【2024年最新】ホームページ制作ツールのおすすめ20選!有料・無料のツールの違いもご紹介

Homepage (1)

「ホームページ制作ツールのおすすめが知りたい」
「ホームページ制作ツールの無料・有料の違いが知りたい」

上記のように考えている方には、この記事がおすすめです。

自作ホームページを制作したいと思いつつ、どのツールを利用すれば良いのか悩んでいる方、自分で本当に作れるのか不安を感じている方は多いでしょう。

この記事では、「ホームページ制作ツールのおすすめ20選から選び方」まで詳しく解説していきます。

「ホームページ制作のおすすめ」をざっくり言うと
  • 無料版と有料版がある
  • ネットショップに特化したタイプもある
  • テンプレートで簡単に制作できる
  • HTMLやCSSの知識は不要

そもそもホームページ制作ツールとは

Homepage (2)

ホームページ制作ツールとは、難しい知識がなくても自分でホームページが作られるツールのことです。

ブログ運営やネットショップ、ランディングページなど様々なホームページが制作可能で商品やサービスの販売まで自分で構築できます。

この項目では、ホームページ制作ツールの概要をご紹介します。

無料版と有料版がある

ホームページ制作ツールには、導入から運用まで無料で出来るタイプと有料なタイプがあります。

無料版は一部機能制限されている場合も多いですが、気軽にホームページが作成でき、売上が発生しなくても損をすることはありません。

一方、有料版は費用コストはかかるものの、豊富なテンプレートとデータ分析まで可能な多彩な機能を搭載しています。

どちらも良い面悪い面があるため、自身のホームページビジョンにより最適なタイプが異なるでしょう。

無料版が向いている人

無料版のホームページ制作ツールは、コストをかけず手軽に利用できるため、一度もホームページを作ったことが無い方におすすめです。

機能制限はあるものの、直感的な操作でホームページ運用のノウハウが学べるため、学習という意味でもおすすめです。

一方で、無料版でもオシャレなデザインが作れるため、そのまま運用も十分可能でしょう。

有料版が向いている人

有料版のホームページ制作ツールは、過去にホームページの作成経験がある方におすすめです。

無料版では自由度が低く、自身が理想とするサイト設計ができない方と相性が良く、コストはかかりますがよりオリジナリティ溢れるホームページに仕上がります。

明確な制作ビジョンがある方、データ分析しながらマーケティング戦略を駆使して本格的な運用を考えてたい方には最適でしょう。

HTMLやCSSなどの知識は必要?

高度なカスタマイズを求めない限り、ホームページ制作ツールではHTMLやCSSと言った知識は不要です。

ベースとなるデザイン設計や編集は、テンプレートもしくは各種パーツのドラッグアンドドロップで行えます。

そのため、専門的な知識がなくても直感的にオシャレなホームページが制作できるでしょう。

無料のおすすめホームページ制作ツール10選を一覧表で比較

Homepage (3)

コストをかけずにホームページ制作を行いたい方は、以下の無料ホームページ制作ツールから特徴を比較して、いくつかピックアップすると良いです。

ツール名 特徴
WordPress ・世界中に利用者がいる
・初心者でも扱いやすい
Ameba Ownd ・サイバーエージェントが提供
・連携性が高い
Jimdo ・オンラインショップ向き
・SNSと連携可能
Wix ・豊富なテンプレート
・アニメーションも活用できる
Google Sites ・Googleアカウントで使える
・Googleスライドに近い操作性
ペライチ ・簡単操作
・テンプレートが豊富
BASE ・ネットショップ向き
・独自ドメインが無料で取得できる
STORES ・ネットショップからECサイトまで対応
・予約販売や定期販売にも対応
Weebly ・テンプレートが豊富
・自由度も高い
STUDIO ・デザインフォーマットが豊富
・カスタマイズ性が高い

