タレントマネジメントとは?おすすめのシステムや目的・導入メリットも紹介!

タレントマネジメントとは?おすすめのシステムや目的・導入メリットも紹介!

この記事を読んでいるあなたは、

タレントマネジメントについて知りたい
タレントマネジメントの導入方法について知りたい

と考えているのではないでしょうか。

この記事では、タレントマネジメントについて、目的や導入方法、メリットとデメリットについてお伝えしていきます。

この記事をざっくり言うと
  • おすすめのタレントマネジメントシステムは「スマカン」!
  • タレントマネジメントは従業員の管理のために必要
  • 人材不足や価値観の多様化により必要性が高まっている
  • タレントマネジメントで従業員のやる気や生産性が高まる可能性がある
  • 目的に合ったタレントマネジメントシステムを選ぶ必要がある

目次

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは

ここからはタレントマネジメントについて紹介していきます。

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、従業員のスキルや過去の経歴などを人事情報として一括管理することを指します。

従来は従業員の情報は住所や年齢など個人情報が主体でしたが、近年ESG投資などが盛んになり人材開発が注目されるようになりました。

タレントマネジメントを実施すれば従業員の隠れたスキルや能力を見極めることができ、それまでなかったイノベーションを企業内で起こせる可能性があるため、注目度も高まっています。

また、タレントマネジメントを実施することで、従業員のスキルや能力を的確に把握でき、適正にマッチした人材配置が可能になります。

自分に合った仕事ができない場合、従業員は仕事にやりがいを感じられず不満が募ってしまい、最悪の場合退職してしまいます。

従業員を適切なポジションに配置することで、従業員のモチベーションを高めると共にスキルを向上させられるでしょう。

システムを導入する企業も多い

タレントマネジメントを実施するためにシステムを導入する企業も多く、効率的に人事情報を管理する企業が増えています。

タレントマネジメントを実施するためには、従業員の情報を正確に収集する必要があります。

しかし、従業員数が多い企業は人事担当者だけでは情報を収集しきれず、正しいタレントマネジメントが実施できずに終わる可能性が高いです。

タレントマネジメントシステムを導入すれば効率的に人事情報をまとめられるため、従業員の情報を一括管理して適切な人材配置や個人のキャリアアップが期待できます。

また、タレントマネジメントシステムを使えば人事情報の使い方をサポートしてもらうことができます。

タレントマネジメントをしたことがない企業は人事情報の扱い方を知らないため、タレントマネジメントを効率的に進められません。

タレントマネジメントシステムにはシステムによって情報が扱いやすくなる機能が搭載されているため、初めてでも人事情報を適切に処理してタレントマネジメントを実施できるでしょう。

