ジンジャー(jinjer)勤怠の評判・口コミ!おすすめ企業や特徴・料金プランも徹底解説!

ジンジャー 評判

この記事を読んでいるあなたは、

ジンジャー(jinjer)勤怠の評判は?
ジンジャー(jinjer)のデメリットが知りたい!

上記のように考えているのではないでしょうか。

この記事では、ジンジャー(jinjer)勤怠の口コミ評判をはじめ、おすすめの企業・事業者、特徴、料金プラン、利用するまでの流れについて詳しく解説します。

ジンジャー(jinjer)勤怠の評判をざっくり言うと
  • ジンジャー(jinjer)勤怠の料金は400円/1ユーザーと導入しやすい価格帯
  • サポート体制が充実している
  • スマホ、タブレット、PCなどの豊富な打刻に対応
  • 法改正にもしっかり対応している

\勤怠管理システムが気になる方はこちら/

勤怠管理システムのおすすめ比較ランキング優良10選!無料・有料別でメリットや機能を徹底比較

ジンジャー(jinjer)勤怠の良い評判・口コミ

まずはジンジャー(jinjer)勤怠の良い口コミ評判を見ていきましょう。

直感的に分かりやすい

・出勤するさいはjinjerにログインし、出勤画面を押すだけのため、誰でもすぐに使える・スマートフォンのアプリでも出退勤が行えるため、非常に便利・外出先からでも出退勤が行えるため、入力忘れが少ない

出典:ITreview

・出勤・退勤の打刻がアプリで全て完結すること・有給申請なども全てアプリで完結すること・余計なボタンなどがないので、操作に迷わないこと

出典:ITreview

ジンジャー(jinjer)勤怠はシステム操作に慣れていない人でも簡単に使えるようなインターフェースで、操作画面の使いやすさにこだわっています。管理者も従業員も使いやすいシステムになるように日々アップデートされるため、直感的な操作で簡単に扱えます。

勤怠管理システムは管理者の業務負担を改善できるものですが、従業員の負担も軽減されます。

従業員が使いにくい勤怠管理システムでは、導入しても返って従業員の負担が増えてしまいますが、ジンジャー(jinjer)勤怠なら簡単な操作で使いこなすことができるのです。

また、外回りが多い職種でも手持ちのスマホやタブレットなどを使って簡単に打刻ができるので、従業員からするとメリットしかないとも言えるでしょう。

導入しやすい価格帯

1ユーザー月額400円〜利用できるため今勤怠管理に経費をかけていない会社でも導入しやすい価格になっています。

出典:ITreview

・会社の入り口に設置する機械も専用のものはいらず、余っているタブレット端末で全く支障がない為、初期コストを抑えられる。

出典:ITreview

ジンジャー(jinjer)勤怠は1ユーザーあたり月額400円~で利用できるため、勤怠管理システムの導入にかかる経費が少ないというメリットがあります。

小規模中小企業でも導入しやすい価格帯で、新たに設置する機械などは不要なので導入しやすい点が嬉しいポイントです。

初期費用はかかってしまうものの、サポート面が充実していたり、使える機能、カスタマイズ性に優れていたりなど、圧倒的にコスパの良い勤怠管理システムです。

企業規模100名以上の企業は特に多くのメリットが得られることでしょう。

また、ジンジャー(jinjer)勤怠を導入しようか悩む場合は、14日間無料トライアルがあるので、無料で機能性などを確かめることができます。

管理部門の負担が軽減される

PCやタブレット、スマホ等、多くのデバイスからの打刻に対応しているため、1人1台のPC環境が難しい現場要員や外出がちな従業員でも簡単、確実に打刻できる。従業員自身が自分の勤務の予定や実績が容易に管理できるようになり、管理部門の負荷も減らせる。