上記の中でも特に「WordPress」はおすすめです。

WordPressは無料ホームページ制作ツールの中でも、最も利用者が多く知名度も高いです。

無料のデザインテーマが豊富にあり、簡単操作で自分好みなデザインやデザイン配置に切り替えられるため、初めてホームページを作る方でも安心です。

ネット上でも多くの情報が取得できるため、操作で分からない点に関する情報も簡単に入手できます。

サーバーとドメイン代はかかりますが、手軽に本格的なホームページを制作したい方には最適なツールでしょう。

無料のおすすめホームページ制作ツール10選を解説

Homepage (4)

この項目では、一覧表でご紹介した無料ホームページ制作ツールを1つずつ解説していきます。

無料のおすすめホームページ制作ツール10選を解説

WordPress

Homepage (1)

出典:https://ja.wordpress.org/

WordPressは、世界でも最も利用されている無料ホームページ制作ツールです。

自身のサイトアドレスとなるドメイン、サーバーさえあれば無料で利用でき、直感的な操作でデザイン編集まで行えます。

WordPressは無料ホームページ制作ツールの中でも、最も利用者が多く知名度も高いです。

初心者でも扱いやすい操作性とデザイン性に加え、有料デザインテーマやCSSによるカスタマイズができるため、自由度の高さもWordPressの良い所でしょう。

無料のデザインテーマが豊富にあり、簡単操作で自分好みなデザインやデザイン配置に切り替えられるため、初めてホームページを作る方でも安心です。

サーバーとドメイン代はかかりますが、手軽に本格的なホームページを制作したい方には最適なツールでしょう。

Ameba Ownd

Homepage (2)

出典:https://www.amebaownd.com/

Ameba Owndは、アメブロでも馴染みのあるサイバーエージェントが提供するツールです。

標準で簡単なアクセス解析機能が搭載されているため、投稿した記事やコンテンツの注目度や改善点を確認しながらホームページ運営ができます。

また、アメブロはもちろん簡単にオンラインショップが作れるBASEなど、多数のサービスと連携できる柔軟性があります。

WordPressに比べてカスタマイズ性は劣りますが、スマホからでも簡単にホームページ編集が可能な点は大きなメリットです。

そのため、スマホ操作でホームページを制作したい方にもおすすめです。

Jimdo

Homepage (3)

出典:https://www.jimdo.com/jp/

Jimdoは、無料でオンラインショップまで展開できるホームページ制作ツールです。

無料プランだと出品数は5点までと少なめですが、手軽にオンラインショップまで展開できる点は嬉しい所です。

またLINEやTwitterをはじめ、18種類以上のSNSと連携できるため、自身のSNSアカウントを絡めた包括的な運営が可能です。

読者も自身のSNSで共有しやすくなるため、拡散性も期待できますね。

無料プランは180日以上管理者ログインがないと閉鎖されてしまうため、お試しで無料プランから利用し、気に入った場合は有料プランに切り替えると良いでしょう。

Wix

Homepage (4)

出典:https://ja.wix.com/

Wixは、搭載されたテンプレートからホームページを制作できるツールで、難しい知識が無くても安心です。

また、ホームページ開設後はWix上でアプリをインストールするだけで、オンラインサービスの予約機能、チャット機能など様々な追加機能が追加できる点は魅力ですね。

ホームページ制作において、これらの追加機能の搭載は手間や時間がかかりますが、Wixであればアプリインストールだけで簡単に行えます。

ホームページ内にアニメーションも活用できるため、気になる方は1度利用してみると良いでしょう。

Google Sites

Homepage (5)

出典:https://www.makeleaps.jp/resources/articles/how-to-use-google-site/

Google Sitesは、Googleアカウントさえあれば誰でも無料でホームページが制作できるツールです。

無料ながら容量無制限となっており、編集履歴がGoogleドライブに保存されるため、バックアップ面においても優秀です。

編集画面がGoogleが提供するGoogleスライドと似ており、普段からGoogleのクラウドサービスを利用している方にとっては、馴染みな操作性で利用できるでしょう。