タレントマネジメントのためにシステムを導入する企業が増えているため、まだ導入していない場合検討してみてください。

タレントマネジメントを行う目的は4つ

タレントマネジメントを行う目的は4つ

企業がタレントマネジメントを行う目的は下記4つです。

人材の採用

人材の採用を効率的に行うためにタレントマネジメントは重要です。

近年は時代の変化と共に終身雇用が崩壊し、転職が当たり前の時代になりました。

企業の人材の獲得競争は激しさを増しており、自社に合った人材を採用活動で見極めて採用する重要性が高まっています。

タレントマネジメントを活用すれば、会社で活躍している人材や会社に定着している人材の情報をもとに採用条件を見出すことができます。

データに基づいた採用条件のため採用後も定着する人材が採用できる可能性が高く、効率的に採用活動を進められるでしょう。

人材の定着

従業員が定着するように、日々のモチベーションの管理やふさわしい仕事を任せるためにタレントマネジメントが重要な役割を担っています。

企業に人材が定着するためには、従業員が仕事にやりがいや満足感を持って働けるように配属や待遇を整える必要があります。

タレントマネジメントを通じて従業員の仕事に対するモチベーションの変化やスキルを確認でき、必要な対策を講じることができるでしょう。

人材の育成

タレントマネジメントを通じて従業員のキャリアプランやスキルが明確になるため、人材の育成が進めやすくなります。

少子高齢化が進む現代において、企業が人材を育成する重要性は高まっています。

特に若手の人材を早期から育成することで、後々企業の中核を担う重要な人材を生み出すことができるでしょう。

タレントマネジメントを行うことで、従業員1人1人がどのような成長をしたいか、スキルを身に付けたいかなどが明確になるため、人材育成が進めやすいです。

従業員がしたい成長を企業がサポートできるため、帰属意識が高まり人材の定着にも繋がるでしょう。

企業は優秀な人材が来るのを待っているだけでは成長できないため、自社内で人材を育成し優秀な人材を育てる必要があります。

適材適所を見つけて人材を配属

タレントマネジメントを行うことで従業員ごとの向き不向きが明確になり、適材適所を見つけて人材配置が容易になります。

企業が効率的に成長するためには人材を適材適所に配置する必要があります。

しかし、人材の配置を人事の感覚や本人の意思を元に進めることが多いため、従業員の中にはミスマッチを感じる人も多いでしょう。

タレントマネジメントを実施すれば人材のスキルや性格が明確になるため、配属やポジションの割り振りをより的確に行うことができるようになります。

従業員が自分の能力に合った場所で活躍できるようになるため、社員がモチベーション高く働けることはもちろん、企業の成長も期待できます。

タレントマネジメントが注目される背景は4つ

タレントマネジメントが注目される背景は4つ

タレントマネジメントが注目される背景は下記4つです。

少子高齢化による人材不足

少子高齢化による人材不足により会社が人材管理を重要視するようになったため、タレントマネジメントが注目されるようになりました。

日本は少子高齢化が進んでおり、人材の獲得競争が激しいです。終身雇用が崩壊したため転職する人も増えてきており、人材を適切に管理できずに人が不足してしまう企業が増えています。

