【最新版】年末調整システム14選を徹底比較!タイプや選び方のポイントまで解説

年末調整システム 比較

「おすすめの年末調整システムを知りたい」
「年末調整にかかる負担を減らしたい」
この記事を読んでいるあなたは、上記のように考えているのではないでしょうか。

年末調整システムを導入すれば年末調整にかかるコストや手間をかけずに簡単かつ効率的に業務を完了させることができます。

ですが、年末調整システムを導入したいと考えていても数が多いためどれを導入すればよいかわからないという方もいると思います。

今回はおすすめの年末調整システム14選を比較して紹介し、年末調整システムのメリット・デメリットや選ぶときのポイントまで初歩的なところから詳しく解説します。

この記事を読んであなたも効率的に年末調整を行いましょう!

この記事で分かること
  •  年末調整システムとは年末調整業務を効率化し、作業にかかる負担やコスト軽減を実現するシステムのこと
  • 年末調整システムには「年末調整特化タイプ」、「労務管理タイプ」、「給与計算タイプ」がある
  • 年末調整システムを選ぶ際は「申請者にとって入力方法がわかりやすいか」、「提出状況の進捗を確認しやすいか」、「外部システムとの連携性」で選ぶ
  • おすすめの年末調整システムは「年調ヘルパー」、「マネーフォワードクラウド年末調整」、「Smart HR」などがある

そもそも年末調整システムとは

年末調整システムとは企業が1年に1回行う年末調整業務を効率化し、作業にかかる負担やコストの軽減を実現するシステムのことです。

紙での年末調整業務は「申告書の配布・回収」、「書類の作成・送付」などの作業に多くの時間がかかり、従業員の数が多ければ多いほど業務の完了に多くの負担がかかりました。

ですが、年末調整システムを導入することで毎年変わる制度改正への対応、入力作業の負荷軽減、差し戻し・回収業務の効率化、提出状況の可視化などを実現し、年末調整業務にかかる負担を大幅に削減することができます。

また、紙からwebを利用したやりとりに変わるためテレワークが急速に普及した現在の状況下でも遅れることなく申告書の回収を行うことができます。

年末調整システムの3つのタイプ

年末調整システムは主に以下の3つのタイプに分けられます。

年末調整システムの3つのタイプ

年末調整特化タイプ

年末調整特化タイプは年末調整の効率化のみに特化した年末調整システムのことです。

具体的には各種書類の電子入力、年末調整の源泉徴収票等の発行、従業員全体の提出書類の集計や管理の容易化などがあります。

年末調整タイプは年末調整に必要最低限の機能しか含まれていない代わりに安い金額で導入できるので既に給与計算システムが導入されている場合におすすめです。

労務管理タイプ

労務管理タイプは労務管理システムに年末調整機能が付属しているタイプのことです。

労務管理タイプは労務全体を効率化し、具体的には基本的な年末調整機能に加え、入退社の手続き、結婚、引っ越しなど従業員のライフイベントに合わせて必要になる手続きにも対応しています。

年末調整業務の効率化に加え、労務管理システムを導入したいと考えている場合におすすめです。

給与計算タイプ

給与計算タイプは給与計算システムに年末調整機能が付属しているタイプのことです。

給与計算タイプは給与計算の業務を効率化し、勤怠管理システムと連携させると非常に便利です。

勤怠管理システムに入力されたデータを基に従業員の給与を自動計算し、そのデータを基に年末調整を行うことができます。

また、勤怠管理システムに入力された扶養情報を活用できるため再入力にかかる負担を削減することもできます。

おすすめの年末調整システム比較14選

年末調整システム_比較_14選

ここではおすすめの年末調整ソフト14選を紹介します。

以下のおすすめの年末調整システムを比較して自社に適したシステムを検討してみてください。

freee人事労務

出典:freee人事労務

freee人事労務設計がとてもシンプルであるためITの操作が苦手な従業員でも簡単に操作することができます。

freee人事労務の機能
  1. 情報収集
    従業員はステップに合わせて情報を登録するだけなので申告の入力にかかる負担を削減することができます。
    ペーパーレスのため管理者は従業員にメールを送るだけで提出を催促することができます。
  2. 提出状況の進捗管理
    管理者は従業員の提出状況をリアルタイムで確認できるため内容に修正があった場合の回収・差し戻しにかかる負担を大幅に削減することができます。
  3. 電子申告
    従業員が申告したデータをそのままシステムに反映し、自動で申告書類を作成して提出するので書類の印刷・仕分け・郵送といった手間を省くことができます。