編集はGoogle ChromeやFirefoxなど一部ブラウザに限定されますが、簡単操作で直感的にホームページが作れるためおすすめです。

ペライチ

Homepage (6)

出典:https://peraichi.com/

ペライチは、無料ホームページ制作ツールの中でも、特に簡単操作でホームページ制作できるツールとして人気があります。

テンプレートにいくつかのテキストと画像を選択するだけで完了するため、自分でホームページ制作ができるか不安を感じている方でも安心です。

無料プランでは作成できる記事数が限られますが、基点となるページをいくつか制作したいのであれば無料プランでも十分です。

カスタマイズ性を求めるなら有料プランからとなりますが、気軽にホームページ制作できる点はやはり魅力でしょう。

BASE

Homepage (7)

出典:https://baseu.jp/

BASEは、ネットショップの開設に特化したホームページ制作ツールで、多彩なテンプレートから商品、サービスにあったデザインが選べます。

誰でも分かる簡単操作に加え、独自ドメインが無料で取得できる点もユーザー評価が高いポイントです。

新規でネットショップを開設するならBASEというイメージがあるほど、副業から事業者まで幅広く愛用されています。

売買成約時の販売手数料や決済手数料はかかりますが、外さないツールとしておすすめです。

STORES

Homepage (8)

出典:https://stores.jp/ec

STORESは、ネットショップからECサイトの構築まで対応しています。

販売機能や決済方法は無料で全て利用でい、パソコンだけでなくスマホからでも気軽にデザイン編集できる点も魅力です。

また、販売機能では予約や定期販売にも対応しているため、自身の商品やサービスに合わせた最適な販売手法が展開できます。

テンプレートが豊富に用意されているため、HTMLやCSSの知識がなくてもオシャレなホームページが制作できるでしょう。

Weebly

Homepage (9)

出典:https://www.weebly.com/?lang=ja_JP

Weeblyは、多数のテンプレートからホームページ制作初心者が簡単にデザイン切開が可能なツールです。

もちろんGTMLやCSSにより自由にデザイン編集できるため、本格的なサイト設計も可能です。

無料ツールでありながら、基本的なSEO対策を行ってくれるため、制作したホームページからの大きな集客も見込めるでしょう。

一方で、マニュアルやサポートが英語対応なため、英語が分からない方には扱いにくいかもしれません。

とはいえ、SEO対策までカバーしてくれる点は大きなメリットなため、興味がある方は試してみると良いでしょう。

STUDIO

Homepage (10)

出典:https://studio.design/ja

STUDIOは、デザインフォーマットの自由度が高く、完全オリジナルなホームページが制作できます。

テンプレート依存のホームページではなくオリジナリティを求められるだけでなく、難しいコードの知識は必要ない、直感的な操作性もユーザー評価が高いです。

一方で、デザインに優れた無料テンプレートもあるため、テンプレートベースで制作したい方のニーズもカバーしているのは嬉しいところです。

その他の無料ホームページ制作ツールでは、自由度が足りないと感じる方には最適でしょう。

有料のおすすめホームページ制作ツール10選を一覧表で比較

Homepage (5)

自由度とクオリティを求める方は、以下の有料ホームページ制作ツールから特徴を比較して、いくつかピックアップすると良いです。

ツール名 価格 特徴
Movable Type 月額料金:5,000円~ ・Wordpressに似た操作性
・ページ表示速度が速い
Goope 月額料金:2,970円~ ・テンプレートが豊富
・サポートが充実
PAGEKit 月額料金:1,466円~ ・累計19,000人以上の利用者
・データ解析可能
HubSpot CMS 月額料金:3,000円~ ・マーケティングに特化
・ABテスト機能搭載
おちゃのこさいさい 月額料金:935円~ ・店舗業態に最適
・クーポン発行可能
MOSH 問い合わせが必要 ・個人向けツール
・予約や決済機能も搭載
カラーミーショップ 月額料金:4,950円~ ・ECサイト向け
・オプション機能が豊富
MakeShop 月額料金:11,000円~ ・ECサイト向け
・GMOが提供
ferretOne 月額料金:100,000円~ ・マーケティングに強い
・LP制作にも対応
Square 月額料金:1,200円~ ・決済システムが豊富
・データ解析機能を搭載