人材不足解消のためにタレントマネジメントに注力し、人材の育成や適正配置を意識する企業が増えています。

働き方改革の促進

働き方改革が促進されるようになり、効率的に仕事ができるようにタレントマネジメントが注目されるようになっています。

昔はどれだけ従業員を働かせても世間から批判的な目を向けられることはあまりありませんでしたが、現代は残業時間の管理やハラスメントなどに厳しいです。

従業員も転職がしやすく企業を選べる時代のため、企業は働き方改革を促進し働きやすい企業になることが求められています。

タレントマネジメントを通じて従業員のモチベーションの管理や適材適所への配属を行い、残業時間の軽減や精神・肉体面でのフォローができるでしょう。

価値観の多様化

仕事に対する様々な価値観が認められるようになっているため、タレントマネジメントを通じて従業員の情報を管理する重要性が高まっています。

グローバル化やIT化の促進などにより人々の価値観は変化しており、仕事についてもプライベートとの両立や副業の実施など、様々な考え方を持つ人が増えています。

タレントマネジメントができていれば、従業員ごとの価値観に合わせた部署配属や働く環境の整備が進められるため、従業員の企業に対する満足度も高まるでしょう。

企業は多様な価値観を持つ従業員を管理するためにタレントマネジメントを活用し、人材に合わせて適切なアプローチが必要な時代になっています。

技術の進歩

科学やIT化の促進によりタレントマネジメントに関する技術が高まり、従業員の情報管理がしやくすなっています。

昔はタレントマネジメントを人事などの人の感覚で行っていたため、情報の管理や人材育成が成功しない場合も多く、タレントマネジメントを諦めている企業も多かったです。

しかし、現在は技術が進歩したためタレントマネジメントシステムなどが発展しており、人材の様々な情報を管理できるようになっています。

また、タレントマネジメントに関する知見も蓄積されており、知識をもとに人材の管理ができるようになっています。

技術の進歩によってタレントマネジメントがしやすい時代になってきたため、人材情報の管理を実施する企業が増えているのです。

タレントマネジメントのメリットは5つ

タレントマネジメントを導入するメリットは下記5つです。

適正な評価で仕事へのモチベーションが高まる

タレントマネジメントを実施することで従業員の評価がしやすくなり、適正な評価を通じて仕事へのモチベーションを高めることができるでしょう。

タレントマネジメントで従業員の情報が正確に管理できるため、仕事に関する評価を正確に進められるようになります。

従業員も適正な評価を受けられれば仕事へのモチベーションを保ちやすくなるため、人材の定着にも繋がります。

仕事の生産性が高まる

タレントマネジメントを行うことで従業員を適切なポジションに配置できるため、仕事の生産性が高まり企業の成長が期待できます。

タレントマネジメントにより従業員のスキルや性格を把握できるため、部署配属やチーム決定がしやすくなります。

従業員が活躍しやすいポジションに配属されるため、より高い成果を発揮し企業の成長に繋がる可能性が高いです。

企業への信頼が高まる

タレントマネジメントにより企業が従業員を適切に管理できるため、従業員からの信頼が高まるでしょう。

企業が従業員の情報を正確に把握できるようになるため、従業員が希望する働き方や配属が実現できるようになります。

自分の希望が実現できるようになるため会社への帰属意識が高まり、企業への信頼が高まっていきます。

顧客満足度が高まる

従業員を活躍しやすいポジションに配属できるため、顧客の満足度の向上も期待できます。

従業員にモチベーション高く活躍できるように仕事を任せられるため、顧客が望む成果を今までよりも出しやすくなるでしょう。

成果が出れば顧客の満足度は向上し信頼も高まるため、タレントマネジメントを実施する企業が増えています。

採用や育成を効率よく進められる

タレントマネジメントを実施することで採用や育成を効率よく進められるようになるでしょう。

タレントマネジメントで従業員の情報を管理できるため、過去の採用情報から採用条件を整理して採用活動を効率化できます。

また、従業員のキャリアプランやスキル情報が可視化できるため、人材育成が進めやすいです。

採用や育成を効率よく進められるため、タレントマネジメントを導入する企業は多いです。

タレントマネジメントのデメリットは3つ

タレントマネジメントのデメリットは3つ

タレントマネジメントを行うデメリットは下記3つです。

導入してから効果が出るまで課題が多い

タレントマネジメントは導入してから効果を確認するまでに課題が多いです。

タレントマネジメントを実施するためには、従業員への周知や人事情報の収集、タレントマネジメントを行う人材育成など、導入を決めてからの課題が多いです。

また、タレントマネジメントを実施し採用活動や人員配置を行っても結果がすぐに出るわけではないため、成果が確認しにくいというデメリットもあります。

タレントマネジメントは成果が出るまで長期で取り組む必要があることを知っておきましょう。

システム導入などのコストが発生する

タレントマネジメントシステムを導入する場合、システム導入のコストが発生します。

タレントマネジメントシステムは様々な機能が含まれているためコストが発生します。

従業員数が多い企業の場合コストは多く、また長期的にかかるコストのためシステムの比較検討は必須です。

従業員への周知に時間がかかる

タレントマネジメントを導入する場合、従業員への周知や理解に時間がかかるというデメリットがあります。

タレントマネジメントの重要性を理解している従業員は多くないため、導入する場合は導入する理由や従業員のメリットについて理解してもらう必要があります。

タレントマネジメント実施のためには従業員にとって面倒な作業も少なくないため、時間をかけて理解を得る必要があるでしょう。

タレントマネジメントの導入方法

タレントマネジメントの導入方法

タレントマネジメントを実施する場合、下記の手順で導入を進めていきます。

1.自社の現状をまとめてから課題を考える

タレントマネジメント導入のために、自社の現状をまとめて課題を明確にしましょう。

自社の課題に応じてタレントマネジメントをする目的が変わるため、課題を明確にする必要があります。

今まで採用や育成で「何に失敗していたのか」「今後どうしていきたいか」など、タレントマネジメントで解決したい課題を明確にしてください。

2.タレントマネジメントの計画を立てる

タレントマネジメントをどのように導入していくのか計画を立てましょう。

タレントマネジメントを行うためには、システムの導入や従業員への周知などのやるべきことが多いです。

いつまでに何を行うスケジュールを立てることで、計画的にタレントマネジメントを実現していけるでしょう。

3.タレントマネジメントシステムを導入する

タレントマネジメントを効率的に進めていくために、目的に沿ったタレントマネジメントシステムを導入しましょう。

タレントマネジメントシステムは従業員の情報を効率的に管理でき、企業の課題解決のためのサポート機能が充実しています。

自社の課題に合わせてシステムを選定し、コストを考えながらタレントマネジメントシステムを導入することを検討してみてください。

4.タレントマネジメントを実行し定期的に見直す

タレントマネジメントを実行し、定期的にやるべきことを見直していきましょう。

タレントマネジメントは成果が出るまで時間がかかるため、長期目線で取り組む必要があります。

しかし、失敗した場合それまでの時間や人員コストが無駄になってしまうため、定期的にタレントマネジメントのやり方を見直し、より成果がでるように修正することが重要です。