また、freee人事労務は様々な他社のデータと連携が可能であるため他社サービスの給与計算情報や従業員情報を同期することでより効率的年末調整を行うことができます。

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド /SaaS
初期費用 0円
利用料金 1,980円 /月(1社あたり)

年調ヘルパー

出典:年調ヘルパー

年調ヘルパーシステム構成がわかりやすく、使いやすさを重視した年末調整システムであるため特に従業員教育をする必要もなくすぐに導入・利用することができます。

年調ヘルパーは簡単な3ステップで年末調整が完了します。

年調ヘルパーの操作のステップ
  1. 従業員の申請入力→申告者の従業員は年長ヘルパーの画面上のアンケートに従って一つ一つ入力するだけ(※給与奉行、PCAの給与データは事前にAPI連携で取り込み可能に)
  2. 主管部門が申告内容を確認→主管部門が提出された各種申告書の申告内容を確認し、必要に応じてPDF出力が可能。
  3. 主管部門が給与計算ソフトに取り込む→集まった申告書の情報をCSVで一括出力し、主管部門の担当者が給与計算ソフトに取り込む
また、ガイドやヘルプ機能の充実による問い合わせの大幅削減、年末調整申告書の仕分け・配布不要など様々な機能が充実しておりスムーズな年末調整を実現することが可能です。

また、ガイドやヘルプ機能の充実による問い合わせの大幅削減、年末調整申告書の仕分け・配布不要など様々な機能が充実しておりスムーズな年末調整を実現することが可能です。

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド型
初期費用 55,000円(初回のみ)
利用料金 330円(1人につき)

年末調整web申告

出典:年末調整web申告

年末調整web申告は現在累計で240社、57万を超える様々な業種・業態の企業で導入されている実績と信頼があります。

操作は一問一答形式のナビゲーション機能の活用により、年末調整申告に慣れていない従業員でも簡単に申告を行うことが可能できます。

また、従業員の深刻状態を申告書管理機能で把握することができるため、未申告者へ催促メールを一括送信する際の手間を大幅に削減できます。

保険料控除証明書等の原本回収は台紙に記載されたQRコードを読み取るだけで簡単に回収状態を把握できたり、到着管理もすることができます。

どの給与システムにも連携が可能であり、給与システムから出力されたCSVデータを用いて年末調整を行います。

対象従業員 500人以上
提供形態 クラウド/SaaS /ASP
初期費用 200,000万円
利用料金 500円 /年×利用人数

オフィスステーション 年末調整

出典:オフィスステーション年末調整

オフィスステーション年末調整年末調整がたったの2ステップで完了するため誰でも簡単に年末調整を行うことができるため作業効率の向上につながります。

オフィスステーションの操作の流れ
  1. アンケートに回答する
    一問一答形式の質問に答えるだけで簡単に申告書を作成することができます。
  2. 添付書類の提出
    申告データの他に必要な書類を主管部門に添付して提出します。
    また、他社の給与・勤怠システムとAPI・CSV連携ができるため給与情報などを入力する手間を省くことができます。

WEBから申し込みが可能で、申し込み後即日機能を利用することができたった5分で導入することができます。

オフィスステーションは30日間無料トライアルを使うことができるため導入を検討している場合はトライアルを試してみることをおすすめします。

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド
初期費用 110,000円
利用料金 従業員1名あたり440円(月額利用料)

ジョブカン労務HR

出典:ジョブカン労務HR

ジョブカン労務HR年末調整を3ステップで簡単に行うことができます。

ジョブカン労務HR操作方法
  1. アンケートに回答する
    従業員は設定されたアンケートの「yes /no 」に答えるだけで申告書の作成が完成します。
  2. 手続き書類の自動作成
    各種控除申告書、税区分情報、給与、保険料、税額の情報などをシステムがまとめて自動精算し、源泉徴収票を自動作成することができます。
  3. 過不足額の自動精算と反映
    支給額、控除額、所得税などの情報を自動で精算し、過不足額をすぐに反映することができます。