上記の中でも特に「Goope」はおすすめです。

Goopeは、4,000種類以上のテンプレートから自身のサービスや業種に合わせて、最適なホームページが制作できます。

テンプレートをベースに、フォントや色味を変えるだけで閲覧者にとっても分かりやすく、専門性の高いホームページが制作できます。

月額料金も比較的抑えめなため、サポート面含めて充実しているためおすすめです。

有料のおすすめホームページ制作ツール10選を解説

Homepage (6)

この項目では、一覧表でご紹介した有料ホームページ制作ツールを1つずつ解説していきます。

有料のおすすめホームページ制作ツール10選を解説

Movable Type

Homepage (11)

出典:https://www.movabletype.jp/

Movable Typeは、複数ホームページを一括管理できるツールで、料金は月額料金5,000円~もしくは90,000円~となるソフトウェア版もあります。

基本操作は無料ホームページ制作ツールでもご紹介したWordPressに似ていますが、ページ表示速度がより速い傾向にあります。

ページ表示速度は閲覧者がページから離れる割合を減らす効果があるため、より自身のホームページに興味を持ってもらえる人数が増える効果が期待できます。

また、独自のMTタグという機能が搭載されており、運営スタイルに合わせたカスタマイズがしやすい点も魅力でしょう。

Goope

Homepage (12)

出典:https://goope.jp/

Goopeは、業種やジャンルごとに分けられた豊富なテンプレートが魅力で、月額料金は2,970円~利用できる有料ホームページ制作ツールです。

テンプレートは4,000種類以上搭載されているため、フォントや色味などを変更するだけで、本格的かつ専門的なホームページが作れます。

またGoopeのサポートページでは、ホームページのロゴ作成やデザイン編集などの外注もできるため、知識がない方でも安心して運用できます。

有料テンプレートもありますが多くは無料なため、手軽に本格ホームページを作りたい方には最適でしょう。

PAGEKit

Homepage (13)

出典:https://www.p-kit.com/

PAGEKitは、これまで19,000人以上の方の利用実績を持ち、サービス開始から約20年のキャリアを持つ信頼度の高いホームページ制作ツールです。

月額料金は1,466円~となっており、最短15秒でホームページ制作ができる手軽さも魅力です。

ページ制作においてテキストや画像挿入位置などが規定されたテンプレートが多数あり、簡単ステップで開設できます。

加えて、アクセス解析ツールが搭載されているだけでなく、スマホでも編集可能なため、スキマ時間で作業できる点も魅力でしょう。

HubSpot CMS

Homepage (14)

出典:https://www.hubspot.jp/products/cms/website-creator

HubSpot CMSは、マーケティングに特化した有料ホームページ制作ツールで、月額料金は3,000円~となっています。

より効果的なページ作成に必要なABテスト機能やレポート機能など、集客に重要となる機能が豊富に搭載されているため、戦略的な運営が可能です。

また、作成ページにアクセスした利用者の動向を確認できる顧客管理機能があり、ページ内のどのコンテンツが魅力的なのか簡単に把握できます。

そのため、有料ホームページ制作ツールで本格的なマーケティング目線での運用がしたい方には、HubSpot CMSは最適でしょう。

おちゃのこさいさい

Homepage (15)

出典:https://www.ocnk.me/

おちゃのこさいさいは、店舗業態のホームページ制作に注力しているツールで、月額料金は935円~となっています。

店舗の集客に活用できるクーポン発行、メルマガ発行などが可能なため、店舗売上への高い貢献が期待できます。

メルマガはHTMLに対応しているため、テキスト装飾や画像挿入が可能となり、より訴求力の高い配信もできます。

また、多くのホームページ制作ツールは海外企業が提供していますが、おちゃのこさいさいは日本企業が提供しており、管理画面含め日本人が分かりやすい設計である点も魅力でしょう。