タレントマネジメントシステムの選び方のポイントは4つ

タレントマネジメントシステムの 選び方のポイントは4つ

タレントマネジメントシステムの選び方のポイントは下記4つです。

必要な機能が使える

タレントマネジメントシステムを選ぶ際には必要な機能が使えるかどうか確認するようにしましょう。

タレントマネジメントシステムは提供する企業によって使える機能や特徴が異なるため、自社の課題に合わせてシステムを選定する必要があります。

人事情報を管理するデータベースや採用情報に関する分析など、自社が必要とする機能が使えるシステムかチェックすることを忘れないでください。

コストが予算を超えない

タレントマネジメントシステムはコストが発生するため、予算を超えないシステムを選ぶようにしましょう。

タレントマネジメントシステムは導入と同時にコストが発生し、継続的にお金を払う必要があります。

一度導入したシステムは移行が面倒になるため長期的に使う場合が多く、最初の導入時にコスト面で問題がないか確認するようにしてください。

セキュリティが強固

タレントマネジメントシステムは従業員の個人情報や会社の情報を含むため、セキュリティが強固であるか確認するようにしましょう。

近年サイバー犯罪などが増えているため、導入するシステムのセキュリティの内容は確認が必要です。

タレントマネジメントシステムには従業員の住所や電話番号などの個人情報が含まれているため、セキュリティの高いシステムを選ぶようにしてください。

サポートが手厚い

タレントマネジメントシステムの導入や導入後にサポートが手厚いシステムを選ぶようにしましょう。

タレントマネジメントシステムは導入後に機能の使い方やデータの管理方法が分からなくなる場合があるため、サポートが受けやすいシステムを選ぶ必要があります。

導入後のフォローを含めて丁寧に対応してもらえるシステムの導入を検討することをおすすめします。

おすすめのタレントマネジメントシステム10選

おすすめのタレントマネジメントシステム10選

今回はおすすめのタレントマネジメントシステム10選を紹介していきます。

スマカン

スマカン

出典:https://smartcompany.jp/

スマカン」はスマカン株式会社が提供するタレントマネジメントシステムです。

個人のスキル情報を一括管理して分析し、データに基づいて人材を配置することができます。

また、離職の傾向を分析してキャッチアップできるようになるため、人材の定着率アップも目指せます。

主な機能

「スマカン」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 人事評価
  • 目標管理
  • 組織図
  • アンケート
  • スキル管理
  • ワークフロー設計
  • クロス分析/ダッシュボード

カオナビ

カオナビ

出典:https://www.kaonavi.jp/

カオナビ」は株式会社カオナビが提供するタレントマネジメントシステムです。

あらゆる人材情報をカオナビ上で一括管理できるため、従業員の情報を可視化しやすく人材育成などに人事情報が活かせるでしょう。

7年連続でシェアNo.1を獲得しており、利用企業数も2,500社のため実績も豊富です。

継続利用率も99%以上で非常に高いため、安心して利用できます。

また、人材情報を簡単な操作でまとめられるため、業務効率化に加えて人材成長による企業の成長も期待できます。

主な機能

「カオナビ」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 人材データベース(顔写真が並ぶ従業員のデータベース)
  • 社員情報ソート(情報ごとに従業員を一覧表示できる)
  • 社員リスト(従業員を条件別にリストアップできる)
  • 組織ツリー図(登録された従業員データから自動で組織図を作成できる)
  • 評価ワークフロー(企業独自の評価シートを作成できる)
  • 社員アンケート
  • 配置バランス図(適正な人材配置を実現するための分析機能)
  • 社員データグラフ(社員情報から組織全体の現状の情報を分析しグラフとして表示できる)
  • ダッシュボード
  • パルスサーベイ
  • ワークフロー
  • 経営の意思決定支援
  • 採用のミスマッチ・ハイパフォーマー分析
  • スキル管理・人材育成
  • モチベーション分析

HRMOSタレントマネジメント

HRMOSタレントマネジメント

出典:https://hrmos.co/hr/

HRMOSタレントマネジメント」は株式会社ビズリーチが提供するタレントマネジメントシステムです。

主要な項目の設定は完了しているため導入しやすく、分析も簡単にできるため自社の課題や従業員情報の精査を進めやすいです。

サポートも充実しており導入後も安心して利用することができるため、おすすめのタレントマネジメントシステムになっています。

主な機能

「HRMOSタレントマネジメント」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 従業員管理、組織管理
  • カスタム項目
  • 変更履歴管理
  • CSVやExcelでの出力
  • 従業員、組織の情報抽出・可視化
  • ワークフロー機能
  • HRMOSシリーズ連携
  • API連携
  • 従業員検索、従業員の情報閲覧
  • 個人情報変更申請、ワークフロー
  • 権限設定
  • アクセス権限管理
  • 2段階認証
  • IPアドレス制限
  • 監査ログ出力

HRBrain

HRBrain

出典:https://www.hrbrain.jp/

HRBrain」は株式会社HRBrainが提供するタレントマネジメントシステムです。

人材情報を一括管理でき、情報の整理や表示も簡単にできるためタレントマネジメントの効率が高まります。

また、従業員のスキルや特徴を可視化でき、分析機能を使って人材の配属などを進められます。

主な機能

「HRBrain」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • カスタムプロファイル
  • 分析ダッシュボード
  • 人材データベース
  • 人事評価
  • 組織図ツリー
  • 組織分析
  • アンケート
  • 配置シミュレーション