また、帳票の種類は業界トップレベルであり帳票の電子申請機能がついているため役所まで足を運ばなくても書類を提出することができます。

ジョブカン給与計算と連携させることで従業員の過不足額を給与に反映し効率的に年末調整を行うことができます。

ジョブカン労務HRは30日間の無料トライアルを実施しているため導入を検討している場合は無料トライアルの利用をおすすめします。

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド /SaaS
初期費用 0円
利用料金 無料プランは0円 /月
有料プランは400円 /月

smartHR

出典:SmartHR

SmartHR人事・労務の大幅な業務効率化を実現し、生産性向上を支える年末調整システムです。

smartHRはPCやスマートフォンで従業員がアンケート形式の質問に答えるだけで簡単に年末調整を行うことができます。

生命保険料控除の証明書は携帯で写真を撮ってそのまま画像を添付するだけなので書類提出にかかる手間を大幅に削減することができます。

また、管理者は提出された原本書類の内容を提出する前に確認することができ、提出状況を一覧で確認することができるため修正内容があったとしても修正のための差し戻し・回収の催促を迅速に行うことができます。

また、smartHRは実際の機能を15日間試すことができる無料トライアルを利用できるため導入を考えている方はぜひ試してみてください。

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド /SaaS
初期費用 0円
利用料金 要問い合わせ(スタンダード・スモール・プロフェッショナルプラン)

マネーフォワードクラウド年末調整

出典:マネーフォワードクラウド年末調整

マネーフォワードクラウド年末調整システムは従業員が簡単なアンケート形式の質問に答えるだけで年末調整の書類入力作業を完了することができます。

マネーフォワード年末調整システムの機能の特徴
  1. 年末調整に必要な書類をペーパーレスで配布、管理ができる
    書類の記入を全てweb上で行うので申告書の準備、配布、回収にかかる手間を省くことができます。
    また、取引にかかる各種控除額の計算などはシステムが自動で計算するためミスなく正確にデータ管理を行うことができます。
  2. 提出状況を一覧できる
    管理者は年末調整の進捗画面で従業員の申告書の提出状況を確認することができます。
  3. 他社の給与ソフトと併用可能
    マネーフォワードクラウド年末調整は他社の給与計算ソフトとも連携が可能であるため現在利用している給与計算ソフトを変更せずに年末調整システムのみ導入することができます。
対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド /SaaS
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ(スモールビジネスプラン・ビジネスプラン)

S-PAYCIAL with 電子年調申告

出典:S-PAYCIAL with 電子年調申告

S-PAYCIAL with 電子年調申告web上で年末調査の操作を行うのでスマホ・PCを利用していつでもサービスを利用することができます。

S-PAYCIAL with 電子年調申告の特徴
  1. 従業員の満足度向上
    S-PAYCIALサービスを利用することで申請にかかる負担を最小限に抑えることができます。
  2. 業務の効率を上げる
    年末調整書類の作成、回収、配布の手間を省くことで従来よりも効率よく年末調整を完了することができます。
  3. ペーパーレス化
    PC・スマホを利用することによる書類のペーパーレス化を実現することが可能になります。
対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド /SaaS /ASP
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ

jinjer給与

出典:Jinjer給与

Jinjer給与はシリーズ累計登録者数15,000社を超えるjinjerシリーズの内の1つでサポート満足度も93.2%と多くの企業から選ばれている年末調整システムです。

Jinjer給与は「jinjer人事」と連携することで従業員の給与情報を基に年末調整の計算を自動で行い、その結果を給与の計算に反映できるため計算にかかる手間と時間を大幅に短縮することができます。

もちろんCSV形式で他社の給与システムとも連携可能です。

また、従業員ごとに給与計算か賞与計算かの選択、精算月の設定、締めの処理、時期が違う年末調整を行うことが自由に行えるのもjinjer給与の強みです。

Jinjer給与はサポート体制が充実しており運用フェーズに合わせて3ステップで丁寧にシステムの導入をサポートします。

具体的には、導入から運用にかけての企業毎のスケジュールの決定、初期設定時の各種設定から運用までのサポート、運用開始後に発生した疑問にや運用変更のサポートがあります。

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド
初期費用 要問い合わせ
利用料金 1ユーザー400円 /月

 

Edge Tracker 年末調整申告

出典:Edge Tracker 年末調整申告

Edge Tracker 年末調整PC・スマホから年末調整に必要な申告書を作成することができるため従来に比べて申告書の作成にかかる手間を大幅に省くことができます。