MOSH

Homepage (16)

出典:https://mosh.jp/

MOSHは、個人で活動する方へ向けて展開している有料ホームページ制作ツールですが、具体的な料金については問い合わせが必要です。

基本的なページ作成はもちろんですが、サービスの予約に決済をはじめ、個人事業をアシストする機能が標準搭載されています。

ホームページ制作のフォーマットは1種類のみですが、その分誰でも分かりやすい操作性で、手軽にページ作成が可能です。

そのため、手軽さと実用的な機能を併せ持つホームページ制作ツールを探している方には最適でしょう。

カラーミーショップ

Homepage (17)

出典:https://shop-pro.jp/

カラーミーショップは、ECサイト運営に注力している有料ホームページ制作ツールで、月額料金は4,950円~となっています。

掲載サービスや商品の販売に決済、配送に至るまで基本的なショップ運営に必要な機能は標準搭載されています。

また利用顧客や在庫管理に加えて、確定申告との親和性も高いため、事業者の負担をあらゆる面から軽減してくれます。

アプリインストールによるオプション機能も豊富なため、運用していく中で必要となった機能を順次搭載できる点も、カラーミーショップの大きな魅力でしょう。

MakeShop

Homepage (18)

出典:https://www.makeshop.jp/?pattern=a

MakeShopは、GMOが提供する有料ホームページ制作ツールで、月額料金は11,000円~となっています。

これまで多くの企業で導入されている実績があり、ECサイトの構築と運営に特化しています。

170種類以上のテンプレートがあり、利用する商品や業種業態に合わせて、適切なデザイン構築が手軽に行えます。

また、HTMLやCSS編集におけるカスタマイズにも対応しているため、自身が理想とするECサイトが構築可能です。

電話やメールをはじめサポート体制も充実しており、本格ECサイトを作りたい方におすすめです。

ferretOne

Homepage (19)

出典:https://ferret-one.com/

ferretOneは、基本的なホームページ制作機能を搭載しつつマーケティングに強みを持っているツールで、月額料金は100,000円~となっています。

閲覧者に商品購入や登録を促すランディングページの作成だけでなく、ABテスト機能も搭載しているため、より効果的なページ作成がデータに基づいて行えます。

外部サービスと連携せず、ferretOne内で高度なマーケティング戦略が可能な点は嬉しい所です。

月額料金が高めなため企業での導入に適していますが、複数社員で組織編成し運用チームを作れば、本格的なメディア運営が可能でしょう。

Square

Homepage (20)

出典:https://squareup.com/jp/ja/website-templates

Squareは、Square PayをはじめPayPalなどの多彩な決済システムが内臓されたホームページ制作ツールで、月額料金は1,200円~となっています。

店舗業態に適したツールで、PODレジや売上管理システムなども無料で利用できます。

また、売上管理やスタッフ管理をはじめ予約管理などにも対応しており、売り上げデータの分析もSquare内で手軽に行えます。

店舗業務における重要な業務を包括的に管理できる点は嬉しい所ですね。

無料プランもあるため、気になる方は気軽に導入してみると良いでしょう。

ホームページ制作ツールの選び方

Homepage (7)

この項目では、ホームページ制作ツールの選び方を以下に沿ってご紹介します。

独自ドメインが使用できるか

独自ドメインは、ホームページURLを自分の好みな文字列にできるもので、自社やブランドイメージの普及が可能です。

ツール側で用意されたドメインの場合、不明な文字列が並ぶことにより信頼度が下がり、運営側のサービス終了により、急にホームページにアクセスできなくなる可能性があります。