出典:ITreview

ジンジャー(jinjer)勤怠では打刻画面で従業員が打刻、有給、振替の残日数確認も行えます。

他にも、年次有給休暇や振替休日、企業で定めた俗事の休暇に対する申請も簡単に行えます。

管理者は申請を承認するだけの簡単な手続きで完了するため、これまでの業務負担が軽減されるのです。

また、勤務実績は日次と月次の画面で確認することができ、従業員の出退勤の有無やシフト、未打刻、欠勤、有給などの勤怠に関する情報を一覧で確認できます。

残業時間はリアルタイムに実績として記録されていくため、残業時間の超過を未然に防止することができます。

ジンジャー(jinjer)勤怠の悪い評判・口コミ

次に、ジンジャー(jinjer)勤怠の悪い評判・口コミを紹介します。

月末になると動作が重くなる

月末になると利用者数が増えるのか、挙動が一気に遅くなる。遅くなるだけなら問題ないが、退勤打刻ができなく、後日申請が必要になったりするので非常に面倒、

出典:ITreview

月末になるとかなり重くなり、退勤の打刻や打刻修正ができないことがたまにあります。使えない状態になるのはシンプルに困るので、いつでもスムーズに使うことができる状態にしてほしいです。

出典:ITreview

ジンジャー(jinjer)勤怠を実際に利用している人は、動作を重さが気になることがあるようです。

月末になると重くなることもあり、特に朝の時間に出勤ボタンが押せずに困った経験がある人もいるようです。

ジンジャー(jinjer)勤怠はクラウド型の勤怠管理システムということもあり、どうしても動作の不具合が起きてしまうこともあります。

ジンジャー(jinjer)勤怠はクラウド型ということもあり、定期的にアップデートをするため今後に期待したいところです・・・。

また、アプリを一度アンインストールしてから利用したり、個人でできる対策もできるので、動作が重くなる時の対応に関するマニュアルを用意しておけば、このような事態が起きた時でも安心です。

自社に合わせたカスタマイズが難しい

実績表示が必ず最新月になり、過去この月をみたい、という時に、毎回、該当月を選択するのが非効率。また、過去実績ダウンロードが、一月ずつしか出来ないので、期間でまとめて行えると、データ管理をしやすくなると思う。(残業時間など)

出典:ITトレンド

裁量労働のため、ひとによってコア時間帯が異なりそのあたりの計算をしっかりする必要があるのですが、ジンジャー上では難しいため別のエクセルを用意している。

出典:ITトレンド

ジンジャー(jinjer)勤怠では、従業員の勤務情報の項目をカスタマイズすることはできますが、細かい労務環境には対応できず、別で管理しなければいけないこともあるようです。

細かい労務環境がある場合は、無料トライアルを利用して自社に合うかどうかを確かめてから利用することをおすすめします。

ジンジャー(jinjer)勤怠おすすめの企業・事業者

ジンジャー(jinjer)勤怠の評判・口コミを踏まえて、ジンジャー(jinjer)勤怠がどんな企業におすすめなのかについて解説します。

外回りの多い企業

ジンジャー(jinjer)勤怠は営業職などの外回りが多い企業におすすめのシステムです。

ジンジャー(jinjer)勤怠ではスマホやタブレットから簡単にシステムにログインして打刻できるため、外回りの営業職であってもわざわざ毎日職場に向かう必要がありません。

また、退勤時も訪問先での業務が終了した場合、会社に戻らずに直帰できるため従業員の負担が軽減されます。

ジンジャー(jinjer)勤怠では打刻した位置がGPSにより分かる仕様になっているため「実際に訪問先の近くにいた」という証拠になるため不正も防止できます。

これまでタイムカードなどを使用していた企業にとっては、逆に導入しないと損といっても過言ではないくらい業務効率化や従業員の満足度を高めることができます。

コストを抑えて勤怠管理システムを導入してみたい企業

ジンジャー(jinjer)勤怠は、

勤怠管理システムを導入してみたいけどコストが気になる・・・

という企業にもおすすめです。

ジンジャー(jinjer)勤怠では従量課金制を採用しており、実際にかかる料金は従業員の数のみです。

最初に導入コストはかかるものの、その後のランキングコストは従業員の数のみですので、無駄な費用がかかることなく必要な分のコストしかかかりません。

また、無料トライアルも用意しているため、費用使える機能などを実際に確認してから導入すべきかどうかを比較検討できる点も嬉しいポイントですよね。

残業を未然に防ぎたい企業

ジンジャー(jinjer)勤怠では従業員一人ひとりや部署ごとの残業時間などを簡単に把握できるため、上限を超えるまでにアラートを飛ばして残業を未然に防ぐことができます。