従業員がスマートフォンでできること
  • 扶養控除等異動申告書
  • 配偶者控除等申告書
  • 保険料控除申告書
  • 住宅借入金等特別控除申告書
  • 証明書のアップロード
  • 各申告書のPDF表示
  • 前年データの流用
  • 前職給与入力
  • ヘルプ機能
従業員がPCでできること
  • 扶養控除等異動申告書
  • 配偶者控除等申告書
  • 保険料控除申告書
  • 住宅借入金等特別控除申告書
  • 証明書のアップロード
  • 各申告書のPDF表示
  • 前年データの流用
  • 前職給与入力
  • 証明書貼付台紙の印刷
  • 源泉徴収票の参照・印刷
  • ヘルプ機能
管理者がPCでできること
  • 会社情報
  • 社員基本情報
  • 社員区分
  • グループ情報
  • 保険会社・保険種類情報
  • 続柄情報
  • 事由情報
  • 所轄情報
  • メッセージ設定
  • 登録状況参照(受付・確定)
  • 前年データ一括流用
  • MJS給与連携
  • 団体保険料ファイル取込
  • 申告書一括印刷
  • 連携データ取込・出力
  • 操作履歴ログダウンロード
  • ログインID 一括作成

また、CSV形式による入力で他社のシステムとも連携が可能であるため従業員の扶養情報や給与情報などと紐づけることでより効率的な年末調整を実現することができます。

対象従業員規模 15,000人以下
提供形態 クラウド
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ

やよいの給与計算22

出典:やよいの給与計算

やよいの給与計算22わかりやすい設計になっているためITに苦手意識がある従業員でも簡単に利用することができます。

やよいの給与計算22のメリット
  • 音声と動画を用いたスタートアップガイドによりITが苦手な初心者でも簡単に利用することができる
  • 最新の年末調整・法改正に対応しているためミスなく年末調整を完了できる
  • 700席以上のカスタマーセンターによる充実したサポート
  • 「あんしん保守サポート」を利用することで安心かつ便利にサービスを利用することができる
対象従業員規模 小規模
提供形態 クラウド
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ

給与奉行クラウド

出典:給与奉行クラウド

給与奉行クラウド給与計算から年末調整前の業務を全てデジタル化することで業務時間を大幅に削減します。

また、給与業務のプロセスの全てをデジタル化します。

具体的には計算準備のデジタル化(社員情報の確認や更新、制度改正の対応)、入力・計算のデジタル化(データの入力ミスをなくす)、確認・検算のデジタル化(変動科目の確認、一覧表での確認)、配布・振り込み・提出のデジタル化(社員への配布・振り込み、納付、届出の提出)を行い効率的な年末調整業務を実現します。

また、導入から稼働まで5つのステップに沿って充実したサポートを受けるため安心してシステムを利用することができます。

対象従業員規模 小規模
提供形態 クラウド
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ

クラウドハウス労務

出典:クラウドハウス労務

クラウドハウス労務は従業員がスマホから「はい /いいえ」形式の簡単な質問に答えるだけで申告書を作成できるためマニュアル作成などの負担も削減され効率的な年末調整を実現できます。

クラウドハウスの主な機能
入社手続きの自動化

  • 雇用契約の電子化
  • 社員からの申請承認
  • 社員情報の一元管理
  • 人事データの活用
  • 年末調整の電子化
対象従業員規模 100人以上
提供形態 クラウド
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ

フリーウェイ給与計算

出典:フリーウェイ給与計算

フリーウェイ給与計算無料で始められる給与計算システムなので他の製品と比べて大幅にランニングコストを抑えることができるため費用を安く抑えたいと考えている方に非常におすすめです。

フリーウェイ給与計算のメリット
  • 5名までは無料で利用することができる
    初期費用、月額利用料、バージョンアップ料も無料でシステムを利用することができます
  • 年末調整業務も行うことができる
    1年分の総支給金額や基礎控除などの年末調整にかかる計算をシステムが全て自動で行います。
  • 帳票の種類が豊富
    給与明細や給与データ一覧表はもちろん、賞与や社会保険、年末調整に関する帳票などにも対応しています。

〈無料版〉

対象従業員規模 5人まで
提供形態 クラウド
初期費用 無料
利用料金 無料

〈有料版〉

対象従業員規模 指定なし
提供形態 クラウド
初期費用 無料
利用料金 1980円(税抜)