ブラウザ検索においても独自ドメインは重要な役割を持つため、独自ドメインが使用できるかはホームページ制作ツールを選ぶうえで非常に重要でしょう。

デザインの自由度

ホームページのデザインは、閲覧者がどれだけ興味を持ってコンテンツを見てくれるか、滞在時間に直結するため非常に重要な要素です。

無料ツールだとしても、デザインのカスタマイズ性が異なり、テンプレートの種類にも依存します。

オシャレなのはもちろんですが、閲覧者にとって見やすいホームページが作れるかどうかは重要な選定ポイントでしょう。

使いやすさ

ホームページ制作ツールは、テンプレートで簡単にデザイン設計や編集が可能なタイプが多いですが、中には扱いにくいタイプもあります。

スマホからの編集ができないタイプや管理画面が扱いにくい、プラグインの追加が難しいなどもホームページ運用していく中では重要な要素となります。

途中で面倒になり挫折しないためにも、ホームページ制作ツールの扱いやすさに注目して選定しましょう。

必要な機能は備わっているか

ホームページ制作ツールとひと口にいっても、ブログやメディア運営に適したタイプもあれば、ネットショップやECサイトに特化したタイプもあります。

また、ABテストやデータ分析、顧客管理などマーケティングに必要な機能を多数搭載したタイプもあるなど、ツールにより搭載機能は様々です。

そのため、まずは自身が理想とするホームページをイメージして、必要な機能が十分に搭載されているかを検討しましょう。

サポート体制

ホームページ制作ツールにおいて、有料版はサポート体制が整っている傾向があります。

メールやチャットに加えて、電話にて直接サポートしてくれるだけでなく、ホームページ運用に必要な作業の外注先を斡旋してくれる場合もあります。

また、日本語対応しているかも重要となるため、導入前にサポート体制は必ず確認しましょう。

利用料金

ホームページ制作ツールには無料版と有料版がありますが、運営に必要な料金は必ず確認しておきましょう。

ホームページは継続利用が基本なため、経済的に無理のない範囲で運用できるツールを選ぶ必要があります。

いかに多機能で理想のホームページに仕上がるとしても、長期運用できないのであれば、十分な集客や売上は見込めません。

そのため、できることとランニングコストを慎重に比較して、最適な料金設定なホームページ制作ツールを選ぶ必要があるでしょう。

SEO対策の有無

SEO対策とは、ブラウザ検索にて自身のホームページが上位に表示されるために行う施策のことで、集客を伸ばすために必要となります。

一方で、タイトル付けをはじめSEOの知識がない場合、ホームページ制作ツールにてSEOのガイドラインが設けられているタイプを選ぶと効果的です。

また、用意されたテンプレートデザインが、SEO対策を意識しているかサポートに確認するのも良いでしょう。

ホームページ制作ツールのメリット

Homepage (8)

この項目では、ホームページ制作ツールのメリットを無料版と有料版に分けてご紹介します。

ホームページ制作ツールのメリット

無料版のメリット

無料ホームページ制作ツールの主なメリットは以下の通りです。

主なメリット
  • コストがかからない
  • 有料版にも劣らないデザイン性

ホームページ制作では通常、安くても数万円程度の資金が必要となりますが、無料ツールを活用すればコストを圧倒的に抑えられます。

カスタマイズ性は劣るものの、無料ツールであっても有料版に劣らないデザイン性が実現できる点も魅力です。

多彩な機能を必要としないホームページの場合、無料ツールでも十分に活躍してくれるでしょう。

有料版のメリット

有料ホームページ制作ツールの主なメリットは以下の通りです。

主なメリット
  • テンプレートや機能が豊富
  • カスタマイズ性が高い
  • サポート体制が充実

有料ホームページ制作ツールでは、SEO的に有効なデザインテンプレートからデータ分析まで、全ての機能が思う存分に活用できます。

外部ツールとの連携性も高いため、制限なくカスタマイズが可能で理想のホームページが作れます。

また、メールだけでなく電話やチャットなど、サポート体制が充実しているタイプが多いため、初心者こそ安心してホームページ制作できるでしょう。

ホームページ制作ツールのデメリット

Homepage (9)