スキルナビ

スキルナビ

出典:https://www.101s.co.jp/

スキルナビ」は株式会社ワン・オー・ワンが提供するタレントマネジメントシステムです。

人材情報を1つのシステムで一括管理できる他、導入が簡単でクラウドとオンプレミスどちらでも利用できます。

また、自由度が高いデータ分析機能が付いているため、タレントマネジメントをより本格的に進められるでしょう。

主な機能

「スキルナビ」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 社員管理
  • 研修・試験・資格管理
  • 人事評価
  • アンケート
  • スキル管理
  • 分析機能
  • 各種申請・データ入力

タレントパレット

タレントパレット

出典:https://www.talent-palette.com/

タレントパレット」は株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供するタレントマネジメントシステムです。

使いやすいUIと豊富な分析機能が搭載されているため、より本格的なタレントマネジメントを実現できます。

異動シミュレーションやアンケートの分析機能もついているため、従業員が仕事を通じてやりがいや満足度を感じられるようになるでしょう。

主な機能

「タレントパレット」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 人材データベース
  • 人材データ分析
  • 人的資本ダッシュボード
  • 異動シミュレーション
  • 人材育成・スキル管理
  • 人事評価
  • サンクスポイント
  • アンケート
  • 組織診断
  • 健康管理・ストレスチェック
  • eラーニング・研修管理
  • 採用管理
  • 適性検査
  • 他社システム連携

SUZAKU

SUZAKU

出典:https://hqprofile.com/

SUZAKU」は株式会社エスユーエスが提供するタレントマネジメントシステムです。

ワンストップで人材の配置や採用などを行うことができるようになるため、導入後の成果が期待できます。

また、最新のAI技術でデータの集計や分析ができるため、タレントマネジメントによる課題解決をサポートしてくれます。

主な機能

「SUZAKU」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 従業員情報管理
  • 採用管理(応募者・従業員データマッチング機能)
  • 人材育成管理
  • 移動・配置管理
  • データ集計・分析機能

MotifyHR

MotifyHR

出典:https://motifyhr.jp/

MotifyHR」は株式会社アックスコンサルティングが提供するタレントマネジメントシステムです。

社内ポータルなしでもコミュニケーションが取れるようになるため、社内のメンバー同士の関係性を密にできるでしょう。

また、従業員のやる気を分析して離職しないかどうか予測する機能が付いているため、離職率低下に繋がります。

主な機能

「MotifyHR」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • ニュースフィード
  • カンパニーボード
  • チームトーク
  • 社員管理
  • 体調管理
  • エンゲージメント機能
  • オンボーディング機能
  • OKR・1on1機能

SmartHR

SmartHR

出典:https://smarthr.jp/

SmartHR」は株式会社SmartHRが提供するタレントマネジメントシステムです。

クラウド型の人材情報管理システムであり、社員情報を管理して分析することで様々な人事情報を可視化できるようになります。

エンゲージメント調査やアンケートの実施もできるため、従業員の状態の把握も簡単にできるでしょう。

主な機能

「SmartHR」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 入社手続き・雇用契約
  • 文書配布
  • 年末調整
  • マイナンバー管理
  • 申請・承認機能
  • お知らせ掲示板
  • 従業員データーベース
  • 予約管理
  • 人事評価
  • 従業員サーベイ
  • ラクラク分析レポート
  • カスタム社員名簿
  • 組織図
  • Web給与明細
  • 外部連携サービス

ヒトマワリ

ヒトマワリ

出典:https://www.hitomawari.jp/

ヒトマワリ」は株式会社Touch&Linksが提供するタレントマネジメントシステムです。

戦略人事を実現させるための人材データベースを提供しており、タレントマネジメントで適切な人材配置や採用管理ができるようになるでしょう。

組織シミュレーションや分析機能なども充実しているため、使いやすいタレントマネジメントシステムです。

主な機能

「ヒトマワリ」の主な機能は下記の通りです。

主な機能
  • 人材管理
  • BI分析
  • 組織シミュレーション
  • ダッシュボード
  • 採用管理

タレントマネジメントのまとめ

タレントマネジメントのまとめ

今回の記事では、タレントマネジメントの特徴やメリット、おすすめのタレントマネジメントシステムについてお伝えしてきました。

タレントマネジメントを活用することで授業員の情報を適切に管理し、採用や育成、従業員のモチベーション管理などがしやすくなります。

まだタレントマネジメントを始められていない企業や成果を得られていない企業は、一度タレントマネジメントシステムの導入を検討してみてください。