これにより、従業員本人の残業に対する意識改革だけでなく、従業員のコンディション悪化を未然に防げます。

また、通知できるアラート機能は企業に合わせてカスタマイズできるので、不必要なアラートが頻繁に送られてくる心配もありません。

大勢の従業員を抱えてい大企業

工場や倉庫などの現場では、同じ時間帯に大勢の従業員が打刻するため、打刻ラッシュが起こりがちです。

ジンジャー(jinjer)勤怠ならスマホから簡単に打刻できるため、このラッシュを防ぐことができます。

また、一度に従業員が同じ場所に集まってしまうこともないため、新型コロナウイルスなどの感染症対策もできるのです。

また、ジンジャー(jinjer)勤怠ではIC打刻もできるので、大勢の従業員が一気に押し寄せても安心です。

ジンジャー(jinjer)勤怠の特徴・機能

ジンジャー(jinjer)勤怠は労働時間の集計・管理や有給休暇の管理など、リアルタイムで管理・集計できる勤怠管理システムです。

ここでは、ジンジャー(jinjer)勤怠の特徴と機能について紹介します。

組織全体の業務効率化

ジンジャー(jinjer)勤怠は手間と時間のかかるバックオフィス業務を大幅に削減できるのが最大の特徴です。

業務効率化だけでなく企業全体の課題であるペーパーレス化や多様な働き方への対応、無駄なコストの削減なども実現できます。

例えば、勤怠管理・給与計算では各従業員の労働時間の集計作業に始まり、有給取得日数、残業時間の管理、給与計算、給与明細の発行など、煩雑な業務が多数あります。

しかし、ジンジャー(jinjer)勤怠を導入すれば労働時間を自動集計し、有給取得や残業時間の実績は自動で反映されるため集計する手間は一切かかりません。

さらに、勤怠・人事情報をもとに、jinjer(ジンジャー)給与と連携すれば給与の計算やWeb明細の発行と送付も簡単です。

法改正にしっかり対応

ジンジャー(jinjer)勤怠は法改正の内容を素早くシステムに反映するため、法改正への対応漏れが起こることはありません。

クラウド型の勤怠管理システムということもあり、常に最新の状態でシステムを運用できるため、法律に沿った正確な勤怠管理が実現できます。

これにより、企業の労務リスクを低減させることができるのです。

サポート体制が充実しているためラクラク導入が実現

ジンジャー(jinjer)勤怠はシステムの導入から運用まで、システムに関する不安や悩みをすぐに解決できるように、サポート担当が伴走しながら業務効率化実現を手伝ってくれます。

主なサポート内容
  • 24時間365日問い合わせ窓口(営業時間外はAIチャットボットが対応)
  • 最善の運用方法の提案
  • チャット、メール、電話、WEBサポート
  • 導入サポート
  • 訪問サポート

jinjer(ジンジャー)ではこのようなサポートが充実しているためシステムに関する知見がなくても問題なく運用できるのです。

導入はじめは各社専任のカスタマーサクセスサポーターをアサインし、電話やオンライン打ち合わせを通して、初期導入の設定から運用までサポートしてくれます。

豊富な打刻方法

ジンジャー(jinjer)勤怠ではPC、スマホ、タブレット、ICカードなどのさまざまな打刻が可能です。

働き方に合った打刻方法を用意することで、管理者の管理工数が削減されるだけでなく従業員の働き方改善にも繋がるため、生産向上にも寄与します。

スマホで簡単に打刻できることもあり、外出機会が多い営業職でもわざわざ会社に戻ってくる必要がなく、仕事が終わったらスマホで打刻をして直帰できます。

スマホやPCを全員所持していないオフィスや工場の場合は、入り口にタブレットを設置すれば誰でも簡単に打刻でき、これまでシステムを使った打刻経験がない場合はSuicaなどのICカードを使って打刻することもできるのです。