この項目では、ホームページ制作ツールのデメリットを無料版と有料版に分けてご紹介します。

ホームページ制作ツールのデメリット

無料版のデメリット

無料ホームページ制作ツールの主なデメリットは以下の通りです。

主なデメリット
  • 機能が制限されている
  • 広告掲載がされる
  • 作成ページに限りがある

無料ホームページ制作ツールでは、使用できる機能が制限されており、求めるページを作るためには課金が必要なケースも多いです。

作成できるページ数が限られている場合も多いため、たくさんのコンテンツを投稿したい方には不向きです。

また、ホームページ所有者の意図とは関係なく、無料ツール運営側が選定した広告が掲載されるタイプも多く¥いため、閲覧者への不満を高める可能性もあるでしょう。

有料版のデメリット

有料ホームページ制作ツールの主なデメリットは以下の通りです。

主なデメリット
  • 費用がかかる
  • 売上が無ければ赤字になる

有料ホームページ制作ツールは、月額料金を支払わなければページの継続ができません。

また、毎月の支払いが問題ないとしても、ホームページ経由で売上が出なければ赤字続きとなり、導入コストをカバーできません。

コストが払えなければホームページは閉鎖となり、これまでの積み上げがムダになってしまうため、コスト回収には十分注意が必要でしょう。

ホームページ制作の基本的な流れ

Homepage (10)

この項目では、以下の内容に沿ってホームページ制作の基本的な流れをご紹介します。

ターゲットと目的を明確にする

まずは、制作するホームページを見てもらう相手の年齢層や属性など、ターゲット選定をします。

どういった悩みを持つ方へ自身の帆m-ページを利用してもらいたいのかを明確にすることで、利用目的もハッキリするでしょう。

必要な機能を把握する

次に、ホームページ制作に必要な機能を把握しましょう。

自身の理想がメディア運営なのか、ネットショップやECサイトを活用した書品、サービスの販売なのかにより必要な機能は異なります。

そのため、制作目的と照らし合わせながら必要な機能をピックアップしましょう。

掲載コンテンツの整理

方向性が決まったら、制作ホームページに掲載するコンテンツを整理しておきましょう。

商品やサービスの掲載はもちろんですが、集客のためのコンテンツや自社ブランドを宣伝するためのコンテンツなど、掲載すべきものは様々あります。

多角的に視点でコンテンツを充実させていくと、ホームページ設計がより具体化されるため、事前に整理しておくと良いでしょう。

ツールを選びホームページを制作する

ホームページの制作目的に必要な機能、掲載コンテンツが把握できたら、これらを満たすツールを選定して導入しましょう。

テンプレートや各種パーツを活用しながら、閲覧者にとって見やすく扱いやすいホームページを設計していきます。

ホームページをテスト

ホームページの全体が完成したら、ページのテストを行います。

例えばホームページ内に設置したURLが正しく機能しているか、商品の購入ボタンは正常に作動するかなど1つずつ確認していきます。

閲覧者が使いにくく、ストレスになりうる箇所は徹底的に修正していきましょう。

ホームページを公開する

ホームページのテストが完了したら公開します。

ホームページ公開後は、随時コンテンツを充実させていきながら、ABテストを重ねてより効果的なコンテンツで満たしていくと良いです。

また、随時プラグインやツールのアップデートなど、メンテナンスをしながらホームページを運用していくと良いでしょう。

ツールを活用して効率良くホームページを制作しよう

Homepage (11)

ホームページ制作と聞くと難しいイメージがありますが、ツールを活用すればテンプレートなどで簡単に作成できます。

また、ネットショップやECサイトまで現代では簡単に作れるため、個人で商品やサービスを販売したい場合にも最適です。

一方で、無料版と有料版では使える機能やサポート体制、SEO対策などに違いがあるため、自身の作成目的と照らし合わせ慎重に洗濯する必要があります。

そのため、不安がある方はまず無料ホームページ制作ツールから、気軽に利用してみると良いでしょう。