメリット
無料の電子契約システムのデメリットとしては主に以下の3つが挙げられます。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:契約数に制限がある場合も

電子契約システム_無料_契約数
無料の電子契約システムのデメリットとしてまず挙げられるのは、契約数に制限がある場合もあることです。

一般的に、電子契約システムはプランごとに月あたりの契約数が決められています。

無料プランで利用していても、契約数が多くなってくるとプランをアップグレードする必要性が出てくるのです。

デメリット②:便利機能が使えない場合も

電子契約システム_無料_便利機能
無料の電子契約システムのデメリットとしては、便利機能が使えない場合もあることも挙げられます。

無料プランでは機能制限が行われ、一部の機能しか利用できない場合があります。

デメリット③:運用開始までに時間がかかる

電子契約システム_無料_時間
無料の電子契約システムのデメリットとしては、運用開始までに時間がかかることも挙げられます。

電子契約システムを導入する時には、社内や取引先に説明する必要があるため、導入には一定の時間がかかります。

スムーズに導入できるよう、サポートが手厚いサービスだと心強いですね。

無料の電子契約システムのまとめ

電子契約システム_無料_まとめ
電子契約システムとは契約をオンライン上で簡潔できるシステムのことです。

無料のおすすめの電子契約システムは以下のとおりです。

それぞれの電子契約システムの特徴を比較表にすると以下のとおりになります。

テンプレート機能 原本管理機能 システム連携 料金
クラウドサイン 月額10,000円~
電子印鑑GMOサイン API連携 0円~
BtoBプラットフォーム契約書 API連携 0円~
AdobeSign API連携 月額1,518円~
freeeサイン API連携 月額4,980円~
e-sign 0円
みんなの電子署名 月額11円(1文書あたり)
セコムあんしん電子契約サービス 初期費用55,000円
月額22,000円
DocuSign API連携 月額10ドル~
WAN-Sign API連携 月額0円~
FASTSIGN 月額11,000円~
ジンジャーサイン API連携 初期費用50,000円~
月額8,700円~
Meeepa 月額0円~
マネーフォワード クラウド契約 API連携 月額2,980円
リーテックスデジタル契約 API連携 月額10,000円~

無料の電子契約システムの選び方は以下のとおりです。

無料の電子契約システムのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
無料の電子契約システムのデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

電子契約システムはどんな会社でも効率化に役立ちます。

ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

\おすすめの電子契約システムが気になる方はこちら/

電子契約サービス比較15選|電子契約とは?目的別のおすすめまで徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です