その他、IPアドレス制限による打刻制限や、打刻時の顔写真撮影機能で不正打刻防止なども可能です。

また、jinjer(ジンジャー)では「Slack(スラック)」や「Chatwork(チャットワーク)」などのビジネスチャットツールとの連携も可能で、わざわざ勤怠管理専用のアプリを立ち上げなくてもチャット画面から打刻ができるため、打刻の押し忘れを防げます。

加えて、ソフトウェアにはAIが内蔵されているため、GPS機能による不正な場所での打刻検知や残業時間の予測機能など、豊富な機能が魅力です。

アラート機能

ジンジャー(jinjer)勤怠では有給消化や残業時間に対してアラート機能を飛ばすことができます。

アラートの種類は週・月の労働時間や残業時間の超過、出退勤漏れ、連続勤務、休日出勤などを通知することができ、法律に沿った勤怠管理が可能になります。

また、アラート通知を従業員・管理者の双方または、どちらか一方のみに通知するかを設定することもできるため、従業員・管理者にわざわざ伝える必要はありません。

多言語対応

ジンジャー(jinjer)勤怠は日本語だけでなく英語やタイ語、ベトナム語、インドネシア語などにも対応しています。

複数の言語を利用できるためさまざまな人が迷わずに利用することができるのが便利です。

日本では外国人労働者の雇用が進んでおり、正社員でなくても、派遣やパート・アルバイトに外国人労働者がいる場合でも勤怠管理ができる点は多筋メリットと言えるでしょう。

自動集計・申請承認

ジンジャー(jinjer)勤怠では勤怠データを自動で集計し、リアルタイムで管理ができます。

集計できる項目は100以上、企業が集計したい項目に合わせて柔軟に集計項目を設定できるので、日々の集計業務を効率化できます。

フレックスやテレワークなどの変形労働時間制や裁量労働時間制などの多様な勤務形態にも対応可能です。

申請承認では各種申請承認に対して最大10段階までのフローの設定ができ、歩留まりと確認工数の削減が可能です。

また、申請内容に合わせて承認者を選択したり、複数社の承認必須または一部で承認完了など、企業に合わせて細かく設定ができます。

これにより、在宅勤務やテレワークなどの働き方でもスムーズな申請承認業務が可能になるのです。

シフト管理・有給管理・予実管理

ジンジャー(jinjer)勤怠ではシフト申請・承認が可能です。

これにより、過不足を見て多店舗へのヘルプ依頼も可能で、シフトの管理に書かある手間を削減できます。

また、作成したシフトと従業員が実際に働いた時間との差異をリアルタイムで確認することができるため、適切な人数把握や労働時間の管理が可能になります。

有給管理では従業員一人ひとりに合わせた形で有給の付与が可能で、有給消化に対してアラートを飛ばせます。

年次有給休暇の年5日取得義務など、守る必要のある法律に対してシステムがアラートを通知するため働き方改革にも対応できます。

さらに、育児休暇やリフレッシュ休暇など、企業に合わせて特別休暇のカスタマイズも可能です。

予実管理では、AIによる残業時間の予測を見ることができ、過重労働や残業時間の超過を未然に防べます。

タイムカードでは月末にしか把握できなかった残業時間も、ジンジャー(jinjer)勤怠を使えば月中での労働時間の着地を予測できるため、早期に超過を防ぐことができます。

ジンジャー(jinjer)勤怠の価格・料金プラン

ジンジャー(jinjer)勤怠は全機能月400円/1ユーザーから始めることができる非常にコスパの良いシステムです。

労務管理や人事管理などと併用したい場合は、利用するサービスの金額に応じて月額料金が変動します。

初期費用は30万円~で、さまざまなオプションのサポートも用意しています。

利用可能な主な機能 利用できる有料機能
ジンジャー(jinjer)勤怠 ・自動集計
・申請承認
・シフト管理
・有休管理
・予実管理
・残業アラート
・その他機能多数
・シングルサインオン
・雇用契約
・年調収集
・社保手続き
・サーベイ
jinjer(ジンジャー)人事労務 ・労務手続き
・入退社手続き
・年末調整
・雇用契約
・人事情報の可視化
・スキル管理
・人事情報の一元管理
・人員配置
・シングルサインオン
・雇用契約
・年調収集
・社保手続き
・サーベイ
jinjer(ジンジャー)給与 ・給与計算
・月変算定
・賞与計算
・WEB明細
・年調計算
・その他機能多数
・シングルサインオン
・雇用契約
・年調収集
・社保手続き
・サーベイ
jinjer(ジンジャー)ワークフロー ・各種申請
・承認ルート設定
・フォーム作成
・スマホ対応
・公開設定
・アラート機能
・フォームカスタム
・その他機能多数
・シングルサインオン
・雇用契約
・年調収集
・社保手続き
・サーベイ