年末調整システムを選ぶときの3つのポイント

年末調整システムは様々な種類があるためどれを選べばいいかわからないと悩む方も多いと思います。

以下では年末調整システムを選ぶときの3つのポイントを紹介します。

申請者にとって入力方法がわかりやすいかどうか

年末調整システムを導入するとなるとITに詳しくない従業員への負担が大きくなってしまいます。

アンケート形式や申告書入力サポート機能などが付いているシステムを選べば従業員が簡単に理解できミスなくスムーズに申告書を提出することが可能になります。

また、入力方法が分かりやすければ問い合わせ数を大幅に減らせたり、入力不備による差し戻しを軽減することができるというメリットも生まれます。

提出状況の進捗を確認しやすいか

年末調整システムを導入すれば必要な書類を提出していない従業員に適切に催促メールを送ったり、アンケートなどの記入内容を簡単に管理することができます。

また、更新内容を迅速に確認することができるので入力に不備がある場合は直接修正することで差し戻し・回収業務の効率化を図ることができます。

外部システムとの連携性

給与計算システムや勤怠管理システムなどの他のツールと連携させることでより効率的に年末調整が行えます。

年末調整には従業員の労務情報や給与情報が必要であるため、勤怠管理システムや給与計算との連携は必要不可欠です。

連携の方法としてはデータをCSVファイルで出力する方法が一般的でありますが、他にもシステム同士が自動的に連携するAPI方式などがあります。

他システムと連携するときは連携の不可だけでなく、連携にかかる手間や調整の方法なども事前に詳しく調べておくようにしましょう。

年末調整システムの4つのメリット

年末調整システムを導入することで年末調整業務の担当者のみならず、実際に申告を行う従業員にとっても多くのメリットがあります。

ここでは年末調整システム導入における双方のメリットを紹介します。

入力作業にかかる負担を軽減できる

多くの年末調整システムには自動入力機能が備わっており、必要最低限の記入のみで書類を作成することができるので入力作業にかかる負担を大きく削減できます。

また、給与管理システムや労務管理ソフトとの連携を行えばマイナンバーや扶養者情報など年末調整を行うために必要な情報を取り込むことができるためより効率的に入力作業を行うことができます。

差し戻し・回収業務を効率化することができる

システム上で従業員の提出状況を簡単に把握できるようになるため差し戻しの依頼や回収業務にかかる負担を軽減することができます。

提出状況の確認、未提出者への催促メールの送信、記入漏れや記入不備があった場合の書類の差し戻しを迅速に行えるためより効率的な年末調整が可能になります。

人的ミスを削減できる

年末調整システムの導入により人的ミスを減らすことができます。

紙での作業となると膨大な量の書類への記入や確認作業が必要になるので、少なからず書類の記入漏れや見落としなどの人的ミスが発生してしまう可能性が高くなります。

ですが、システムであればミスが生まれることはないので正確に年末調整業務を完了させることができます。

書類作成の簡便化

年末調整システムによって従業員が申告書類を作成する際の負担を軽減することができます。

従来の方法だと担当者から配られた申告書に従業員が全て手作業で入力する必要があったため、従業員への負担が多く手間と時間がかかりました。

ですが、電子化によって自動で申告書を作成することができるようになることで従来の書類作成にかかっていた手間を大きく軽減することが可能です。

年末調整システムのデメリット

年末調整システムの導入のメリットがある一方、デメリットもあります。

主なデメリットは以下の2つです。

年末調整システム導入におけるデメリット

導入の準備をする必要がある

年末調整システムを導入する際にまず申告書を作成するために必要なソフトウェアをダウンロードする必要があります。

年末調整システムを選ぶ際は自社の運用方法にあったソフトウェアを選ぶ必要があります。

また、年末調整には従業員の給与情報が必要になるため自社の給与システムに対応しているか確認が必要だったりと電子システムへの移行に必要な準備に手間がかかるのがデメリットです。

従業員へのアナウンスが必要になる

年末調整システムを導入すると同時に従業員全体へのアナウンスが必要になります。

電子システムに詳しくない従業員は紙媒体から電子媒体への変更に抵抗や疑問を抱えたりするので仕組みや手続き方法を理解させたり、十分な説明をする必要があります。

まとめ

年末調整システム_比較_まとめ

今回はおすすめの年末調整システムを比較し、選ぶときのポイント、年末調整システムのメリット・デメリットを紹介しました。

年末調整システムは様々な種類があり、その機能や特徴も異なります。

システムを導入する際は自社に最適なシステムを検討し導入するようにしましょう。