また、受けられるサポートは各プランによっても異なります。

プラン サポート内容
Selfプラン ・メールサポート
・チャットサポート
Basicプラン ・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート
・専属サポート
・導入サポート
Professionalプラン ・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート
・専属サポート
・導入サポート
・訪問サポート

詳しい料金体系を知りたい方は、一度公式サイトまたは電話にて無料で見積りをしてください。

ジンジャー(jinjer)勤怠利用までの流れ

次に、ジンジャー(jinjer)勤怠を利用するまでの流れは以下の通りです。

ジンジャー(jinjer)勤怠を利用するまでの流れ
  1. 公式サイトから無料トライアル申込
  2. 情報確認後、アカウント情報が伝えられる
  3. アカウント情報を利用して利用開始

ジンジャー(jinjer)勤怠は最短無料トライアル申込当日に利用可能です。

利用するにあたり、社用のメールアドレスが必要になるものの、その他に必要なものはありません。

自社の管理方法とシステム利用時の管理を照らし合わせながらシステム導入後のイメージを理解し、今後利用するかどうかを決めてください。

また、無料トラアイルを利用する時は、管理者だけでなく普段利用する従業員の声も聴きながら自社に最適な勤怠管理システムを導入するようにしてください。

ジンジャー(jinjer)勤怠類似サービスとの比較

ジンジャー(jinjer)勤怠を含む主要勤怠管理システムを比較しました。

初期費用(税込) 1ユーザーあたりの料金 利用人数 無料トライアル サポート内容
jinjer勤怠 300,000円~ 400円~/人 10名~ 〇(14日間) メール、チャット、電話、専属サポート、導入サポート、訪問サポート
ジョブカン勤怠管理 0円~ 0円~/人 1名~ 〇(30日間) メール、チャット、電話
kincone 0円 220円/人 5名~ 〇(最長2カ月) メール、チャット、電話
KING OF TIME 0円~ 330円/人 1名~ 〇(30日間) メール、チャット、電話、導入サポート、運用支援サポート
TeamSpirit 165,000円~ 660円~/人 50名~ 〇(30日間) 導入サポート、運用支援サポート、活用・改善支援サポート
freee勤怠管理Plus 0円 330円~/人 3名~ 〇(30日間) メール、チャット
HRMOS勤怠 0円~ 0円~ 1名~ 各種マニュアル、動画、FAQ、セミナー、質問会、問い合わせフォーム

このように、主要勤怠管理システムと比較してみると、料金は他の勤怠管理システムよりも高い傾向にあります。

そのため、料金が安い勤怠管理システムを探している人にはあまりおすすめできません。

しかし、ジンジャー(jinjer)勤怠は機能やサポート内容が充実しており、他のシステムよりも業務効率化や生産性アップに期待ができるシステムです。

無料トライアルも用意しているので、まずは気になるシステムを実際に利用してみて操作感や機能性などを確かめたうえで今後利用する勤怠管理システムを選びましょう。

勤怠管理システムを選ぶ導入する際は、必ず少なくとも5社以上の会社を比較しましょう。

そこで一括資料請求を利用して、効率よく勤怠管理システムを導入しましょう。

\たった30秒で一括資料請求/

勤怠管理システムをまとめて資料請求する!

jinjer(ジンジャー)のその他のサービス

jinjer(ジンジャー)では勤怠の他に、さまざま便利なシステムを用意しています。

単体で使うのも良いですが、それぞれのシステムを使って連携すればより業務効率化や生産性向上に期待できます。

jinjer(ジンジャー)人事労務

ジンジャー人事労務

jinjer(ジンジャー)人事労務は人事・労務業務をペーパーレス化し、組織の生産性向上をサポートするシステムです。

年末調整や雇用契約などをペーパーレス化し、社内のさまざまま人事情報を一元管理できます。

また、集約されたデータを使い、適切な人員配置や自社が求める人材への育成計画、モチベーション管理などもできるため、組織全体の生産性アップに期待ができます。

経費計算では申請内容のミスや漏れ、社内でしか対応ができない承認作業、差し戻しや本人確認のコミュニケーションコスト、仕訳作業などの面倒な手続きが減り、効率的な経費清算業務を実現可能です。

jinjer(ジンジャー)人事労務でできること
  • 従業員管理
  • 所属グループ管理
  • 組織改編
  • 入社処理
  • 総務手続き
  • 契約管理
  • 給与計算
  • 年度更新
  • 年末調整
  • 経理処理
  • マイナンバー他

資料を見る!

jinjer(ジンジャー)経費

ジンジャー経費

jinjer(ジンジャー)経費では、経費計算業務の効率化や各種書類のペーパーレス化が実現可能です。

紙の書類をなくしてコミュニケーションをオンライン化することで、郵送や確認・連絡の手間が省け、申請や承認、確認作業は全てオンライン上で完結します。

仕訳データは現在利用中の会計システムのフォーマットに合わせて柔軟にカスタマイズすることができ、仕訳データを会計システムに入れ込む工数が大幅に削減されます。

jinjer(ジンジャー)経費でできること
  • 電子帳簿保存法対応
  • スマホアプリ対応
  • 規程違反の確認
  • クレジットカード連携
  • 領収書の読み込み
  • 申請承認
  • 経理計算
  • データ出力他

資料を見る!

jinjer(ジンジャー)サイン

ジンジャーサイン

jinjer(ジンジャー)サインは取引先との契約業務を全てオンライン化できるシステムです。

雇用契約や賃貸契約をはじめとするさまざまな契約締結業務の手間を大幅に削減し、書類の作成や社内ワークフロー、契約締結、書類の管理を一括で管理することで、業務効率化を実現します。

取引先はjinjer(ジンジャー)サインに登録しなくても電子契約の締結が可能で、面倒な対応や費用は発生しません。

また、ワークフローやフォルダ管理機能の自由度が高く、今までの書類管理のルールをシステム内で再現できるのも便利です。

jinjer(ジンジャー)サインでできること
  • 書類作成
  • ワークフロー
  • 契約締結
  • 契約ステータス管理
  • 本人確認
  • 保管
  • 検索
  • 書類のインポート他

資料を見る!

jinjer(ジンジャー)ワークフロー

ジンジャーワークフロー

jinjer(ジンジャー)ワークフローは社内のワークフローをオンライン化し、効率化を実現できるシステムです。

人事、総務関連の申請をはじめ、臨時決裁業務をリアルタイムに反映できるため申請承認を簡単で高速に実現します。

各従業員から入社、異動、退社の申請を行うことができ、申請された内容は承認がされた時点で申請の種別に応じて人事情報が反映されるため、常に正しい最新の情報を管理できます。

また、多様な承認経路や項目に対応しているので、企業の運用方法に合わせた経路設定が可能です。

jinjer(ジンジャー)ワークフローでできること
  • 入社申請
  • 異動申請
  • 退社申請
  • 公開設定
  • 承認ルート設定
  • アラート機能
  • レポート出力
  • 申請フォーム作成他

資料を見る!

jinjer(ジンジャー) 勤怠の評判|まとめ

ジンジャー(jinjer)勤怠の口コミ評判をはじめ、おすすめの企業・事業者、特徴、料金プラン、利用するまでの流れについて詳しく解説してきました。

ジンジャー(jinjer)勤怠は他の勤怠管理システムと比較しても機能が充実しており、非常にコスパが良いです。

料金も1ユーザーあたり400円と従業員の数しか料金がかからないため無駄がありません。

初期費用は30万円前後かかってしまいますが、従業員100人規模以上の企業には圧倒的におすすめできる勤怠管理システムです。

無料トライアルも用意しているので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

\たった30秒で一括資料請求/

勤怠管理システムをまとめて資料請求する!